Windows Vista Capable 付きパソコンとは

最終更新日 2014年12月01日
※この記事の内容は、古くなった情報のため、最新のパソコンを選ぶ時に参考になるものではありません。

Windows Vista Capable 付きパソコンなら Windows Vista が正常に動作する

Windows XP の後継にあたる Windows Vista が発売される前に、Windows Vista へのアップグレードを踏まえたモデルが、各メーカーやパソコンショップで販売されました。

そのようなモデルには、Windows Vista Capable と表示されており、消費者が見れば一目瞭然となるように、アピールして販売されていました。

なぜこのような販売手法がとられたかと言うと、Windows Vista は、Windows XP と比べてパソコンに要求するスペックがかなり高かったからです。

当時は、Windows XP が正常に動くモデルでも、Windows Vista は正常に動くレベルに達していないモデルが多かったので、消費者にとってわかりやすいように選んでもらえる事が、一つの狙いでした。

もし、Windows Vista Capable 付きモデルが無かったら、Windows Vista へのアップグレードを考えている消費者はパソコンのスペックと、Windows Vista が要求するスペックを比較して選ぶ必要があり、特にパソコン初心者にとっては、パソコンを選ぶ作業が難しくなっていたでしょう。

ある誤解を生んだ Windows Vista Capable

Windows Vista Capable は、Windows Vista の最下位エディションである Home Basic が正常に動く事を意味していましたので、上エディションの Home Premium 等も正常に動くと誤解される可能性がありました。

Windows Vista は、Home Basic より上の Home Premium 等を利用するのが一般的でしたので、Windows Vista Capable に Home Premium 等のインストールして、正常に動かず、はじめて Windows Vista Capable の意味に気づいた方も珍しくなかったようです。

ちなみに、Home Premium 等の上位エディションが正常に動くとされたパソコンには、Windows Vista Ready と表示されて販売されていました。両者の存在に気づかずに購入した方もいたようで、当時はよく調べないと、わかりにくい販売状況になっていたと思います。


デル株式会社