銀行で口座開設を断られるケースが増えている?

最終更新日 2018年10月19日

銀行で口座開設を断られるケースが増えているのか

銀行がお金を預からない! 口座開設を迷惑がられる理由 | ホウドウキョク には、ニッポン放送「あさラジ」の高嶋ひでたけ氏がジャーナリストの須田慎一郎氏に聞いた話が掲載されています。

要約すると銀行口座の開設を断られる企業や個人が増えてきており、マイナス金利で運用先がなく、企業が預かってきた預金を「全部は預かれない」と言って断るケースが増えているそうです。個人に対してはまだ断っていないようです。

最初に銀行口座の開設を断られる企業や個人が増えてきているという話が出て、その後の話で個人に対してはまだ断っていないという話が出てきて矛盾しているように見えますが、話全体から読み取ると個人に対してはマイナス金利で運用先がないという理由で断っていないという意味かもしれません。

個人に対してはどのような理由で口座開設を断っているのか書かれていませんが、恐らく預金口座を利用した金融犯罪を防ぐために審査が厳しくなっており、口座開設を断られる個人が増えているのではないかと考えられます。

滅多に口座関連の手続きをすることはありませんが、昔と比べると本人確認書類や口座の利用目的等の確認が厳しくなったと感じますので、審査を通らず口座開設を断られる個人が増えた可能性があると思います。

某銀行に就職した人に聞いてみたら、金融犯罪を防止するために審査が厳しくなっており、マイナス金利で運用先がないという理由では断っていないそうです。金融犯罪に使われる恐れがあるからと明確に理由を伝えることはないので、口座開設お断りの理由について誤解されている面があるのではないかと言っていました。

外部の人には本当のことを言わない可能性があり、別の銀行では本当にマイナス金利で運用先がないという理由で断っている可能性もあります。もっと銀行側から情報が出てこないと何とも言えません。

金融犯罪ではなく仕事のために法人口座を開設しようとしたら断られたという話を聞くことがありますので、銀行で口座開設をしようとすると迷惑がられるのではと見られてもやむを得ない状況にあるとは思います。

まだまだ金融犯罪には気をつけなければならない状況ですので、口座を悪用する目的がなくても銀行で口座開設を断られる人は今後も出てくると思います。(2018年7月23日時点)


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・冬のボーナス特集
PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です
(キャンペーン実施中)
Dell
・冬のボーナスセール
在庫一掃!すぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンでお得!
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・クリスマスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(12月25日迄)
パソコン工房
・冬のボーナスセール
スタッフ厳選アイテムが目白押し!
(12月25日迄)

銀行



デル株式会社