地上アナログ放送に欠かせない画質処理機能

最終更新日 2014年12月01日
※この記事の内容は、古くなった情報のため、最新のパソコンを選ぶ時に参考になるものではありません。

4つの重大機能

地上アナログ放送の映像を液晶モニター等できれいに表示するために画質処理機能は重要です。主に3次元Y/C分離、ゴーストリデューサー、デジタルノイズリダクション、タイムベースコレクタがあります。

テレビ機能が付いているパソコン購入する場合は、できれば4つ全ての機能がついているのを選びたいです。しかし、これらの機能がついているテレビパソコンほど価格が高いですが、これらの画質処理機能がついているのとついていないものでは、ひと目でわかるぐらい画質が違います。

3次元Y/C分離は、色と明るさの信号を分離して処理する機能で、これにより色のにじみ等を抑え鮮明な映像が得られます。

ゴーストリデューサーは、電波の乱れによって生じる映像が二重に見える等の映像の乱れを抑えます。

デジタルノイズリダクションは、撮影や放送などによって生じたノイズを前後の映像からノイズを抑え、これによりクリアな映像が得られます。

タイムベースコレクタは、映像信号の乱れによる映像の乱れを抑えます。例えばテープの劣化による画面のブレや色むらを抑えることができます。



デル株式会社