一体型デスクトップパソコンはおすすめなのか - おすすめデスクトップパソコン

最終更新日 2015年11月04日

人気が高い一体型デスクトップパソコン

デスクトップパソコンには、タワー型、省スペース型、キューブ型、一体型、コンパクト型、スティック型があります。

国内メーカーは、一体型デスクトップパソコンを、デスクトップパソコンの主力として販売し始め、海外メーカーも一体型デスクトップパソコンの販売に力を入れるようになりました。ショップブランドでは、一体型デスクトップパソコンは無きに等しいです。

一体型デスクトップパソコンの人気は高く、各ショップの売れ筋ランキングを見ると、一体型デスクトップパソコンがよく見られますが、デスクトップパソコンを選ぶ場合に一体型デスクトップパソコンはおすすめなのか気になるところです。

一体型デスクトップパソコンに限らず、どんなタイプのパソコンも、おすすめできる人にはおすすめできますし、おすすめできない人にはおすすめできません。

一体型デスクトップパソコンには、特有の特徴がありますので、その特徴があっても問題が無いユーザーであれば、一体型デスクトップパソコンはおすすめです。

一体型デスクトップパソコンの特徴

液晶ディスプレイと本体が一体になっている

一体型デスクトップパソコンは、液晶ディスプレイと本体が一体になっています。一体になっている事で、設置スペースや接続ケーブルの数を抑えられます。

また、大画面サイズの一体型デスクトップパソコンだと重くて大変ですが、他のタイプのデスクトップパソコンよりは、室内での移動がしやすいです。

PC パーツの増設や交換は難しい

一体型デスクトップパソコンには、拡張性は無きに等しいです。拡張ベイや拡張スロットはありませんので、増設できるとしてもメインメモリーくらいです。

また、一体型デスクトップパソコンは、基本的にノートパソコン用の PC パーツで構成されています。ノートパソコン用の PC パーツは、ほぼ市販されていなく入手が難しいです。

また、入手できたとしてもユーザーによる交換を考慮して作られていませんので、交換は難しいです。交換に関しても、できるとしてもメインメモリーくらいです。

性能が低い

パソコンの性能を大きく左右するのは CPU とビデオチップです。一体型デスクトップパソコンには、基本的にノートパソコン用 CPU とビデオチップが搭載されており、これらは発熱量と消費電力を抑えるために性能が犠牲になっています。

ノートパソコン用 CPU やビデオチップでも、性能が高い方であれば、性能が低い方のデスクトップパソコン用 CPU やビデオチップ(ビデオカード)よりは性能が高いですが、性能が高い方のデスクトップパソコン用 CPU やビデオチップ(ビデオカード)には勝てません。

コストパフォーマンスが低い

一体型デスクトップパソコンは、基本的にノートパソコン用の PC パーツで構成されており、小型化や軽量化、発熱量と消費電力を抑える事にコストがかかりますので、デスクトップパソコン用の PC パーツと比べるとコストパフォーマンスが低いです。

一体型デスクトップパソコンには液晶ディスプレイの価格も含まれるため比較は難しいですが、タワー型デスクトップパソコンと比べると、同程度の性能と同程度の液晶ディスプレイをそろえるなら、一体型デスクトップパソコンの方が必要な予算が大きくなります。

一体型デスクトップパソコンの注意

一体型デスクトップパソコンで最も注意が必要なのは、PC パーツの増設や交換は難しい事です。自分で PC パーツの増設や交換を行って機能や性能を上げたい、故障した場合に自分で修理したいユーザーには、一体型デスクトップパソコンはおすすめできません。

自分が気に入った外付け液晶ディスプレイを使いたい方にも一体型デスクトップパソコンはおすすめできません。映像出力端子がある一体型デスクトップパソコンであれば、外付け液晶ディスプレイを接続して使用できますが、はじめから外付け液晶ディスプレイの使用を前提にデスクトップパソコンを選ぶなら、一体型デスクトップパソコンの液晶ディスプレイ部分に余計な出費がかかります。

性能が低い点は、タワー型デスクトップパソコンでないと得られないような高性能を必要としなければ問題ありません。高性能な一体型デスクトップパソコンであれば、負荷が大きい PC ゲームや動画、画像編集作業も十分快適に行えます。

コストパフォーマンスが低い点は、誰しもが気になるところです。少しでも予算を抑えてパソコンを購入したい方には一体型デスクトップパソコンはおすすめできません。 一体型デスクトップパソコンである必要が無く、コストパフォーマンスの高さを重視するなら、タワー型や省スペース型、キューブ型デスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。コンパクト型デスクトップパソコンは、コストパフォーマンスが低いです。

ノートパソコンよりも、おすすめな点

一体型デスクトップパソコンは、簡単に言えばノートパソコンでも構わないが、パソコンを室内の決めた場所に設置して使うユーザーに向いています。

それなら、ノートパソコンでも良いのですが、一体型デスクトップパソコンには画面サイズ20インチ型を超える大画面液晶ディスプレイ搭載モデルがあります。ノートパソコンなら、選べるのは画面サイズ17インチ型くらいまでです。

また、自分が気に入ったキーボードを別途で用意して気軽に交換できるのも一体型デスクトップパソコンのメリットです。

ノートパソコンでも外部インターフェースを利用すれば、外付け液晶ディスプレイやキーボードを接続して使用できますが、はじめから大画面液晶ディスプレイの使用や、キーボードの交換を想定して選ぶなら、一体型デスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

おすすめ一体型デスクトップパソコン販売ショップ

一体型デスクトップパソコンは、国内メーカーと海外メーカーにて販売されています。テレビ機能がある一体型デスクトップパソコンを選びたい場合は、海外メーカーでは販売されていないため国内メーカーで決まりです。

コストパフォーマンスを重視するなら、海外メーカーがおすすめです。
NEC
NEC は、日本に初めてパソコンが登場した頃からパソコンの製造を行い続け、国内トップクラスの高いシェアを獲得しているパソコンメーカーです。

高機能テレビ、高画質液晶ディスプレイ、高音質スピーカーが搭載されていて国内メーカーらしい完成度の高い一体型デスクトップパソコンを販売しています。
(2015年8月31日時点)
富士通
富士通は、品質を追求したモデルを開発して販売し、信頼性の高さが評価され個人向けでも法人向けでも高い国内シェアを獲得しているパソコンメーカーです。

テレビ視聴や写真と動画の閲覧、編集をしやすい綺麗な画質の液晶ディスプレイ搭載モデルや、高音質スピーカー搭載モデルがそろっています。 (2015年10月21日時点)
Dell
デルは、徹底的なコスト削減によってコストパフォーマンスの高さをいち早く実現したパソコンメーカーです。

一体型デスクトップパソコンもコストパフォーマンスの高さは健在であり、高性能モデルも安く買えます。
(2015年8月31日時点)


キャンペーン情報
富士通
・特別決算セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の9大特典
(9月20日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で30%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で29%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月17日迄)

おすすめデスクトップパソコン