国内メーカーへのこだわりを捨てて節約

最終更新日 2017年11月17日

信頼できる、品質が良いから国内メーカーを選ぶ

某知人は国内メーカーのパソコンを買い続けていました。某知人とパソコンの話題になると、某知人は国内メーカーを選ぶ理由は信頼できる、品質が良いから、さらには海外メーカーのパソコンは信頼性や品質が低そうと言うことがありました。

まるで昔の自分を見ているようで、次に買い替える時にでも海外メーカーのパソコンを買ってみてはどうかと内心思いましたが、国内メーカーと海外メーカーそれぞれ良いところと悪いところが異なり一概にどちらの方が良いとは言えず、また政治と宗教の話のような感じになりそうなので海外メーカーをおすすめすることはしませんでした。

私が使っているパソコンについて聞かれたら海外メーカーのパソコンも使っていると答え、信頼性や品質はどうかについても聞かれたら特に問題を感じることはなかったと答えましたが、海外メーカーも国内メーカーと同じくらい信頼できる、品質が良いとまでは言いませんでした。

海外メーカーのパソコンを買って満足

その後、某知人は海外メーカーのパソコンを思い切って買ったことを話してきました。海外メーカーの方がコストパフォーマンスが高いので国内メーカーを選ぶよりも安く買えたことに満足していました。

長期間使ってみないとわからないところがありますが、信頼性や品質についても問題を感じなかったようで、また買い替える時も海外メーカーを選ぶつもりのようでした。

某知人はまるで何かから解放されたようで、パソコンの選択肢が広がり楽になったようでした。

海外メーカーを選べば予算を減らせる

過去の私もそうだったのですが国内メーカーの方が信頼できて品質が良いと思い、海外メーカーを選ぶことに抵抗を感じるのは無理もないと思います。

パソコンに限らず国内メーカーは長年信頼を築いてきた歴史があり品質に定評があります。しかし、国内メーカーだけが信頼性、品質が高いと判断するのはどうかと思います。今では海外メーカーも信頼性、品質が高いです。

まだまだ信頼性や品質で選ぶなら国内メーカーを選ぶ方が良い商品ジャンルは多いでしょうが、少なくともパソコンに関してはもはや当てはまりません。

今でも信頼できる、品質が高いことを理由に国内メーカーを選ぶ人が多いと思われますが、それで良いのか考え直す時代が来ていると思います。

海外メーカーは信頼性、品質が低いと判断して避けてしまってはメーカーの選択肢が狭まります。海外メーカーはコストパフォーマンスが高いので節約できます。国内メーカーを選ぶと予算を減らすチャンスがなくなります。

パソコンは信頼性と品質だけで選ぶものではなくサポートの良し悪し等も考慮しなければなりませんが、完全とまではいかなくても海外メーカーも信頼性、品質が高いと受け入れることができたら、国内メーカーだけでなく海外メーカーも選択肢に入れると良いです。


キャンペーン情報
富士通
・歳末大感謝セール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(12月13日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で26%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(1月31日迄)