サポート、アフターサービスが悪くても問題ないユーザーの条件 - おすすめメーカー、ショップブランド

最終更新日 2015年11月06日

条件が満たせれば、コストパフォーマンスが高いパソコンを狙える

選んだメーカーやショップブランドでパソコンを購入する場合、サポートやアフターサービスが良いかどうか気にする方もいると思われます。

気にするなら、サポートやアフターサービスが良いメーカーやショップブランドを選べば良いですが、サポートやアフターサービスが良ければコストパフォーマンスは低い傾向があります。コストパフォーマンスが高ければ、サポートやアフターサービスにかけるコストを削減しているものですので、サポートやアフターサービスが悪い傾向があります。

予算を抑えるために、たとえサポートやアフターサービスが悪くても構わないと判断できれば、コストパフォーマンスが高いメーカーやショップブランドで購入できます。

そう判断するために、自分はサポートやアフターサービスが悪くても気にする必要がないユーザーかどうか考えてみるのがおすすめです。そのユーザーであるためには、以下の条件を満たすのが望ましいです。

・OS やソフトウェア関連のトラブルを自己解決できる
・修理に出す必要があるか自己判断でき、説得できる
・修理に出したパソコンが1ヶ月以上戻ってこなくても問題ない
・多少雑な話し方や言葉遣いでも不満を感じない

OS やソフトウェア関連のトラブルを自己解決できる

サポートやアフターサービスが悪ければ、なかなか電話がつながらない、メールで質問しても返ってくるのが遅い、解決へ導ける回答が得られない可能性が高いです。こうなってしまうと、パソコンで何か作業をしたくても、解決できるまで長期にわたって最悪何もできなくなってしまいます。

そのため、OS やソフトウェア関連のトラブルは自己解決できるのが望ましいです。ただし、ソフトウェアのバグで修正してもらう必要がある等、どうしても自己解決できないトラブルは除きます。

また、何もかも自分が持っている知識だけで解決できる必要があるとまでは言いません。OS やソフトウェア関連で起こりうるトラブルは膨大なため、調べて解決できる力があれば十分です。

特に役立つのがインターネットで調べる事です。よく起こるトラブルであれば、解決手段が記載されたウェブサイトが多数ありますので、検索エンジンを上手く活用できれば容易に見つけられます。

ただし、パソコンが1台のみで、トラブルでインターネットに接続できなければ調べられませんので、もう1台のパソコンやスマートフォン、タブレット端末等、他にインターネットに接続できる機器を所持している事も望ましいです。

修理に出す必要があるか自己判断でき、説得できる

サポートやアフターサービスが悪ければ、ハードウェアに修理が必要なトラブルが発生しても、それをなかなか認めてくれない可能性が高いです。

サポートやアフターサービスが良くても、修理せずに解決できるなら、そうした方が良いので、サポートは修理が必要かどうか慎重に判断しますが、サポートやアフターサービスが悪ければ適切な判断ができず、修理が必要なトラブルである事を説明しても、修理が必要となかなか認めてくれない可能性が高いです。

そのため、修理に出す必要があるか自己判断でき、かつサポートに説得できるのが望ましいです。修理に出す必要があるかの判断は難しいため、正確にできなくても問題ありません。判断が間違うかもしれないけど、間違いを恐れずに判断して説得できる自信がある程度で十分です。

例えば、パソコンの OS が起動しないトラブルの場合、OS 関連に問題があるのか、どこかのハードウェアに問題があるのか判断するのは難しい場合があります。

仮に自分とサポートの双方がハードウェアに問題があり修理が必要と判断し、メーカーやショップブランドにて修理の前に検証した結果 OS 関連の問題だったとしても、パソコンに発生したトラブルの問題箇所の特定は難しい事を考慮すればやむを得ません。

修理に出したパソコンが1ヶ月以上戻ってこなくても問題ない

サポートやアフターサービスが悪ければ、修理に出しても修理用の PC パーツが無くて入荷待ち等の理由で、なかなか修理から戻ってこない可能性が高いです。

そのため、長く見積もって修理に出したパソコンが1ヶ月以上戻ってこなくても問題ないのが望ましいです。

予備のパソコンが必要となりますが、自分の使用用途を満たす性能がある事も必要です。例えば、高負荷のゲームタイトルのプレイ用に購入したパソコンを修理に出している間、予備のパソコンでは性能不足でプレイできなければ、予備として使えません。

また、パソコンに保存したデータも1ヶ月以上戻ってこなくても問題ないのが望ましいです。修理に出す前にデータを移せれば良いですが、トラブルによっては移せない場合もありますので、重要なデータは定期的に外付けストレージにバックアップしておく、クラウドストレージ上に保存しておくといった使い方をしておく必要があります。

多少雑な話し方や言葉遣いでも不満を感じない

ユーザーとやり取りするサポートに、高い満足度につながる話し方や言葉遣いを身につけさせるためには多大なコストがかかります。サポートやアフターサービスが悪ければコストを大きく削減しているものですので、話し方や言葉遣いが多少雑な可能性が高いです。

そのため、多少雑な話し方や言葉遣いでも不満を感じないのが望ましいです。あまりにも雑であれば不満どころか怒りを覚えるのも無理はありませんが、話が通じれば良いくらいの許容範囲であれば、不満を感じにくいです。


キャンペーン情報
富士通
・ボーナスセール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(11月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で23%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(11月29日迄)

おすすめメーカー、ショップブランド