高性能CPUと低性能CPUベンチマークスコアが同じくらいの理由は

最終更新日 2018年03月05日

高性能 CPU の方がベンチマークスコアが高いはずなのにあまり変わらない

CPU を比較する場合、仕様を見ればどちらの方がベンチマークスコアが高くなるのか推測できます。例えば、ある2つの CPU を比較するとします。1つはインテル社の Core i9-7980XE、もう1つは AMD 社の Ryzen 3 1200 です。

Core i9-7980XE は18コア36スレッドもあり、Ryzen 3 1200 は4コア4スレッドです。CPU の性能はコア数とスレッド数だけでは決まりませんが、これだけコア数とスレッド数が違うなら、Core i9-7980XE のベンチマークスコアは Ryzen 3 1200 よりも圧倒的に高いことでしょう。

実際に CPU のベンチマークとして有名な PassMark のベンチマークスコアを見てみると、Core i9-7980XE のベンチマークスコアは Ryzen 3 1200 と比べ物にならないほど高いです。

ところがあるベンチマークを見ると Core i9-7980XE と Ryzen 3 1200 のベンチマークスコアは同じくらいです。以下では、このベンチマークをベンチマークAと呼ぶことにします。ベンチマークAは、あくまでも仮定のベンチマークです。

適切にベンチマークを実施しないと本来よりもベンチマークスコアが低くなることがありますが、ベンチマークAは適切に実施されており、そのようなことはないようです。ベンチマークAには性能の評価が不公平になると言えるような要因はなく、公平に評価しているようです。

Core i9-7980XE の方がベンチマークスコアが高くなるはずなのに、ベンチマークAだと Ryzen 3 1200 と比べてあまり変わらないのはなぜなのでしょうか。

全てのベンチマークが CPU が最大限発揮する性能を評価しているわけではない

その理由は、ベンチマークAは CPU が最大限発揮する性能を評価していないからです。一般的にベンチマークは CPU が最大限発揮する性能を評価します。言い換えれば、CPU の使用率が常に 100% になるほど最大限の性能を引き出します。

ちなみに、CPU のベンチマークとして有名な PassMark は、CPU が最大限発揮する性能を評価するベンチマークです。

PassMark のようなベンチマークを利用し、Core i9-7980XE と Ryzen 3 1200 それぞれ最大限の性能を引き出せば、Core i9-7980XE の方が性能が圧倒的に高い、すなわち Core i9-7980XE の方がベンチマークスコアが圧倒的に高い結果となることは当然です。

ベンチマークAのように CPU が最大限発揮する性能を評価しないベンチマークは意味がないことをしているように見えますが、このようなベンチマークは実際に私達がアプリケーションを利用する時に CPU が発揮する性能を評価しているものが多く、こちらの方が参考になる場合があります。

そのようなベンチマークの中で特に有名なベンチマークが PCMark です。2018年2月1日時点では最新バージョンは PCMark 10 です。PCMark 10 には複数のベンチマークテストがあり、それぞれ Essentials、Productivity、Digital Content Creation、Gaming と呼ばれています。

Essentials は、一般的に日常用途で利用されるアプリケーションで CPU が発揮する性能を評価しており、Ryzen 3 1200 の性能でも日常用途なら十分であることを考慮すると、推測となりますが Essentials では Core i9-7980XE と Ryzen 3 1200 はベンチマークスコアが同じくらいになると思われます。

Productivity は、ビジネス用途で利用されるアプリケーションで CPU が発揮する性能を評価しており、同様に推測となりますが Productivity でも Core i9-7980XE と Ryzen 3 1200 はベンチマークスコアが同じくらいになると思われます。

Digital Content Creation は動画編集や画像編集で利用されるアプリケーションで CPU が発揮する性能を評価しており、Gaming では PC ゲームで利用されるアプリケーションで CPU が発揮する性能を評価しています。どちらも Ryzen 3 1200 の性能では十分と言えませんので、Digital Content Creation と Gaming では Core i9-7980XE の方が圧倒的に高いベンチマークスコアを出すと思われます。こちらも推測となりますが、間違いないと思います。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・秋の売れ筋パソコン特集
PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です
(キャンペーン実施中)
Dell
・シルバーウィークセール
XPSノートや人気の商品が最大20%オフクーポンでお得
(9月25日迄)
ドスパラ
・オータムセール
ハイエンドゲーミングPCが最大35,000円引き
(9月27日迄)
パソコン工房
・半期に一度の決算SALE
BTOパソコンを大幅プライスダウン
(10月1日迄)