ビジネスマン向けの、おすすめパソコンとは - おすすめパソコン

最終更新日 2015年11月05日

ノートパソコンがおすすめ

パソコンには、大きく分けてデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット PC があります。外出先にパソコンを持ち運び使う必要があれば、ノートパソコンかタブレット PC を選ぶ必要があります。

外出先にパソコンを持ち運び使う必要が無くても、ノートパソコンかタブレット PC を選ぶ方が良いです。昔と違って情報セキュリティが厳しくなりましたので、仕事用にパソコンを購入しても会社に持ち運んで使うのが難しいですが、いつかパソコンを持ち運んで使う必要が生じる可能性を考慮し、ノートパソコンかタブレット PC を選ぶのがおすすめです。

ノートパソコンかタブレット PC どちらを選ぶかは悩みどころですが、キーボードがあるノートパソコンの方がおすすめです。やはりキーボードがあると文字入力がしやすく、生産性が向上します。

ノートパソコンのおすすめメーカー

予算度外視で選べるならパナソニックがおすすめ

仕事用のノートパソコンでは、少ない負担で持ち運べるよう軽くて薄い事が重要です。他にも重要な事は多く、仕事の生産性を高めるために、キーボードの品質、性能の高さも重要です。電源コンセントが無い環境でも長時間使えるようバッテリー駆動時間の長さも重要です。

持ち運ぶ際には、落下や衝撃が加わって故障してしまうリスクを減らすため頑丈性も重要であり、万一故障してしまった場合に備えてサポートやアフターサービスの質も重要です。

これら重要な点をハイレベルで満たすメーカーは少なく、その中で群を抜いているのがパナソニックです。パナソニックのノートパソコンは、パソコンの価格競争が激しい中、価格の高さが際立つ面がありますが、確かな良いものを提供しており、多くのビジネスマンに支持されています。

そこそこ良いもので妥協しパナソニック以外のメーカーのノートパソコンを選ぶなら予算を抑えられますが、パナソニックのノートパソコンを選ぶ事で生産性が高まり、故障のリスクが減り、万一の故障が発生しても質が高いサポートやアフターサービスを受けられる事を考えれば、高い買い物ではありません。

仕事にはコスト意識が重要で、ノートパソコンにかけるコストを抑える事は間違ってはいませんが、安いノートパソコンを選べば短期的なコスト削減には成功しても、長期的なコスト削減に貢献するかは分からなくなってきます。例えば、安いノートパソコンを選び、使用中に故障してしまい、大きな損失が発生してしまうかもしれません。

パナソニックのノートパソコンも絶対に故障しない訳ではありませんが、少しでも故障が発生するリスクを抑えておけば、仕事上の損失リスクも抑えられます。そのため、ノートパソコン購入は重要な投資であると認識し、価格が高くてもパナソニックのノートパソコンを選ぶのがおすすめです。

予算との兼ね合いで選ぶなら東芝、NEC、富士通、エプソンがおすすめ

パナソニックのノートパソコンでは予算が厳しくなるなら、東芝や NEC、富士通、エプソンのノートパソコンがおすすめです。これらのメーカーも、キーボードの品質、性能の高さ、バッテリー駆動時間の長さ、頑丈性、サポートやアフターサービスの質は、十分レベルが高いです。

パナソニックより価格が安いですので、予算との兼ね合いで選ぶなら、東芝や NEC、富士通、エプソンのノートパソコンがおすすめです。

予算を抑えて選ぶなら

予算を抑えて選びたい場合は、価格の安さを重視しているマウスコンピューターやアスース、エイサー、デル、ヒューレット・パッカード、レノボが選択肢に入ってきます。

これらのメーカーは、キーボードの品質、性能の高さ、バッテリー駆動時間の長さ、頑丈性、サポートやアフターサービスの質のレベルは、選ぶのを避けた方が良いほど低くはありません。

そこそこ良いものを安く提供しており、これらのメーカーで満足できる人から見れば、パナソニックや東芝、NEC、富士通、エプソンは、過剰と言えるほどレベルが高いです。

予算を抑える事を重視して選ぶなら、マウスコンピューターやアスース、エイサー、デル、ヒューレット・パッカード、レノボがおすすめです。

ノートパソコンのおすすめ仕様

パナソニックのノートパソコンには、様々なモデルがありますので、各モデルの仕様を確認して、どのモデルを選ぶか決める必要があります。

パナソニックのノートパソコンは、どのモデルもビジネスマンに適した仕様となっていますが、その中で自分に合うモデルを選ぶ事が重要です。

以下は、仕事用に使うノートパソコンのおすすめ仕様です。もし、どのモデルが自分に合うのか判断が難しい場合は、以下の仕様を満たすモデルを選ぶと良いです。

どうしてもパナソニック以外のメーカーのノートパソコンを選びたい場合でも、以下の仕様を満たすモデルを選ぶのがおすすめです。ただし、特に価格の安さを重視したメーカーでは、様々な仕様のレベルを落としていますので、全ての仕様を満たすモデルを選ぶのは難しくなります。

例えば、バッテリー駆動時間を長くするためにはコストが結構かかりますが、価格を安くするためにバッテリー駆動時間が短めになっている場合があり、予算を抑えて選ぶなら幾つかの仕様のレベルが低くても妥協する必要があります。

仕様 推奨仕様 補足
本体
重量 1.5kg 以下 軽いほど持ち運びしやすいが、バッテリー容量の増加、頑丈性の向上等で重くなるため、ある程度の重さに妥協が必要。
高さ 約 20mm 以下 薄いほど持ち運びしやすいが、薄くするとキーストロークが浅くなり、光学ドライブ搭載が難しくなるため、ある程度の厚さに妥協が必要。
液晶ディスプレイ
画面サイズ 12〜13インチ型 持ち運びしやすさと使いやすさのバランスが取れており、本体サイズが用紙の A4 サイズと同じくらいになり持ち運びがしやすい12〜13インチ型がおすすめ。
光沢性 非光沢(ノングレア) 屋外や照明器具が多い建物内で映りこみを抑えられるよう非光沢(ノングレア)がおすすめ。
駆動方式 IPS 色鮮やかで視野角が広くて見やすい IPS がおすすめ。
タッチパネル - ノートパソコンでは、タッチ操作は腕が疲れやすいため、タッチ操作が必要でなければタッチパネル非対応で問題なし。
解像度 FHD(1920×1080)以上 情報量を多く表示でき、文字等が高精細でくっきりと綺麗に見られる FHD(1920×1080)以上の高解像度がおすすめ。
キーボード
キーピッチ 17〜18mm 以上 文字入力しやすいよう 17〜18mm 以上がおすすめ。
キーストローク 約 1.5mm 以上 文字入力しやすいよう 1.5mm 以上がおすすめ。
基本仕様
CPU Core i3 以上 生産性を高められるよう Core i3 以上がおすすめ。Core i3 でも性能は十分であり、Core i5 や Core i7 を選ぶ必要性は低い。
メインメモリー 容量 8GB ほぼ容量不足になるリスクが無い容量 8GB がおすすめ。
ストレージ SSD 256GB 以上 持ち運ぶ際の故障リスクを抑えるため衝撃に強い SSD がおすすめ。容量は 256GB もあれば十分。
光学ドライブ - 仕事で CD や DVD 等を頻繁に使うなら、光学ドライブありがおすすめ。光学ドライブ無しでも、外付け光学ドライブを利用する手あり。
グラフィックス CPU 統合
グラフィックス
CPU 統合グラフィックスの性能で十分。
通信
無線 LAN IEEE802.11b/g/n IEEE802.11n の通信速度で十分。
BlueTooth 対応 マウス等の周辺機器と無線接続できるよう BlueTooth 対応がおすすめ。
メモリーカードスロット
対応カード - 仕事でメモリーカードを頻繁に使用するなら、メモリーカードスロットありがおすすめ。メモリーカードスロット無しでも、外付けメモリーカードリーダー/ライターを利用する手あり。
外部インターフェース
USB USB2.0 2つ以上 USB2.0 のデータ転送速度で十分。大容量ファイルのやり取りを頻繁に行うなら USB3.0 がおすすめ。
映像 HDMI
or
DisplayPort
外付け液晶ディスプレイやプロジェクター等と接続できるよう HDMI か DisplayPort 搭載がおすすめ。D-sub 15pin が必要でも、変換アダプターを利用すれば D-sub 15pin に変換可能。
有線 LAN あり 無線 LAN 環境が普及してきたが、LAN ケーブルと接続できるよう有線 LAN ありがおすすめ。有線 LAN 無しでも外付け LAN アダプターを利用する手あり。
バッテリー駆動時間
JEITA1.0 約12時間以上 実用上のバッテリー駆動時間は、JEITA1.0 であれば仕様上の半分、JEITA2.0 と MobileMark であれば仕様上の約6〜7割。少なくとも実用上で約6時間は欲しい。
JEITA2.0 約9時間以上
MobileMark 約9時間以上
(※)-:特に気にして選ぶ必要は無い仕様だが、使用用途によっては重視して選ぶ必要あり


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で15〜24%OFF等の11大特典
(4月26日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で26%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で23%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年5月15日迄)