一体型デスクトップと据え置きノートどちらが良いのか

最終更新日 2018年06月28日

デスクトップパソコンの一体型と据え置きノートパソコンの共通点とは

デスクトップパソコンの一体型は、本体と液晶ディスプレイが一体になっています。

ノートパソコンも本体と液晶ディスプレイが一体になっており、ノートパソコンの中でサイズが大きくて重い据え置きノートパソコンは一体型に近いです。

近いと言っても両者は別物ですので、大きな違いがあります。もし一体型デスクトップパソコンと据え置きノートパソコンどちらを選ぶか迷ったら、両者の違いを確認し自分の用途に合う方を選ぶと良いです。

・パソコン本体と液晶ディスプレイが一体になっている

持ち運びするなら据え置きノートパソコンを選ぶ方が良いのか

パソコンを持ち運びするなら、据え置きノートパソコンを選ぶ必要があります。

自宅等、屋内のみでパソコンを使う場合でもパソコンを持ち運び別の部屋で使ったり、特定の室内のみでパソコンを使う場合でも机の上やテーブルの上で使ったりするなら、据え置きノートパソコンを選ぶ必要があります。

据え置きノートパソコンは持ち運びできますが、サイズが大きくて重いので持ち運びしやすいとは言えません。

屋内のみや室内のみに限定するならサイズが大きくて重くても大丈夫でしょうが、屋外に持ち運ぶことがあるならサイズが小さくて軽いモバイルノートパソコンを選ぶ方が良いです。

パソコンの持ち運びは主に車を使う等、サイズが大きくて重くても問題ないなら据え置きノートパソコンを選ぶのもありです。

・持ち運びするなら据え置きノートパソコンを選ぶ方が良いが、屋外に持ち運ぶならモバイルノートパソコンを選ぶことが基本

バッテリー動作で使いたいなら据え置きノートパソコンを選ぶ方が良いのか

パソコンをバッテリー動作で使いたいなら、バッテリーが搭載されている据え置きノートパソコンを選ぶ必要があります。

据え置きノートパソコンはバッテリー動作で使えますが、電源コンセントに接続して使うことを前提に作られておりバッテリー動作時間が短いです。

モバイルノートパソコンはバッテリー動作で使うことを前提に作られており、バッテリー動作時間が長いです。長いバッテリー動作時間が必要なら、モバイルノートパソコンを選ぶ方が良いです。

・バッテリー動作で使いたいなら据え置きノートパソコンを選ぶ方が良いが、長時間バッテリー動作させたいならモバイルノートパソコンを選ぶことが基本

片付けることがあるなら据え置きノートパソコンを選ぶ方が良いのか

パソコンを使わない時は、引き出し等に収納して片付けることがあるなら据え置きノートパソコンを選ぶ必要があります。

どのパソコンも片付けることはできますが、デスクトップパソコンは一体型に限らず収納しにくいです。

ノートパソコンなら閉じれば本体と液晶ディスプレイ、キーボード合わせて薄い一枚の板のようになり、簡単に片付けることができます。

・片付けることがあるなら据え置きノートパソコンを選ぶ方が良い

停電時によるパソコンの強制的な電源落ちを防ぎたいなら据え置きノートパソコンを選ぶ方が良いのか

停電が発生すると、一体型デスクトップパソコンだと強制的に電源が落ちます。そうなってもパソコンは簡単には故障しませんが、停電時に編集中だったデータが壊れたり、未保存状態だったデータが失われることがあります。

停電による強制的な電源落ちを防ぎたいなら、据え置きノートパソコンを選ぶ方が良いです。据え置きノートパソコンであれば、停電したらバッテリー動作に切り替わるので電源が落ちません。

無停電電源装置(UPS)を使えば、一体型デスクトップパソコンでも強制的な電源落ちを防げますが、据え置きノートパソコンの方がお手軽です。

・無停電電源装置を使えばデスクトップパソコンの一体型でも停電による電源落ちを防げるが、据え置きノートパソコンの方がお手軽

画面サイズが大きい液晶ディスプレイが必要なら一体型デスクトップパソコンを選ぶ方が良いのか

据え置きノートパソコンの液晶ディスプレイの画面サイズは、大きい方で約17インチ型です。17インチ型より大きい画面サイズが見られますが、需要が小さいせいか非常に少なく、あっても18〜19インチ型です。

一体型デスクトップパソコンの液晶ディスプレイの画面サイズは、大きい方で約27インチ型です。昔は、27インチ型より大きい画面サイズが見られましたが、需要が小さくあまり売れなかったせいか今では見られません。(2017年8月1日時点)

画面サイズが大きい液晶ディスプレイが必要なら、一体型デスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。

据え置きノートパソコンでも外付け液晶ディスプレイを接続すれば画面サイズが大きい液晶ディスプレイを使えますので、無理に一体型デスクトップパソコンを選ぶ必要はありません。

・画面サイズが大きい液晶ディスプレイが必要ならデスクトップパソコンの一体型を選ぶ方が良いが、据え置きノートパソコンでも外付け液晶ディスプレイと併用する方法がある

外付けキーボードを使いたいなら一体型デスクトップパソコンを選ぶ方が良いのか

据え置きノートパソコンは、本体にキーボードも一体となっています。一体型デスクトップパソコンも一部のモデルは本体にキーボードも一体となっていますが、たいていのモデルはキーボードは一体になっておらず外付けキーボードを接続して使います。

自分に合う外付けキーボードを選んで使いたい等の理由で外付けキーボードを使いたいなら、一体型デスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。

据え置きノートパソコンでも外付けキーボードを接続して使えますが、外付けキーボードを使うと決まっているなら一体型デスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。

・据え置きノートパソコンでも外付けキーボードを使えるが、外付けキーボードを使いたいならデスクトップパソコンの一体型を選ぶ方が良い

据え置きノートパソコンを選ばなければならない条件とは

一体型デスクトップパソコンを選びたい理由もあれば、据え置きノートパソコンを選びたい理由もある場合、妥協が必要です。

持ち運びする、バッテリー動作で使いたい、これらに関しては妥協してはならず、どちらか一方のみでも当てはまるなら、据え置きノートパソコンを選ぶ必要があります。

持ち運びする、バッテリー動作で使いたい、これらの用途に合うのは、据え置きノートパソコンよりもモバイルノートパソコンですので、モバイルノートパソコンの選択も検討すると良いです。

・持ち運びする、バッテリー動作で使いたいなら、据え置きノートパソコンを選ぶことが必須だが、モバイルノートパソコンの選択も検討すると良い


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で11〜23%OFF等の10大特典
(10月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で20%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で23%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で27%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で27%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C2 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で28%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月24日迄)