省スペース型デスクトップパソコンのおすすめ仕様

最終更新日 2015年09月01日

おすすめ仕様

以下は、2015年8月31日時点における省スペース型デスクトップパソコンのおすすめ仕様です。

仕様 推奨仕様 補足
基本仕様
CPU Core i3 以上 動画編集や画像編集等、負荷が大きい作業に使うなら Core i7 がおすすめです。
メインメモリー 容量 8GB 以上 日常利用なら容量 4GB でも十分ですが、ほぼ容量不足になるリスクがない容量 8GB がおすすめです。
ストレージ HDD 500GB 以上 データ読み書き速度を速くしたいなら SSD がおすすめです。
光学ドライブ DVD ドライブ BD を使うなら BD ドライブが必要ですが、別途で外付け BD ドライブを用意して使う手があります。
グラフィックス CPU 統合
グラフィックス
高いグラフィックス性能が必要なら、ビデオカード搭載可能なタワー型等を選ぶのがおすすめです。
通信
無線 LAN - 省スペース型は非搭載が主流です。必要なら別途で外付け無線 LAN 子機を用意して使う手があります。
BlueTooth - 省スペース型は非搭載が主流です。必要なら別途で外付けの BlueTooth アダプターを用意して使う手があります。
メモリーカードスロット
対応カード - メモリーカードを頻繁に使用するなら、メモリーカードスロットがある方がおすすめですが、なくても別途で外付けメモリーカードリーダー/ライターを用意して使う手があります。
外部インターフェース
USB USB3.0 2つ以上
USB2.0 2つ以上
USB 端子数が足りなくても、別途で USB ハブを用意して使えば USB 端子数を増やせます。
映像出力 DVI-D
DVI-I
HDMI
DisplayPort
の中から2つ以上
複数の映像出力端子があればマルチディスプレイ環境を構築できるのでおすすめですが、構築しないなら1つで十分です。
(※)-:特に気にして選ぶ必要は無い仕様だが、使用用途によっては重視して選ぶ必要あり

補足

グラフィックス

PC ゲーム等の用途で高いグラフィックス性能が必要な場合、ビデオカードが必要です。省スペース型でもサイズが小さいロープロファイル対応ビデオカードを搭載してグラフィックス性能を高くできますが、サイズが大きいビデオカードのグラフィックス性能には勝てません。

ロープロファイル対応ビデオカードのグラフィックス性能でも十分であれば話は別ですが、高いグラフィックス性能が必要な場合は、サイズが大きいビデオカード搭載可能なタワー型やキューブ型を選ぶのがおすすめです。


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の10大特典
(2月28日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WAA/B3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で24%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で28%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(3月15日迄)