ソーテックのパソコンは買わない方がいいものだった?

最終更新日 2018年08月29日

ソーテックのパソコンは買わない方がいいものだったか

パソコンメーカーにソーテックが存在しましたが、ソーテックの評判は悪くソーテックのパソコンは買わない方がいいという意見がインターネット上でよく見た記憶があります。

ソーテックのパソコンはコストパフォーマンスが高かったですが、何らかのコストを削っていたはずでありデメリットがあったはずです。パソコンに限らず安く買いたいなら安かろう悪かろうですので、デメリットがあっても買わない方がいいとまでは言えません。

しかし、コストパフォーマンスが高くても故障率が高すぎる、サポートの質が悪すぎる等の問題点があれば、買わない方がいいと言えます。

ソーテックのパソコンは買わない方がいいと言えるほど問題点があったのか、 ソーテック - Wikipedia を見てみると、以下のとおり書かれています。
主にOEMでPCを製造、販売していた株式会社ソーテックは1990年代後半、韓国の三宝コンピュータ(トライジェム)(韓国語版)製PCを当時破格の10万円以下で発売、一時期シェアを大きく伸ばした。しかし品質管理やサポート体制が販売量に追い付かずに問題となった。
品質管理に問題があったようですが、具体的にどのような問題があったのかわかりません。

シェアが大きく伸びたことで一時的にサポート体制が不十分となったなら、やむを得なかったと思いますが、サポート体制の不十分さが長期続いていたとしたら大きな問題だったと思います。

また、コストパフォーマンスを高くするためにサポートにかけるコストを抑えていたと思いますが、あまりにもサポートの質が悪すぎたのであれば大きな問題だったと思います。

Wikipedia の記事では、さらに問題点について以下のとおり書かれています。
同時にダイレクト販売も開始したが、下記の品質問題やiMacに酷似した一体型パソコン「e-one」の販売差止が痛手となり、また同社社名をもじった「ウソテック」や「総鉄屑」といったあだ名(インターネットスラング)も登場。また、同社ユーザ間に被害者同盟が結成されたりソーテックの体質を批判するアンチサイトが登場[3]するなど同社は著しく株を落とし、その結果筆頭株主が三宝からキョウデンに交替しキョウデングループ入りした。

(略)

しかし品質管理の甘さ(これは後年ソーテック自身が認める事になる)により多くのクレームを引き起こした。サポートの電話も混雑して繋がらず、ソーテックも「電話、1台しかないんか!」と題する自虐的広告を出す程だった[4]。その結果知名度は上昇したが、皮肉にも売上高は急降下することとなる。
「e-one」の販売差止は業績に悪影響を与えただけでなく、ソーテックに対するイメージや好感度が低下したと思います。iMac のデザインと酷似したパソコンを販売するパソコンメーカーのパソコンを買わない方がいいという意見もあったでしょうが、品質やサポートに問題がなければ買わない方がいいとまでは言えなかったと思います。

当時のインターネット上にてソーテックはどのように言われていたか覚えていませんが、「ウソテック」や「総鉄屑」等のあだ名、ソーテックに対するアンチサイトが存在していたようです。

昔から今でも特に大手パソコンメーカーであれば、インターネット上で悪評は多く見つかります。ソーテック以外のパソコンメーカーに対するアンチサイトは過去に存在したか、または今でも存在するかどうかわかりませんが、仮にアンチサイトがあったとします。悪評やアンチサイトの内容が事実かどうか見極めるのは難しく、悪評が多くアンチサイトがあっても特定のパソコンメーカーのパソコンを買わない方がいいとまでは言えません。

当時のソーテックに関しても、インターネット上の悪評やアンチサイトの内容は参考程度に留めておけば良かったかもしれませんが、後年ソーテック自身が認めるほど品質管理の甘さがあった、サポートの質の悪さを自虐する広告をソーテック自身が出していたようですので、ソーテックのパソコンは買わない方がいいと言えるほど問題があった可能性が高いです。

Wikipedia の記事では、 News:「電話,1台しかないんか!」――もう大丈夫!?ソーテックのサポート体制 を参考文献にあげており、品質やサポートに関してどのような問題があったか詳しく書かれていないか見てみます。

この記事によると、2000年の初頭にサポートの電話がつながらないという問題が発生したそうです。なせこのような問題が発生したのか、以下に書かれている内容からわかります。
ソーテック・イー・サービスの佐藤滋俊常務は,ユーザー増加によってサポートが大きく混乱した当時を象徴するエピソードとして「本社機能がある横浜のランドマークタワーは,内部の電話が全て内線でつながった巨大なPBXとなっている。それが,当社にかかってきたサポート電話のせいでパンク状態となり,他の企業の電話までが全然つながらなくなってしまった。以後,同じようなことがあっては困るということで,ランドマークタワーで初めて専用線を引いたのが当社」と語る。

同社では,このようなサポート体制を打破するために,2000年6月にサポート専門会社「ソーテック・イー・サービス」を設立。コールセンターの増強などで,サポート電話の接続率は徐々に改善した。「ひどい時には1%を割っていたサポート電話の接続率も,今年2月の時点では61%にまで向上している」(佐藤氏)。
サポート電話の接続率はひどい時には1%を割っていたそうです。ひどい時とはどれくらいの時間の長さだったのか、平均的な接続率はどれくらいだったのかわかりませんが、諦めようと思えるほどサポート電話になかなかつながらなかったと思われます。

サポートの電話以外では、修理品の品質の問題が発生したそうです。
だが今度は,修理品のクオリティ問題が発生。2001年初頭には,修理に1カ月以上もかかった上に,修理から戻ってきた製品が,実は直っていなかったというケースも出た。「修理品が直っていないというトラブルで販売店が激怒し,九州から北海道にまで急きょ謝りにまわったということもあった」(佐藤氏)。
修理に1カ月以上もかかった上に実は直っていなかったというケースはどれくらいの割合発生したのかわかりませんが、全国各地の販売店に謝りに行ったということは、相当ひどかったと思われます。

この記事に書かれていなかったからソーテックのパソコンは他のパソコンメーカーと比べて故障率が高かったという問題はなかったとは言えませんが、もしかしたら故障率は突出して高かったということはなかったかもしれません。

しかし、 なんでApple製品は粗悪品ばかりなん… - Apple コミュニティ によると、過去にマルチメディア総合研究所が行った、各パソコンメーカーの初期不良率や故障率を調査した結果があるようで、ソーテックの初期不良率や故障率は高かった可能性があります。
初期不良と修理に関する第三者機関の調査結果です。
http://www.m2ri.co.jp/newsreleases/1101.htm
順位 分類   初期不良率(%) 同件数(件) 販売台数(台)
1  アップル   0.42       5      1,190
2  日本IBM 0.71       10      1,400
3  NEC    1.24       32      2,590
4  ソニー    1.27        34      2,670
5  富士通    1.74        23      1,320
6  ソーテック 4.97       77      1,550
※初期不良率=初期不良件数÷販売台数
順位 分類   故障率(%) 修理件数(件) 販売台数(台)
1  ソニー    1.20    32     2,670
2  日本IBM 2.36     33      1,400
3  アップル   2.52     30       1,190
4  NEC    3.09     80       2,590
5  富士通   3.79    50      1,320
6  ソーテック 5.48     85      1,550
※修理件数は証期間内外の合計、故障率=修理件数÷販売台数
ソーテックの初期不良率が群を抜いており、故障率も最悪です。
また修理対応も遅く、最後がソーテックという順序だそうです
マルチメディア総合研究所へのリンクがリンク切れなので、いつ行われた調査なのか、調査対象先等はわかりませんが、ソーテックの初期不良率と故障率どれも他のパソコンメーカーよりも無視できないほど差が大きく、特にソーテックは初期不良率が高いです。

この調査結果だけでソーテックのパソコンは初期不良率や故障率は高かったと断定はできませんが、当時は初期不良が多い、故障しやすいという意見をインターネット上以外でもよく聞いた記憶がありますので、本当だった可能性があります。

当時のコストパフォーマンス事情を覚えていませんが、恐らくアップル、NEC、ソニー、富士通はコストパフォーマンスが低かったと思います。価格差を考えたら、初期不良率や故障率が多少高くてもやむを得ない気はします。覚えていませんが、もし日本IBMもソーテックも同じくらいコストパフォーマンスが高かったとしたら話は違ってきます。

以上をまとめると、ソーテックのパソコンは初期不良率と故障率が高い、サポート電話がつながりにくく、修理に出すと時間がかかる上に直っていないトラブルが多いという問題があったと思われますので、ソーテックのパソコンは買わない方がいいと言えたと思います。

ただし、絶対に買わない方がいいとまでは言えなかったと思います。ソーテックは安かろう悪かろうを地で行くパソコンメーカーであることを納得した上なら買ってもよかったと思います。

ソーテックは品質やサポートの問題の改善に努めたと思われますので、その後はソーテックのパソコンは買わない方がいいとまでは言えなくなった可能性はあります。


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で11〜23%OFF等の10大特典
(10月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で20%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で23%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で27%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で27%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C2 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で28%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月24日迄)

パソコンメーカーの評価、評判



デル株式会社