高性能パソコンが欲しいならデスクトップを選ぶ必要がある理由

最終更新日 2017年10月05日

高性能 CPU は本体サイズが大きいデスクトップパソコンに搭載できる

パソコンの性能は、主に CPU よって決まってきます。メインメモリーやストレージ等、他の PC パーツもパソコンの性能を左右しますが、CPU は人間に例えると頭脳でありパソコンを高性能にするためには高性能 CPU が必須です。

CPU は性能が高いほど発熱量が大きくなります。パソコンに発熱量が大きい高性能 CPU を搭載するなら、CPU や他の PC パーツの温度が上昇しすぎて正常に動作しなくなったり故障したりしないように放熱性を高くし、CPU を十分に冷やすために冷却性が高い CPU クーラーも搭載しなければなりません。

パソコンの放熱性は、パソコン本体の内部スペースが広くなるほど高くなります。CPU クーラーは、サイズを大きくするほど冷却性を高くすることができます。

パソコン本体の内部スペースが広い、サイズが大きい CPU クーラーを搭載できる条件に当てはまるパソコンは、本体サイズが大きいデスクトップパソコンです。

ただし、デスクトップパソコンなら全てのモデルが本体サイズが大きいわけではありません。

デスクトップパソコンには複数のタイプがあり、タワー型、省スペース型、キューブ型、コンパクト型、スティック型、一体型の中で先の条件に当てはまるタイプ、すなわち本体サイズが大きいデスクトップパソコンのタイプはタワー型です。

そのため、高性能パソコンが欲しいなら、高性能 CPU を搭載できるデスクトップパソコンのタワー型を選ぶ必要があります。

タワー型以外のタイプのデスクトップパソコンには搭載するのが難しい高性能 CPU は最高クラスの性能を持ちますが、そこまでの性能はない高性能 CPU でも良いなら、省スペース型やキューブ型も選択肢に入れることができます。

ただし、パソコン本体の形状が立方体であるキューブ型はモデルによって本体サイズが大きく異なり、キューブ型でも本体サイズが小さいモデルには高性能 CPU を搭載できませんので、キューブ型を選ぶなら本体サイズが大きいモデルに絞る必要があります。

パソコンの性能が格段に底上げされデスクトップパソコンを選ぶ必要性が低くなる

パソコンが持てる性能の高さは、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が高いです。タブレットPCというパソコンが出てきましたが、タブレットPCが持てる性能の高さはノートパソコンよりも低いです。

昔は、デスクトップパソコンの最高クラスの性能を持つモデルでも、さらなる性能向上が望まれるほどでしたので、高性能パソコンが欲しいならデスクトップパソコン一択でした。

今ではパソコンの性能が格段に底上げされており、高性能パソコンが欲しいならノートパソコンを選ぶのもありです。

そのため、今では高性能パソコンが欲しいならデスクトップを選ぶ必要性は低く、ノートパソコンの最高クラスの性能を持つモデルでも性能が足りないなら、デスクトップパソコンを選ぶ必要があると言えます。


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で10〜23%OFF等の9大特典
(11月1日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で23%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(11月29日迄)