寄生容量(浮遊容量)とは?

最終更新日 2018年10月19日

寄生容量(浮遊容量)とは何か

電子回路にコンデンサを実装することがありますが、コンデンサを実装しなくてもコンデンサの役割を担う部分が生じ、その部分が静電容量を持つことがあります。

その静電容量を寄生容量と呼び、浮遊容量と呼ぶこともあります。

例えば、1本の導線があり、その隣にもう1本の導線があるとします。両者の導線の間に電位差が生じると、それぞれの導線は電極、導線間の絶縁体(基板等)を誘電体とするコンデンサのようになります。

このコンデンサの静電容量が寄生容量であり、寄生容量を持つコンデンサには電場が生じます。電場は導線に影響を及ぼし、電流を流しますが、その電流はノイズとなり問題になることがあります。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で15〜23%OFF等の10大特典
(4月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月16日迄)

電子回路基礎知識



デル株式会社