ドーターカードとライザーカードの違いとは?

最終更新日 2018年12月19日

ドーターカードとライザーカードの違いとは何か

ドーターボード - Wikipedia には、以下のとおり書かれています。
マザーボードに汎用の拡張カードを装着する為に使用される、拡張スロットのみを備えたドーターボードは特にライザーカードと呼ばれる場合が多い。
ライザーカードはドーターカードの一種であり、拡張スロットのみあるドーターカードはライザーカードと呼ばれることが多いとわかります。

しかし、なぜ拡張スロットのみだとライザーカードと呼ばれることが多いのか不明です。

Riserカード - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、ライザーカードについて以下のとおり書かれています。
通常拡張カードはマザーボードに配置されたカードエッジソケットに垂直に差すようになっているが、ケースの形状などの都合でこれができない場合に、ソケットの向きをマザーボードと平行にするために利用するカード。このRiserカードには拡張カード用のソケットが配置されており、これをマザーボードと垂直に差すことで、ソケットの向きをマザーボードと平行にする。Riserには「階段の蹴上げ板」(階段を1段上に上げる垂直方向の板)という意味がある。
拡張カードをマザーボードと並行になるように搭載する目的のために作られたのがライザーカードであり、ライザーカード使用時の見た目と Riser の意味は一致しますので、拡張スロットのみあるドーターカードはライザーカードと呼ばれることに納得です。

・ライザーカードはドーターカードの一種
・拡張スロットのみあるドーターカードは、ライザーカードと呼ばれることが多い


キャンペーン情報
ドスパラ
・スプリングセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(2月28日迄)
ツクモ
・年に一度の本決算SALE
お買い得品を多数ご用意
(3月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・決算先取りセール
お買い得パソコン・おすすめパーツ・周辺機器が勢揃い
(3月5日迄)

拡張カード



デル株式会社