リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池の違いとは?

最終更新日 2018年11月22日

リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池の違いとは何か

リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池の性能比較 | リチウムイオンバッテリーの開発、製造ならantenna1st には、リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池の違いの中で大差のない違いを除くと、両者の違いについて以下のとおり書かれています。

・リチウムポリマー電池は電解質がゲル状なので、電解質が液体のリチウムイオン電池より安定性が高い
・リチウムポリマー電池は外皮がラミレートのため手で触れただけで特性が変化するので、外装ケースがないと外部からの衝撃に弱く高温・高湿環境での使用に向いていないが、リチウムイオン電池は金属管を使用しており外部からの衝撃に強く高温・高湿環境でも使用できる

リチウム・イオンとリチウム・ポリマーの相違点 DIATEC|ダイヤテック株式会社 によると、リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池の大きな違いは安全性のようです。

リチウムイオン電池の電解質には有機物の電解液が使われていますが、この電解質は揮発性が高く可燃性である、液漏れの恐れがあるというリスクがあり、不純物の混入や制御回路の不良が組み合わさると発火や爆発につながるそうです。

また、電解質が液状なので、リチウムイオン電池の形状の自由度は低いそうです。

それなら後に記載するリチウムポリマー電池の方が良さそうですが、リチウムイオン電池はコストダウンが容易だそうです。

リチウムポリマー電池の電解質には高分子ポリマー材料が使われていますが、この電解質は燃えにくく、短絡(ショート)するとガスが発生するが密封用のアルミシールが膨らみ切れればガスが外に出て元の形に戻る、有害物質がリチウムイオン電池よりも大幅に少ない、以上の特徴があるので安全性が高いそうです。

また、電解質がゲル状なので、リチウムポリマー電池の形状の自由度は高いそうです。

ただし、リチウムポリマー電池はコストダウンが大変困難だそうです。

リチウムポリマー電池とは 株式会社スマートパワーシステム を見ても、リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池の大きな違いは安全性のようです。

リチウムイオン電池では揮発性の電解液が使われていますが、リチウムイオンポリマー電池はゲル状のポリマー被覆が使われており、リチウムポリマー電池の方が安全性が高いそうです。

・リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池には様々な違いがあるが最大の違いは安全性であり、リチウムポリマー電池はリチウムイオン電池と比べて発火や爆発事故が起こりにくい


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で15〜23%OFF等の10大特典
(4月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月16日迄)