BTOパソコンを選ぶ前に

最終更新日 2014年11月30日
※この記事の内容は、古くなった情報のため、最新のパソコンを選ぶ時に参考になるものではありません。

パソコンにかける予算を決めておく

BTO パソコンの購入を考えたら、まず予算を決めておきたいです。私が欲張りなのかもしれませんが、BTO パソコンの注文時に各 PC パーツを選び見積もりを立ててもらうと 30〜40 万円を軽く超えてしまいます。

昔と比べパソコンのスペックの向上、価格の値下がりを考えれば、これはちょっと高すぎです。PC ゲームにパソコンを使ったり、仕事で画像や映像処理に使うならこの価格ぐらい出さないと必要なスペックを持つパソコンが手に入らないと思いますが、一般的な使用用途、例えばインターネットやメール、テレビ視聴、DVD 映画や音楽鑑賞などに使う程度なら、もっと安い価格のパソコンで十分です。

ですので、まず自分が出せる予算を決めておきましょう。そうすると見積もりが予定よりオーバーしても、始め決めておいた予算を目安にして、パソコンの構成を変更できます。

パソコンの使用目的を明確にしておく

パソコンを主に何のために使うかによって、必要なパソコンのスペックが違ってきます。BTO パソコンを選ぶ前に、自分のパソコンの使用目的を明確にしておきたいです。

BTO パソコンは、自分好みの PC パーツを選び構成し、自分に合った機能と性能を手に入れ、かつ自分にとって不必要な機能と性能を省くかたちにできることが大きなメリットの1つなので、そのメリットを享受するためには、自分のパソコンの使用目的がある程度わかっている必要があります。

どこのメーカーのパソコンを選ぶか決めておく

BTO パソコンを販売するメーカーは多いです。その中から選ぶのは結構迷うものです。メーカーによってそれほど価格は変わらず、どのメーカーでも、同じような PC パーツで構成されたパソコンというものですから、機能性能に大差ありません。人によっては、メーカーに対するイメージやフィーリングで選んだり、信頼できそうだなと判断して選ぶこともあるかもしれません。そのくらい大雑把に選んでも、よほど特殊な仕様となっているパソコンを必要としない限り、問題ありません。

パソコンメーカーは、よく知られている主要なメーカーだけに絞っても、10社以上あります。さらに、ショップ独自のモデル「ショップブランド」を販売しているパソコンショップも含めると、選択肢は20を超えます。どこで買っても同じとは言い過ぎかもしれませんが、少なくとも一般的な仕様となっているパソコンなら、どこでも買えますので、できれば購入前には2〜3つに絞りたいです。

その前に、まず国内メーカー、海外メーカー、国内パソコンショップのうち、どこから買うのか決めておくのがおすすめです。なぜなら、各メーカーやパソコンショップで売られているパソコンは、大まかに国内メーカー、海外メーカー、国内パソコンショップの3つのジャンルに分けられ、それぞれ異なる特徴を持っているからです。

簡単に言えば、国内メーカーは安さよりも、品質や付属品、サポート等の付加的価値に重点を置いたモデルを中心に販売しており、海外メーカーは、先の付加的価値よりも安さを重視したモデルを中心に販売しているという特徴を持っています。パソコンショップは、主に市販の PC パーツで組み立てられたモデルを中心に販売しており、価格が安く、多彩な仕様のモデルを販売しているという特徴があります。

ただし、国内メーカーでも、海外メーカーやパソコンショップに近い特徴を持っているメーカーが存在したりしますので、全てのパソコンメーカーやパソコンショップが、特徴別に国内メーカー、海外メーカー、国内パソコンショップの3つに分けられる訳ではありません。しかし、たいていのパソコンメーカー、パソコンショップに当てはまりますので、まずは国内メーカー、海外メーカー、国内パソコンショップの3つの中から選ぶところから始めたいです。

全てのパソコンメーカーとパソコンショップのモデルを確認してみる

あまり行う必要性はありませんが、全てのパソコンメーカーとパソコンショップのモデルを見てみると、自分のニーズにマッチするモデルが見つかるかもしれません。

例えば、お気に入りの車メーカーや、キャラクター、ゲーム等とコラボしたモデル(このようなモデルは、たいてい期間限定発売で、かつ販売期間が短い)が、偶然売られているかもしれません。

他に水冷式パソコンや、音楽鑑賞用パソコン等、自分が想像していなかったようなモデルが見つかり、欲しくなるかもしれません。

パソコンは、そう頻繁に買い換えるものではありませんので、できれば自分のニーズとマッチしたモデルを、じっくりと探し回りたいものです。多少時間と労力がかかりますが、インターネットが発達した今では、各パソコンメーカー、パソコンショップで販売されているモデルは、全て各公式サイトで見られますので、面倒な作業は不必要です。

また、各パソコンメーカーやパソコンショップのモデルを見ておくと、相場の価格や、流行の PC パーツ等が見えてきますので、パソコンの購入知識も得る事ができます。これが自分が望んでいたパソコンだったと言えるようなモデルを見つけるためにも、各パソコンメーカーとパソコンショップのモデルを全て確認してみる作業をすることをおすすめします。

各パソコンメーカー、パソコンショップの強みを調べる

上記の「全てのパソコンメーカーとパソコンショップのモデルを確認してみる」の作業と似ていますが、パソコンメーカーやパソコンショップによって、どのようなタイプのパソコンを主力にして販売しているのか、異なります。

例えば、デスクトップパソコン一体型は、主に国内メーカーで販売されており、特にソニーが一体型モデルのラインナップが充実しています。また、デスクトップパソコンキューブ型は、主にパソコンショップで販売されており、国内パソコンメーカーや海外パソコンメーカーではほとんど販売されていません。

このように、パソコンメーカーやパソコンショップによっては、自分の欲しいパソコンのタイプが無かったりその種類が少なかったりしており、力を入れているパソコンのタイプが違います。

よって、少数のパソコンメーカーやパソコンショップにに注目するのではなく、様々なところを見て回り、各パソコンメーカーやパソコンショップの強みを調べてみるのがおすすめです。もし、その強みが、自分のニーズと一致すれば、スムーズに購入場所が決まるはずです。

キャンペーン割引の確認をしておく

BTO パソコンを購入する際オンラインショップを利用することになると思います。様々なメーカーのオンラインショップがありますが、オンラインショップは定期的にキャンペーンとして割引をしていることが多いです。それを利用すると非常にお得な価格で購入できますのでぜひ利用したいです。ですので、購入前にいろいろなオンラインショップを見ておくといいと思います。

キャンペーン割引で、もし特定の機種しか値引き対象になってなく、値引き対象以外の機種を購入しようと考えているのなら、すぐに購入するのではなく少し待ちたいです。例えばノートパソコンがキャンペーン割引の対象になっているとしたら、次のキャンペーンにて値引き対象がデスクトップパソコンになる場合などの事例があるからです。



デル株式会社