マザーボード BTOパソコンの選び方

最終更新日 2014年11月30日
※この記事の内容は、古くなった情報のため、最新のパソコンを選ぶ時に参考になるものではありません。

マザーボードの役割

マザーボードは、パソコンの中心的存在で、CPU やメインメモリー等の各 PC パーツ間に流れるデータを制御するなど、全体をまとめる立場にあります。また、マザーボードによって、対応している PC パーツの種類や、使用可能な機能が決まりますので、マザーボードの選択によって、パソコンの機能や性能が大きく左右されます。

BTO カスタマイズでもマザーボードは変更できない事が多い

パソコン購入時に、多彩な PC パーツを選択できる事で人気の BTO カスタマイズサービスですが、この BTO カスタマイズに対応していても、マザーボードは変更できない事が多いです。特に国内大手メーカーなどのメーカー直販ショップでは、基本的にマザーボードの変更は不可能です。ショップブランド(オリジナルパソコン)を販売しているパソコンショップでは、変更可能である事がよく見られますが、それでも選べるマザーボードの種類はかなり限られている事が多いです。

マザーボードが変更できない理由は、恐らくマザーボードによって、搭載可能な PC パーツや機能が大方決まってくるからだと考えられます。つまり、マザーボードを変更すると、そのパソコンは大きく性質が変わってしまうので、一つのモデルでマザーボードを変更可能にするよりは、モデル別によって、搭載されているマザーボードを変える方が、購入する側にとっても選びやすいから、一つのモデルでマザーボードは変更できないようになっていると考えられます。

マザーボードの価格

マザーボードの価格は、1万円以下の安い製品もあれば、5万円以上する高価な製品もあります。BTO カスタマイズでは、マザーボードの変更はできない事が多いので、モデルを選択すると、自動的に搭載されるマザーボードも決まってしまいます。たいていの安いパソコンでは、安物のマザーボードが搭載されている事が多いです。

メーカー製パソコンでは、自社製マザーボードが使用されている事が多いため、マザーボード自体の価格がつかみにくいです。 パソコンショップが販売するショップブランド(オリジナルパソコン)では、市販されているマザーボードが使われている事が多く、スペック表にはマザーボードの製造メーカーや型番まで書かれている事が多いので、自主的に調べれば搭載されているマザーボードの価格や機能までわかります。

BTO カスタマイズのときに、マザーボードの変更は考えない

多くのメーカー直販ショップやパソコンショップでは、BTO カスタマイズで、マザーボードの変更には対応していませんので、マザーボードの変更は考えないで、BTO カスタマイズに対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

もし、マザーボードが変更できるモデルであるなら、マザーボードを変更する事によって、どのようなメリットがあるのか、自分でマザーボードの仕様を調べて考えて、選ぶ必要があります。マザーボードを変更できるとしても、似たような仕様のマザーボードの中から選べるようになっている事が多いです。なぜなら、そうしないと、搭載可能な PC パーツの種類までもが、大きく変わってしまうからです。

どうしても使用したいマザーボードがある場合は

BTO パソコンの購入の際は、一般的にマザーボードを選べないので、あるモデルを選択したら、そのモデルに搭載されているマザーボードを受け入れるしかありません。どうしても使用したいマザーボードがあり、なかなかそのマザーボードが搭載されたパソコンを販売しているショップが見つからなければ、自作パソコンの選択がおすすめです。

関連記事