修理料金が高いメーカーはおすすめではないのか - おすすめメーカー、ショップブランド

最終更新日 2015年11月06日

どのメーカーも修理料金が高い

パソコンが故障し使えなくなってしまったら、買い替えるか修理する必要があります。メーカーに修理を依頼するなら、保証期間外や保証対象外の故障であれば、修理料金が発生します。

インターネットで各パソコンメーカーの評判を調べる事ができますが、修理料金が高額という声が少なくありません。修理料金が高額と感じるか否かは人それぞれですが、実際にかかった修理料金や、修理料金の見積額を見れば、多くの人が高額と感じると思われます。

それなら、修理料金が高いメーカーはおすすめではないのかというと、そうでもありません。その理由は、パソコンの修理料金は、どのメーカーも高いからです。

例えば、以下は国内メーカーの NEC の修理料金です。

修理箇所 修理料金
液晶ディスプレイ(12型以上16型未満) 56,900〜59,900円
液晶ディスプレイ(16型以上19型未満) 75,800〜78,800円
キーボード(ノートPC) 17,500〜20,500円
CPU 53,800〜56,800円
マザーボード 49,600〜52,600円
メインメモリー 48,500〜51,500円
HDD 48,500〜51,500円
DVD ドライブ 41,200〜44,200円
電源ユニット(デスクトップPC) 32,800〜35,800円
ACアダプター(ノートPC) 17,500〜20,500円
バッテリー(ノートPC) 22,800〜25,800円

(※)上記のパソコン修理料金は、 121ware.com > サービス&サポート > 修理サービス より、主要な修理箇所を抜粋したものです。また、2014年3月27日時点の修理料金であり、他に診断料金(見積もり含む)が5,000円かかり、修理対象や修理内容によっては修理料金が変わってきます。

全てのメーカーが修理料金を公表しているわけではありませんが、他のメーカーも同じくらいの修理料金が発生します。修理料金を公表していないメーカーは多く、これらのメーカーの中に修理料金が安いメーカーがあるかもしれませんが、そのようなメーカーがあるとは個人的には聞いた事ありません。(2015年9月1日時点)

将来、修理料金が安いメーカーが出てくるかもしれませんが、そのようなメーカーが出てくるまでは、修理料金が高いメーカーを選ぶしかありません。


キャンペーン情報
富士通
・特別決算セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の9大特典
(9月20日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で30%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で29%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月17日迄)

おすすめメーカー、ショップブランド