メインメモリーのXMPとは?

最終更新日 2018年04月09日

メインメモリーの XMP とは何か

オーバークロックに対応しているメインメモリーは、オーバークロックになるように設定しても設定内容が適切ではないと性能が向上しません。

XMP(eXtreme Memory Profile)と呼ばれるプロファイルを利用すれば、簡単に適切な設定を行えます。

オーバークロックに対応しているメインメモリーの多くは XMP に対応しており、XMP に対応しているならメインメモリーに XMP が保存されています。

XMP を利用する場合は、マザーボードにてメインメモリーから XMP を読み込むことで適切な設定ができます。ただし、マザーボードが XMP に対応していないと XMP を利用できません。

XMP に対応しているメインメモリーとマザーボードを使いオーバークロックするなら、オーバークロックしても性能向上しないことが起きないよう簡単に設定できますので、XMP を利用して設定すると良いです。

・XMP とはオーバークロックの設定を簡単にできるプロファイル


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集
軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートもお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
Dell
・夏のボーナスセール
直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・ボーナスセール
ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出
(6月28日迄)
パソコン工房
・アーリーサマーセール
スタッフ厳選BTOパソコンが大幅プライスダウン
(6月26日迄)

メインメモリー基礎知識



デル株式会社