調査中ばかりのゲーム攻略サイトが検索上位に来る問題

最終更新日 2018年06月11日

ゲーム攻略サイトを見に行くと調査中ばかり

昔の話ですが、工事中と書かれたページがあるウェブサイトをよく見かけました。工事中の他に準備中等、他の言葉を利用して書かれている場合も見られました。とりあえずページを用意し、後に内容を書くとし工事中と書いておいたのだと思います。

ウェブサイトを作る人はどんどん増えましたが、今ではあまり見かけなくなりました。リンク先に行ったら工事中と書かれていると閲覧者にストレスを与えてしまうから工事中のページは作らない方が良いという情報が広まって根付いたのかもしれません。

工事中のページがあるウェブサイトはもう増えることはないだろうと思っていましたが、今度は調査中と書かれたウェブサイトをよく見かけるようになりました。ただし、特定のジャンルのウェブサイトにて見られ、そのジャンルとはゲーム攻略サイトです。

知りたい情報が掲載されていると思いリンク先に行くと調査中と書かれているだけで役に立ちません。調査中ばかりで役に立たないゲーム攻略サイトだとわかったら他のゲーム攻略サイトを探して見れば良いのですが、また同じように調査中ばかりで役に立たないことがよくあります。

検索エンジンにおいて調査中ばかりのページが表示されなければ良いのですが、表示されるだけではなく上位に表示されます。私が遊ぶゲームは全体の中で極一部であり、できるだけゲーム攻略サイトを見ないように遊ぶので、ゲーム攻略サイト全体が同じような傾向にあるとは断定できませんが、いろんなゲームにて調査中ばかりのゲーム攻略サイトが増えているのではないかと思います。

調査中ばかりのページは役に立たないから検索エンジンの上位に表示させないようにする、Google ならできそうな気がしますができるなら対策して欲しいと思います。

調査中ばかりのゲーム攻略サイトを作っているのは企業型ゲーム攻略サイトか

話は変わりますがゲーム攻略サイトにて企業型ゲーム攻略サイトが問題になっているようです。 GameWithだけではない「企業型ゲーム攻略サイト」の闇 かつて攻略記事をパクられたライターが考える“構造的問題”とは - ねとらぼ によると、企業型ゲーム攻略サイトとは「企業が組織的に運営する一連のゲーム攻略サイト群のこと」です。

企業型ゲーム攻略サイトの全てに当てはまるわけではないでしょうが、ゲーム攻略情報を他サイトから盗用する、ゲーム攻略情報の内容が薄い、ゲーム攻略情報に間違いが多い等、様々な問題点が指摘されています。

企業型ゲーム攻略サイトは SEO(検索エンジン最適化)に強く、SEO を強化することは悪いことではありませんが、大量に生成されたゲーム攻略情報の内容が薄いページや間違いが多いページが検索上位にヒットし、検索汚染につながっている問題点もあります。

ゲーム攻略情報の内容が濃く間違いがなくても、他サイトからパクったゲーム攻略情報を掲載していて検索エンジンでパクリ側が上位に表示されていては、一生懸命攻略して作ったゲーム攻略情報をパクられた側はたまったものではないでしょう。

ゲーム攻略情報の内容がほとんど調査中で役に立たず、それにもかかわらず強い SEO により検索上位に来てしまうことも企業型ゲーム攻略サイトの問題として指摘されており、私が見てきた調査中ばかりのゲーム攻略サイトも企業型ゲーム攻略サイトだったのだと思います。

これらの問題を総合的に見ると、調査中とは正確には他サイトでゲーム攻略情報が掲載されるのを待っている状態のことを意味しているところがあると思います。あまりアクセスが伸びないゲームだとわかったら更新せずに調査中のまま放置されているところもあるのかもしれません。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・秋の売れ筋パソコン特集
PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です
(キャンペーン実施中)
Dell
・シルバーウィークセール
XPSノートや人気の商品が最大20%オフクーポンでお得
(9月25日迄)
ドスパラ
・オータムセール
ハイエンドゲーミングPCが最大35,000円引き
(9月27日迄)
パソコン工房
・半期に一度の決算SALE
BTOパソコンを大幅プライスダウン
(10月1日迄)

ゲームパソコン基礎知識