Windows XP のエディションの選び方

最終更新日 2014年12月01日
※この記事の内容は、古くなった情報のため、最新のパソコンを選ぶ時に参考になるものではありません。

Windows XP の主要エディション

Windows XP には主に Home Edition と Professional と Media Center Editon があり、その違いは WindowsXPホームページ で確認できます。他にも異なるエディションが存在しますが、販売されているパソコンにインストールされているエディションは、たいていこれら3種類のエディションの中のどれかです。

一般的に個人で使うには HomeEdition で十分です。あとから他のエディションに移行するのも簡単にできまが、お金がかかりますので最初に決めておくのが無難です。

Windows XP Service Pack

Windows XP において、同じ名前でも Windows XP は常に進化しています。それは OS は複雑な仕組みで成り立っており、細かいところまでチェックするのは難しく、OS に欠陥が存在するのは避けられない問題ですので、欠陥が見つかるたびにその修正が行われるからです。といってもあまり大きな変化がみられるほど修正が行われることはあまりありません。普段と同じ使い方のままでいい修正がほとんどです。もちろんこの修正には料金はかかりません。

Windows XP SP1 ( Service Pack 1 )、Windows XP SP2 ( Service Pack 2 )、Windows XP SP3 ( Service Pack 3 ) が登場しましたが、Windows SP2 から随分とセキュリティが強化され、ますますコンピュータウイルスやクラッカーからの防衛が万全になりました。

今後の動きですが、既に Windows XP の販売は終了していることもあり、Windows XP SP3 にて最後になると思われます。



デル株式会社