高性能パソコンを買うなら国内大手メーカーを選ばない方が良い理由

最終更新日 2017年10月20日

国内大手メーカーとは

以下は、主な国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドです。(2017年10月1日時点)

国内メーカー NEC、エプソン、東芝、VAIO、パナソニック、富士通、マウスコンピューター
海外メーカー エイサー、エイスース、デル、ヒューレット・パッカード、レノボ
ショップブランド サイコム、ツクモ、ドスパラ、パソコン工房

国内メーカーの中でパソコンのシェアが大きいところを国内大手メーカーとするなら、NEC、東芝、富士通が当てはまります。

パソコンのシェアが小さくても代表的な国内メーカーも国内大手メーカーに含め、NEC、エプソン、東芝、VAIO、パナソニック、富士通を国内大手メーカーとします。

VAIO は、ソニーのパソコン事業から独立した国内メーカーであり代表的な国内メーカーとは言えません。しかし、VAIO がソニーのパソコンブランドだった頃から VAIO は有名であり、まだまだ多くの人が VAIO と聞いたらパソコンをイメージするでしょうから、国内大手メーカーに VAIO も含めるとします。

国内大手メーカーはコストパフォーマンスが低い

基本的にパソコンは性能が高くなるほど価格も高くなります。パソコンの低価格化が随分と進みましたが、まだまだ高性能パソコンはお手頃価格ではありません。

誰しもが高性能パソコンをできるだけ安く買いたいでしょうが、それなら国内大手メーカーを選ばない方が良いです。なぜなら、国内大手メーカーのパソコンはコストパフォーマンスが低いからです。

コストパフォーマンスとは、性能と価格との比です。コストパフォーマンスが低いとは性能の割に価格が高いことを意味し、逆にコストパフォーマンスが高いとは性能の割に価格が低いことを意味します。

コストパフォーマンスが低いメーカーAとコストパフォーマンスが高いメーカーBがあるとします。同じくらいの性能であれば、コストパフォーマンスが高いメーカーBの方が価格が安いです。

厳密にはコストパフォーマンスはメーカーによって異なるだけでなく、パソコンのタイプによっても異なります。例えば、デスクトップパソコンのタワー型と据え置きノートパソコンは、コストパフォーマンスが異なります。

性能以外にコストをかけている等、コストパフォーマンスを左右する要素は他にもありますが、何にせよ高性能パソコンを買うなら予算を抑えるためにコストパフォーマンスが高いメーカーやショップブランドで選ぶ方が良いです。

低性能パソコン、平均的性能パソコンでも、できるだけ安く買いたければコストパフォーマンスが高いメーカーやショップブランドで選ぶ方が良いですが、性能が低ければ価格も低くコストパフォーマンスの違いで生じる価格差が小さくなりますので、コストパフォーマンスの高さにこだわる必要性は低くなります。

高性能パソコンだと価格が高く、コストパフォーマンスの違いで生じる価格差が大きくなってきます。コストパフォーマンスが低い某メーカーとコストパフォーマンスが高い某メーカーを比べたら、10万円以上の価格差が見られることもあります。

価格差の許容範囲は人それぞれですが、10万円以上はもちろん数万円の価格差でも大きいので、高性能パソコンを買うならコストパフォーマンスの高さにこだわる方が良いです。

コストパフォーマンスが高い主なメーカー、ショップブランド

以下は、主な国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドを、コストパフォーマンスが高い低いで分けた一覧です。

  コストパフォーマンス高 コストパフォーマンス低
国内メーカー マウスコンピューター NEC、エプソン、東芝、VAIO、パナソニック、富士通
海外メーカー エイサー、エイスース、デル、ヒューレット・パッカード、レノボ -
ショップブランド サイコム、ツクモ、ドスパラ、パソコン工房 -

ただし、全てのパソコンがコストパフォーマンスが高いとは限りません。例えば、デルでは PC ゲーム向けの高性能パソコンがあり、ALIENWARE(エイリアンウェア)というブランド名が付けられていますが、ALIENWARE はコストパフォーマンスが低いです。

コストパフォーマンスが高い故のデメリット

コストパフォーマンスが高ければ安かろう悪かろうに当てはまるのではないかと思う人が多いと思われます。

特に価格が安ければ故障しやすいのではないか、この不安を感じる人が多いと思われますが、パソコンの故障率はメーカーやショップブランドによって大きく異なることはなく同じくらいです。

コストパフォーマンスが高いメーカーやショップブランドは、マニュアルの内容が少ない等、価格を安くするためにコストを削減している印象を受ける点が見られますが、最も注意が必要な点はサポート、アフターサービスの質が劣ることです。

電話サポートのつながりやすさ、メールでの問い合わせに対する回答の早さ、修理に出してから戻ってくるまでの早さ等、これらのサービスが高い質であることを期待しない方が良いです。

サポート、アフターサービスに対し高い質を求めるなら、価格が高く予算が増えますがコストパフォーマンスが低い国内大手メーカーを選ぶ方が良いです。

性能以外の付加価値

できるだけ高性能パソコンを安く買いたいとしても、予算を増やしてコストパフォーマンスが低い国内大手メーカーを選ぶ方が良い場合があります。

例えば、高性能モバイルノートパソコンを安く買うためにコストパフォーマンスが高いメーカーを選ぶとします。

モバイルノートパソコンは、本体の軽さやバッテリー駆動時間の長さが重要になってきますが、コストパフォーマンスが高いメーカーだと比較的本体が重くバッテリー駆動時間が短いです。

コストパフォーマンスが低い国内大手メーカーには、比較的本体が軽くバッテリー駆動時間が長いモバイルノートパソコンが多く見られます。

もしモバイルノートパソコンに高い性能だけでなく本体の軽さやバッテリー駆動時間の長さを求めるなら、価格が高く予算が増えますがコストパフォーマンスが低い国内大手メーカーを選ぶ方が良いです。

モバイルノートパソコンに限らず他のタイプのパソコンでも、性能以外にもコストをかけて付加価値を高めている国内大手メーカーが存在します。

その付加価値が自分にとって納得できるものであれば、コストパフォーマンスが低い国内大手メーカーを選ぶのも悪くはありません。


キャンペーン情報
富士通
・ボーナスセール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(11月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で23%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(11月29日迄)