個人向けパソコンと法人向けパソコンの違い

最終更新日 2018年03月01日

家庭での使用に適した個人向けパソコン、企業での使用に適した法人向けパソコン

パソコンメーカーは、個人向けパソコンと法人向けパソコンに分けてパソコンを販売しています。個人向けパソコンは一般消費者に対して販売されており、法人向けパソコンは企業に対して販売されています。

個人向けパソコンは家庭で使われるのに適した仕様となっており、法人向けパソコンは企業で使われるのに適した仕様となっています。

個人向けパソコンと法人向けパソコンそれぞれのハードウェアやソフトウェアを見ると、両者に明確な違いがあるわけではありません。

個人向けパソコンパソコンも法人向けパソコンもモデルによって仕様がバラバラであり、比較対象によっては個人向けパソコンと法人向けパソコンは同じと言えるくらい似ている場合があります。

以下では、個人向けパソコンと法人向けパソコンに見られる主な違いについて記載しますが、一概に当てはまるものではありません。

例えば、以下では法人向けパソコンにはPCリサイクルマークが付いていないと書いていますが、法人向けパソコンの中にはPCリサイクルマーク付きのモデルがあります。

個人向けパソコンと法人向けパソコンに見られる主な違い

Windows には、家庭向けエディションと企業向けエディションがあります。OS が Windows の場合、個人向けパソコンが搭載する Windows は家庭向けエディションであることが多く、法人向けパソコンでは企業向けエディションが多いです。

パソコンメーカーによりますが、個人向けパソコンは付属ソフトウェアが多いです。同じパソコンメーカーでも法人向けパソコンは付属ソフトウェアが少なく、個人が家庭で使うようなソフトウェアはまず付属しません。

個人向けノートパソコンには、動画や画像、音楽コンテンツを楽しめるように液晶ディスプレイの画質やスピーカーの音質にこだわったモデルが多いです。法人向けノートパソコンにはあまり見られません。動画や画像編集用に作られた法人向けノートパソコンくらいです。

企業で使われるパソコンはセキュリティが非常に重要になります。法人向けパソコンには、指紋センサーや静脈センサーを搭載可能なモデルや、ストレージの暗号化機能を搭載するモデルが多いです。個人向けパソコンにも同様なモデルがありますが少ないです。

法人向けパソコンには、重要なデータが失われないように外部からの衝撃に強いモデルや過酷な環境でも使えるモデルがあります。個人向けパソコンにも同様なモデルがありますが、法人向けパソコンの方が耐久性が高いモデルが見られます。

個人向けパソコンにはデザインに凝ったモデルが多いですが、法人向けパソコンにはデザインに凝ったモデルは少なく見た目が地味なモデルが多いです。

個人向けパソコンにはPCリサイクルマークが付いており、パソコンを捨てる時はパソコンメーカーが無料で引き取ってくれます。実際はパソコンの価格にリサイクル費用が含まれており、パソコン購入時にリサイクル費用を支払っていると言えます。

法人向けパソコンにはPCリサイクルマークが付いておらず、パソコンを廃棄する時はリサイクル費用を負担しなければなりません。つまり、パソコンの価格にリサイクル費用が含まれていません。

同じパソコンメーカーかつ同じ仕様なのに法人向けパソコンの方が価格が安いことがありますが、その理由の一つが法人向けパソコンの価格にリサイクル費用が含まれていないことです。


キャンペーン情報
富士通
・特別決算セール
クーポン利用で11〜23%OFF等の9大特典
(9月26日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で20%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で23%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で27%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で27%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C2 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で28%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月24日迄)