基本 - 画像編集用パソコンの選び方

最終更新日 2016年10月11日

画像編集用パソコンとは

性能重視

画像編集用パソコンとは、特に普通のパソコンと大きな違いはありませんが、画像編集作業を効率よく快適に行えるようにカスタマイズされたパソコンです。

ただし、画像編集作業は、特に特別な PC パーツが必要というわけではなく、簡単な画像編集作業であれば、各メーカーから販売されている低価格のエントリークラスのモデルでも、十分快適に作業が行えます。

しかし、RAW 形式の画像ファイルの編集や、精確な色の調整作業など、高度な画像編集作業には、高性能な CPU や大容量メインメモリー、画質が高い液晶モニター等が必要になってきます。

Quadro や FirePro が必要な場合

画像編集に使うパソコンを選ぶなら、画像編集用パソコンとして販売されているパソコンを選ぶのがおすすめです。それ以外のパソコンでも、必要な仕様を満たしていれば選んでも問題ありません。

ただし、ビデオチップの Quadro や FirePro が必要な場合は話が異なってきます。Quadro や FirePro は、動画編集や画像編集を行うクリエイター向けビデオチップであり、画像編集用パソコンや動画編集用パソコンに Quadro や FirePro 搭載モデルがあります。

Quadro や FirePro は、画像編集や動画編集以外にも適している使用用途がありますが、科学技術計算等の業務用途になるため、家庭用途のパソコンに限るなら、Quadro や FirePro 搭載モデルが見られるのは、画像編集用パソコンや動画編集用パソコンに限られます。

クリエイター向けパソコンや動画編集用パソコン

画像編集に適したパソコンは、動画編集にも適しているため、まとめて動画や画像編集を行うクリエイター向けパソコンとして販売しているところがあります。また、画像編集用パソコンと動画編集用パソコンを分けて販売しているところもあります。画像編集用パソコンと動画編集用パソコンに分かれていても、同じと見なして問題ないくらい特徴は同じです。

画像編集に使うパソコンを選ぶなら、クリエイター向けパソコンはもちろんですが、動画編集用として販売されているパソコンもおすすめです。ただし、編集内容によりますが、基本的に動画編集の方が必要な性能が高いため、動画編集用パソコンとして販売されているパソコンの方が、性能が高い傾向があります。

クリエイター向けパソコンにも当てはまりますが、動画編集用パソコンの中で性能の高さが最高クラスのモデルだと、画像編集に使うには性能が高すぎます。動画編集にも使うなら選択肢に入ってきますが、画像編集のみに使うなら性能が高すぎるモデルを選ばないよう注意が必要です。

パソコンのタイプの選び方

画像編集には、デスクトップパソコンがおすすめ

パソコンには、大きく分けてデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット PC があります。タブレット PC は、画像編集には向きませんので、ここでは除外します。

画像編集用パソコンを選ぶ際は、デスクトップパソコンとノートパソコンどちらを選ぶか決める必要があります。

特にノートパソコンである必要が無ければ、デスクトップパソコンがおすすめです。デスクトップパソコンの方がコストパフォーマンスが高いので、同程度の性能の高さを持つパソコンを買うなら、デスクトップパソコンの方が安く済みます。

予算度外視で選べるとしても、本格的に画像編集を行うなら画像編集に適した液晶ディスプレイが必要であり、そのような液晶ディスプレイが搭載されたノートパソコンは、まずありません。

画像編集用として販売されているノートパソコンはありますが、汎用液晶ディスプレイで問題が無い、もしくはノートパソコンを必要とするユーザー向けです。

ノートパソコンの映像出力端子を利用すれば、別途で用意した液晶ディスプレイに接続できますが、そこまでやるならデスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。

デスクトップパソコンのタイプの選び方

デスクトップパソコンのタイプ一覧

デスクトップパソコンを選ぶ際は、どのタイプを選ぶか決める必要があります。タイプによって、サイズの大きさや搭載可能な PC パーツ、実現可能な性能の高さが決まってきますので、自分に合うタイプを選ぶ事が重要です。

以下は、デスクトップパソコンのタイプ一覧です。

デスクトップのタイプ 特徴
タワー型 ・CPU とグラフィックス性能が高いモデルがある
・十分な設置スペースを確保できるなら最もおすすめ
省スペース型 ・CPU 性能が高いモデルはあるが、搭載可能なビデオカードはロープロファイルになるため、グラフィックス性能が高いモデルは無い
・設置スペースを抑えたい方におすすめ
キューブ型 ・CPU とグラフィックス性能が高いモデルがある
・設置スペースを抑えたい方におすすめ
一体型 ・CPU 性能が高いモデルはあるが、ビデオカードは搭載できず、ノートパソコン用の専用ビデオチップ搭載になるため、グラフィックス性能が高いモデルは無い
・設置スペースを抑えたい方におすすめ
コンパクト型 ・CPU とグラフィックス性能が低いモデルしかない
・画像編集には向かないため、おすすめはできません
スティック型 ・CPU とグラフィックス性能が低いモデルしかない
・画像編集には向かないため、おすすめはできません

デスクトップパソコンタワー型がおすすめ

どうしてもパソコンを持ち運びしなくてはならない、または設置スペースを確保できない等の理由が無ければ、デスクトップパソコンタワー型がおすすめです。タワー型は、内部スペースが広く、冷却性に優れますので、発熱量が多い高性能な CPU 等の PC パーツが搭載可能です。また、搭載可能な PC パーツの種類や数が多いので、後に PC パーツの交換や追加をして、機能や性能を強化する事が可能です。

設置スペースを抑えたいなら、省スペース型やキューブ型がおすすめ

タワー型では設置スペースが大きすぎる場合は、省スペース型やキューブ型がおすすめです。

ただし、省スペース型は大型サイズのビデオカードが搭載できず、小型サイズのビデオカード(ロープロファイル)が搭載できるタイプのため、グラフィックス性能が高いモデルは選べません。

キューブ型は、大型サイズのビデオカードが搭載可能なモデルだと、サイズが大きく必要な設置スペースがタワー型に近くなってきます。サイズが小さいキューブ型もありますが、ビデオカードが搭載できず、発熱量が小さい CPU となるため、CPU とグラフィックス性能が低くなります。

一体型は、画像編集用モデルならおすすめ

設置スペースを抑えたいなら一体型もおすすめですが、一体型のモデルは、たいていノートパソコン用 CPU とビデオチップ搭載可能となるため、CPU とグラフィックス性能が高くても、高性能な据え置きノートパソコンと同等になります。サイズが大きめの一体型には、デスクトップパソコン用 CPU 搭載モデルが見られますが、ビデオチップはノートパソコン用となるため、グラフィックス性能は低めです。

また、一体型のモデルには、基本的に汎用液晶ディスプレイが搭載されています。一体型には画像編集に適した液晶ディスプレイ搭載モデルもありますが、非常に少ないです。

そのため、汎用液晶ディスプレイでは問題があるなら、省スペース型やキューブ型を選び、別途で画像編集に適した外付け液晶ディスプレイを用意するのがおすすめです。自分に合うようなら、画像編集に適した液晶ディスプレイが搭載された一体型もおすすめです。

コンパクト型とスティック型はおすすめできない

コンパクト型とスティック型は、サイズが小さいため設置スペースをかなり抑えられますが、CPU とグラフィックス性能が低いモデルに限られ、画像編集には向かないため、おすすめはできません。

ノートパソコンのサイズの選び方

画面サイズ一覧

ノートパソコンを選ぶ際は、どのサイズを選ぶか決める必要がありますが、画面サイズを目安にして選びます。画面サイズが同じなら、幅と奥行きは大体一緒です。ただし、画面サイズが同じでも、高さ(厚さ)はモデルによって異なってきます。

ノートパソコンの画面サイズは、大まかに以下のように分けられます。

画面サイズ
15インチ型以上
・CPU とグラフィックス性能が高いモデルがある
・ノートパソコンを選ぶなら、画像編集に最もおすすめ
画面サイズ
12〜14インチ型
・CPU とグラフィックス性能が高いモデルだと、持ち運びしにくい
・CPU とグラフィックス性能が低いモデルなら、持ち運びしやすい
・サイズと重量を考慮し持ち運びしやすさも重視して選ぶ場合におすすめ
画面サイズ
11インチ型以下
・CPU とグラフィックス性能が低いモデルしかない
・画像編集には向かないため、おすすめはできません

据え置きノートパソコンがおすすめ

画面サイズ15インチ型以上のノートパソコンは、据え置きノートパソコン等と呼ばれ、ノートパソコンを選ぶなら最も画像編集に適しています。特に外出先に持ち運ぶ必要が無ければ、据え置きノートパソコンがおすすめです。

ノートパソコン用 CPU の中では発熱量が大きい高性能 CPU 搭載モデルがありますし、GeForce 等の専用ビデオチップ搭載モデルもありますので、CPU とグラフィックス性能が高いモデルを選べます。

また、液晶ディスプレイとキーボード面積が広いため、画像編集がしやすいです。

持ち運ぶ必要があるならモバイルノートパソコンがおすすめ

画面サイズ14インチ型以下で、かつ高さ(厚さ)が約 20mm 以下、重さは約 1.5kg 以下のノートパソコンは、モバイルノートパソコン等と呼ばれ、ートパソコンを外出先へ持ち運び、画像編集を行う必要があるなら、モバイルノートパソコンがおすすめです。

ただし、モバイルノートパソコンは内部スペースが狭く放熱性が悪いため、ノートパソコン用 CPU の中では発熱量が小さい CPU が搭載されます。また、GeForce 等の専用ビデオチップ搭載モデルはありません。つまり、モバイルノートパソコンを選ぶなら、CPU とグラフィックス性能は低めとなります。そのため、CPU とグラフィックス性能が高いモデルが必要になるなら、モバイルノートパソコンは選べません。

高さ(厚さ)が約 30mm 以下、重さは約 2.0kg 以下に妥協できれば、ノートパソコン用 CPU の中では発熱量が大きい高性能 CPU、GeForce や Radeon の一般向け専用ビデオチップ搭載モデルを選べますが、高さと重量が増し、バッテリー駆動時間が短いため、モバイルノートパソコンから離れ、外出先に持ち運びしやすくて使いやすいとは言えなくなってきます。

また、クリエイター向け専用ビデオチップ搭載の Quadro や FirePro モデルは、画面サイズ15インチ型以上の据え置きノートパソコンにしかありません。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
訳あり特価品コーナー icon
旧型モデルを特別価格でご提供!
(在庫限り)
Dell
・冬の在庫一掃セール!
週末(金〜月)限定、クーポンでさらに最大17%オフ!
(2月20日迄)
ドスパラ
・パラダイスセール第2弾
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(2月28日迄)
パソコン工房
・ホワイトバザール
今だけBTOパソコン・PCパーツ・雑貨アイテムが大特価!
(2月28日迄)