高性能デスクトップ同等性能のノートを選ばない方が良い理由

最終更新日 2017年10月28日

高性能デスクトップパソコンと同等の性能をノートパソコンでも持つことができる

パソコンは大まかにデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレットPCに分けることができます。

高性能パソコンが欲しいならデスクトップを選ぶ必要がある理由 にて高性能パソコンが欲しいならデスクトップパソコンを選ぶ必要があると記載しましたが、その理由は簡単に言えばパソコンの性能を大きく左右する CPU は性能が高くなるほど発熱量が大きくなり、発熱量が大きい高性能 CPU はデスクトップパソコンには搭載できてもノートパソコン、タブレットPCには搭載できないからです。

しかし、厳密に言えばデスクトップパソコン向けの高性能 CPU でもノートパソコンに搭載可能であり、昔からデスクトップパソコン向け高性能 CPU を搭載したノートパソコンが発売されてきました。

最高クラスの性能を持つデスクトップパソコン向け CPU を搭載したノートパソコンは見られませんが、一般的に高性能と呼ばれるデスクトップパソコンの性能であれば、それと同等の性能をノートパソコンでも持つことができます。

高性能パソコンを求める人は、CPU の性能だけでなくビデオチップ(GPU)のグラフィックス性能にも高いレベルを求める人が多いと思われます。

グラフィックス性能が高いビデオチップが必要であれば、昔はデスクトップパソコンを選ぶしかありませんでした。その理由は、グラフィックス性能が高いビデオチップはビデオカードに実装され、ビデオカードはデスクトップパソコンには搭載できますがノートパソコンには搭載できないからです。

ノートパソコンではマザーボードにビデオチップが実装されますが、そのようなノートパソコン向けビデオチップでも、ビデオカードに実装されるビデオチップと同等なグラフィックス性能を持てるようになり、グラフィックス性能が高いビデオチップが必要でもノートパソコンも選択肢に入るようになりました。

最高クラスのグラフィックス性能を持つデスクトップパソコン(ビデオカード)向けビデオチップと同等なグラフィックス性能を持つノートパソコン向けビデオチップはありませんが、一般的に高いグラフィックス性能を持つと言えるデスクトップパソコンであれば、ノートパソコンでも同等なグラフィックス性能を持てます。

ノートパソコンだとコストパフォーマンスが低すぎる

高性能パソコンが欲しいがデスクトップパソコンではなくノートパソコンを選びたい人にとっては、高性能デスクトップパソコンと同等の性能を持つノートパソコンを選びたいところですが、コストパフォーマンスを考慮するとデスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。

基本的に性能の高さに関わらずノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方がコストパフォーマンスが高く安く買えますが、性能が高くなるほどコストパフォーマンスの差が際立ってきます。

高性能デスクトップパソコンと同等の性能を持つノートパソコンを比較すると、10万円以上の価格差や20万円以上の価格差が見られることもあります。(2017年10月1日時点)

ノートパソコンには液晶ディスプレイがある等、デスクトップパソコンにはない点があることを考慮しなければなりませんが、考慮してもノートパソコンはかなりコストパフォーマンス低く価格が高いです。

いずれ高性能デスクトップパソコンと同等の性能を持つノートパソコンの値下がりが進み、両者のコストパフォーマンスの差を気にする必要性が低くなるかもしれませんが、その時が来るまではノートパソコンを選ばない方が良くデスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。

デスクトップパソコンの方が安心して使えて静か

ノートパソコンはデスクトップパソコンよりも冷却性能が劣りますので、ノートパソコンに発熱量が大きい高性能 CPU、高性能ビデオチップを搭載すると高温になって性能低下や最悪故障しやすくなるのかどうか懸念があります。

デスクトップ用CPU、GPU搭載ノートは発熱で性能低下するのか にて詳しく記載していますが、冷却性能が不足することがないノートパソコンであれば発熱による性能低下は心配する必要はありません。

しかし、仮に発熱により性能低下するとしても、そのようなネガティブな情報をメーカーが言うわけなく、発熱により性能低下するかどうかは実際に使ってみないとわかりません。

体感できるほど発熱により性能低下することは致命的欠陥であり、そのような欠陥を持つノートパソコンをメーカーが発売するとは考えにくいですが、どうしても確かめたいのであれば負荷をかけ続けて発熱により性能低下しないかどうか調べた結果がないかどうかインターネット等で調べる方法があります。

発熱により性能低下しなくても、高性能 CPU、高性能ビデオチップから発生した大きな熱量が他の PC パーツへ悪影響を与え故障しやすくなるのかどうかについての懸念が残ります。

高性能デスクトップパソコンと同等の性能を持つノートパソコンは故障しやすいと示すデータは見られませんので、真偽はわかりません。(2017年10月1日時点)もしノートパソコンだと不安に感じるなら、デスクトップパソコンの方が安心して使えます。

パソコンから発生する動作音は冷却ファンだけではありませんが、中でも冷却ファンから発生する動作音が大部分を占めており、基本的に冷却ファンの動作音を抑えるためには冷却ファンのサイズを大きくする必要があります。

ノートパソコンは本体サイズが小さくて内部スペースが狭く、負荷がかかり発熱量が大きくなると小型の冷却ファンが高速に回転するため動作音が大きいです。

コストパフォーマンスだけでなく安心性や静音性も考慮すると、よりノートパソコンを選ばない方が良くデスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。


キャンペーン情報
富士通
・ボーナスセール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(11月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で23%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(11月29日迄)