色再現性とは?

最終更新日 2018年11月28日

色再現性とは何か

【色再現性とは】 - マイクロスコープの朝日光学機ブログ には、以下のとおり書かれています。
色再現性とは、マイクロスコープ・光学顕微鏡の世界だけではなく、デジカメやプロジェクター、プリンタなどの様々な分野で使われる言葉です。

各デバイスで、再現できる色の範囲や程度などを表す言葉です。
再現できる色の範囲とは色域のことと考えられます。色の程度は色の範囲と同じようなもの、すなわち別の言い方なのか、何か他のものを表しているかは不明です。

とりあえず色の再現性とは色域を表すことがあり、色域以外を表すこともあるようです。

色の3原色 - Kyoto City Univ of Arts Home Page には、以下のとおり書かれています。
液晶ディスプレイなどの一般的なディスプレイでは,色の再現性は sRGB 程度のものがふつうである。
sRGB とは色域の規格なので、この記事では色の再現性とは色域のことを表していると考えられます。

色再現性向上方法について | インク | トピックス | ミマキ には、以下のとおり書かれています。
弊社インクを使用される際の、生産ロットによる色再現性※の向上方法ついてご案内申し上げます。

(略)

※色再現性: 同一絵柄を同一布に対しプリント、後処理した際の発色差異を示します。
この記事では、色再現性とは生産ロットが違うと発生する布にプリントされた絵柄の色の違いのことを表していると考えられます。

ちなみに、同じ条件でプリントするとしても、インクの各成分量、温度、湿度等の条件を完全に同じにすることは難しいので、色の再現性が高くなったり低くなったりする(発色差異が小さくなったり大きくなったりする)と考えられます。

色再現性 - 印刷用語集 - 一般社団法人 日本印刷産業連合会 には、以下のとおり書かれています。
カラー原稿のもつ色が,印刷物上でどのように再現されているかを評価する項目。
この記事では、色再現性とはカラー原稿の色と印刷物の色との違いを表していると考えられます。

sRGB|用語解説|液晶ディスプレイ:シャープ には、sGRB という用語について、以下のとおり書かれています。
standard RGB の略。 IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)が定める色再現性の国際規格。
この記事では、色再現性とは色域を表していると考えられます。

以上まとめると、色再現性とは色域、または元の色と再現した色の違いのことです。

色再現性が高いや色再現性が良いと聞くことがありますが、色再現性は色域のことなら色域が広いこと、色再現性は元の色と再現した色との違いのことなら両者の違いが小さいことを表していると考えられます。

・色再現性とは色域、または元の色と再現した色の違いを表す


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(2月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)

色域



デル株式会社