特定のモデルは故障しやすい可能性はある?

最終更新日 2018年10月19日

特定のモデルは故障しやすい可能性はあるのか

昔の話ですが某企業で使っていたノートパソコンの同じモデルにて、約1年後に半分近くの台数が故障しました。どれも液晶ディスプレイの画面表示に異常が見られる故障でした。

同じモデルを使っていた他企業でも、同様な故障が数多く発生したという話を聞きました。インターネットで同モデルについて調べたところ、同様な故障が職場で多数発生したという情報を電子掲示板で見ました。

このように特定のモデルが故障しやすいと断定できる場合は稀だと思いますが、過去には他にも故障しやすいモデルがあったと思われます。今後も故障しやすいモデルが出てくる可能性は高いと思います。

特定のモデルは故障しやすいという可能性があるとしても、そのモデルのパソコンメーカーが認めることはまずなく、ユーザーからの故障情報が頼りになりますので証明できないのはもどかしい限りです。

例えば、最近だと Microsoft の Surface にて特定のモデルは故障しやすい疑いがあります。Surface の全モデルに故障しやすい疑いがあるわけではありません。

「Surfaceはおすすめしない」 Consumer Reportsの格付けに思うこと (1/2) - ITmedia PC USER やオンラインショップのレビュー等を見ると、Surface の特定のモデルは故障しやすい可能性が高いですが断定はできません。

あくまでも個人的な判断ですが、スティック型デスクトップパソコンに属する特定のモデル、2in1PC に属するモデル、タブレット PC に属するモデル等、過去にも故障しやすい疑いがあるモデルがありました。

誰しもが故障しやすいモデルを買いたくはないと思います。故障しやすいと証明されたモデルはもちろんですが、故障しやすい疑いがあるモデルを選ばない方が無難です。

しかし、故障しやすいかどうかは発売されてから一定期間を経ないとわからないものです。冒頭で紹介した事例のように1年以上経ってから故障しやすいモデルであるとわかる場合もあると思われます。ユーザーからの故障情報が集まらない場合もあると思われます。

仮に故障しにくいモデルを選んだとしても故障する確率はゼロではなく、いつ故障してもおかしくはありませんので、故障しても対処できるようにしておくと良いです。

私のやり方ですが、パソコンが故障してもパソコンを使えなくなってしまわないように予備のパソコンを用意しています。故障したパソコン内部に保存されているデータの問題がありますが、重要なデータはクラウドストレージや外付けストレージ等にバックアップしておき、すぐに予備のパソコンでデータを利用できるようにしています。

予備のパソコンを用意しておくこと、データをバックアップしておくことは大変で難しいと思われるかもしれませんが、故障しにくいモデルを選んでも誰しもが故障に遭遇してもおかしくはないので、パソコンを使えなくなる期間が生じないようにしたければ、故障する可能性があることを考えて備えておかなければなりません。


キャンペーン情報
富士通
・期末売り尽くしセール
クーポン利用で15〜23%OFF等の10大特典
(3月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)