キーボードの選び方 - キーボード、マウスの選び方

最終更新日 2015年10月26日

キーボードの選び方

キーボード選びは慎重に

キーボードは、実際に使ってみないと自分に合うかどうか、わからないものですが、事前に判断する事が可能な点もあります。

特に長時間キーボードを使用する方は、自分に合うかどうかで疲労感や手指への負担が変わってきます。手指への負担が大きいと、腱鞘炎といった症状を引き起こす恐れもありますので、キーボード選びは慎重にしっかり行いたいです。

接続方法

キーボードは、従来から PS/2 接続や USB 接続が主流ですが、Bluetooth(ブルートゥース)接続や Simpring(シンプリング)接続といった無線接続が普及してきています。

キーボードはマウスと異なり、動かしながら使用するものではないため、マウスよりは無線接続にするメリットは薄いですが、キーボードの使い方によっては無線接続にするメリットは十分あります。

例えば、パソコンから離れたところにキーボードを持っていって操作したりする場合は、無線接続であれば煩わしいケーブルがありませんので、キーボードを移動しやすくなります。特に大画面液晶モニターの場合は、距離が離れていても視認性が高いため、たまにはパソコンから離れたところで操作したくなるかもしれません。そんな時、無線接続のキーボードがあれば、ケーブルを気にする必要がなくなり、無線が届く範囲なら、部屋中どこにいても操作できます。

スマートフォンやタブレットと接続して使う場合、たいていは無線接続となりますので、無線接続のキーボードを選ぶ必要があります。無線接続だけでなく、キーボードの対応機種や対応 OS についても確認する必要があります。

無線接続のキーボードには、充電して使用する製品もありますが、たいていの製品は電池で動作します。気になる動作時間ですが、無線接続のキーボードは消費電力が低いですので、一般的な使用用途であれば、半年や1年以上は電池が持つ製品が多いです。そのため、電池交換が必要というデメリットは気にならないレベルです。

対応機種

パソコン以外にも様々な電子機器が普及して発展してきた今、キーボードは様々な電子機器に使われます。パソコンに限らず、スマートフォンやタブレット端末、ゲーム機等にも対応していると、キーボードを活用できる場が広がります。

パソコン以外でもキーボードを使用したいのであれば、対応機種を見て、使いたい機種でキーボードが使用できるかどうか確認する必要があります。

対応 OS

パソコンでキーボードを使用するなら、そのパソコンの搭載 OS に対応しているか確認する必要があります。また、スマートフォンやタブレット端末で使用するなら、これらに搭載されている OS に対応しているかも確認が必要です。

キーピッチ

キーボードは、製品よってキーとキーの間隔が異なります。この間隔の距離を表すのがキーピッチです。どの製品もキーピッチが約 15mm 〜 20mm の範囲に収まり、その中で 20mm に近い 19mm の製品が多いです。コンパクトなサイズとなるとキーピッチが 15 mm の製品も見られます。

どの程度のキーピッチが自分に合うかは、手の大きさや指の長さ等によって異なりますので一概には言えませんが、一般的に多く見られる 19mm であれば、丁度良い距離でキーが打ちやすいです。

持ち運びしやすさを重視するなら、コンパクトさを重視し、打ちやすさを犠牲にして、キーピッチが狭いキーボードを選ぶ必要があります。

キーストローク

キーボードは、製品によってキーを押した時の沈む深さが異なります。この深さの距離を表すのがキーストロークです。どの製品もキーストロークが約 2mm 〜 4mm の範囲に収まります。持ち運びしやすいコンパクトサイズなキーボードは、構造上キーストロークが確保しづらい所もあり、キーストロークは 2mm もしくは 2mm に近い製品が多いです。デスクトップパソコンで使うようなキーボードは、キーストロークが 4mm もしくは 4mm に近い製品が多いです。

キーボードを使用し続けた時の疲労感は、キーを押した時の硬さ等、様々な要因が関連してきますが、キーストロークが深いとその分深く押す必要があるため、疲れやすいです。逆にキーストロークが浅いと、あまり力を入れずに押す事ができるため、疲労を感じにくいです。

ただし、これは人によります。キーストロークが深い方が、しっかりとした押し込み感が得られ、疲労を感じにくい人もいます。また、キーピッチが浅いと、ちょっとした力で押せてしまうため、隣のキーも押してしまうといった誤入力が増えてしまうので、キーピッチが深い方が合う人もいます。

そのため、自分に合うキーストロークを見つけるには、実際に長時間使い続けてみる必要があります。キーストロークが浅い方が良いのか深い方が良いのか判断が付かない場合は、中間をとってキーストロークが約 3mm となっているキーボードを選ぶと良いかもしれません。

ノートパソコンを使う機会が多い方は、キーストロークが浅い方のキーボードがおすすめです。ノートパソコンのキーボードは、薄さを実現するためキーストロークが浅い傾向にあり、キーストロークが浅いキーボードであれば、どちらかへの使用に移行した場合、違和感が少なくなります。

キースイッチ

キーボードのキーの機構は製品によって異なります。この機構をキースイッチと呼びます。キースイッチには幾つか種類があり、各キースイッチには名称が付いており、メンブレン、パンタグラフ、メカニカル、静電容量無接点があります。前者のメンブレンから後者の静電容量無接点へいくほど、価格が高くなる傾向があります。同様にキーボード入力の快適性も高くなりますが、これに関しては人の好みもありますので一概に言えません。価格が高い静電容量無接点よりも、価格が安いメンブレンの方が好みで入力しやすいという人もいると思われます。

実際に使ってみないと、どのキースイッチが自分に合うか判断できないところですが、無難な選択はパンタグラフです。ノートパソコンにもよく採用されており、パンタグラフを採用したキーボードも多いですので、使うキーボードが変わっても、同じパンタグラフであれば違和感を感じる事があまりありません。また、価格が手ごろな製品が多いのもメリットです。

以下に各キースイッチの特徴を簡易に記載しますが、自分に合うキースイッチを見つけるため、使ったことないキースイッチを選ぶのもありです。特にメカニカルと静電容量無接点は、長時間使用しても疲れにくいというメリットがありますので、快適なキーボード入力環境を得るために購入して試してみる価値は十分あります。

メンブレン

メンブレンは、2枚のシートの間に、これらのシートを絶縁するシートが挟まれ、前者の2枚のシートが接点となる箇所では、絶縁シートに穴が空いており、この箇所が押されると穴を通して2枚のシートがくっつくようになっています。この箇所にキーを設置し、キーが押される事で2枚のシートがくっつき、入力を判断する仕組みとなっています。メンブレンの仕組みは簡単なため、安価なキーボードによく採用されています。

パンタグラフ

パンタグラフは、電車のパンタグラフと似た構造となっています。キーの上面どこを押しても同じ力で押せますので、押したはずなのに押してなかったという間違いが起こりにくいですが、逆に隣のキーにちょっと触れて誤入力となってしまう事も起きやすいです。パンダグラフはキーストロークを浅めにしやすいので、キーストロークが浅いキーボードによく採用されており、深く押す必要がないため、軽快なキータッチが実現します。

メカニカル

メカニカルは、各キーの内側に複雑なスイッチが組み込まれています。スイッチにはバネが使われており、このバネが、しっかりとキーを入力した感覚を生みます。

メカニカルの大きな特徴として、カチャカチャと音がなる点があります。この音がキーをしっかり押した事を耳に知らせてくれます。ただし、音に関して周囲に気を配る必要がある環境での使用は推奨できません。音が鳴らないようになっているメカニカルもありますので、探せばメカニカル採用でも静かなキーボードはありますが、たいていは音が鳴るようになっています。

静電容量無接点

静電容量無接点は、静電容量の変化で入力を判断します。物理的な接触でキーの入力を判断しないので、音が静かで耐久性があり、二重入力がありません。高価なキーボードでよく採用されていますが、優れた方式であり、快適なキーボード入力を実現できますので、予算に余裕があれば、選択候補に入れておきたいです。


キャンペーン情報
富士通
・納涼セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の8大特典
(8月23日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で26%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(9月6日迄)

キーボード、マウスの選び方



コラム - 周辺機器