ノートパソコン用冷却台を使うと効果ある?

最終更新日 2018年08月18日

ノートパソコン用冷却台を使うと効果あるのか

ノートパソコン向けのクーラー(冷却台)があります。冷却台にはファンが内蔵されており、冷却台の上にノートパソコンを設置して使います。

以前にノートパソコンと冷却台を組み合わせて使ったことがありますが、特に効果はありませんでした。そのため、冷却台の効果について疑問でした。

しかし、 【レビュー】夏間近! ノートPCを涼しく使うベストなファン付き冷却台を探る 〜3メーカー、合計5機種を比較 - PC Watch を参考にすると、ノートパソコンと冷却台それぞれどの製品を使うかによって効果が出るようです。

同記事の検証結果を参考にすると、まず冷却台についてですが、ファンの位置を変更できる製品を選ぶ方が良いです。ノートパソコンは製品によって熱源となる CPU や GPU の位置、冷却ファン、吸気口の位置が異なり、冷却台のファンの位置によって効果に違いが出てきますが、ファンの位置を変更できる冷却台なら合わせることができます。ファンの位置を変更できない冷却台でも、ノートパソコン底面全体に風を当てられる製品なら良いです。

同記事の検証では、マウスコンピューターの「m-Book P MB-P921B」を使用しています。CPU は Core i7-4720HQ、GPU は GeForce GTX 970M であり、高性能ノートパソコンです。

マウスコンピューターの「LuvBook F LB-F521EN」も検証に使用したそうですが、CPU は Core i3-5010U、GPU は CPU 統合ビデオチップであり、高性能ノートパソコンとは言えません。「LuvBook F LB-F521EN」では高負荷時の温度はほとんど変化がなく、冷却台の効果はあまりなかったそうです。

これらのノートパソコン以外でも様々な製品で検証してみないと断定できませんが、一般的には高性能ノートパソコンには冷却台の効果はありますが、標準的な性能や低性能ノートパソコンだと冷却台の効果はあまりないかもしれません。しかし、低性能ノートパソコンの中にはノートパソコン自体の冷却性能が低く、冷却台による効果が出る製品もあるかもしれません。

検証では、ノートパソコンに負荷をかけて CPU 温度と GPU 温度を計測して冷却台の効果を見ていますが、負荷をかける方法、計測方法、測定環境、検証した結果等についてはリンク先の記事に詳しく書かれていますが、検証結果を全体的に見て簡単に言うと以下のとおりです。

・アイドル時、CPU 温度は数度下がる、GPU 温度は約5度下がる

・動画再生時、CPU 温度は約10度下がる、GPU 温度は約7度下がる

・ベンチマーク実行時、CPU 温度はほとんど下がらない、GPU 温度は数度下がる

冷却台は複数の製品を用意し、それぞれの製品ごとに冷却台のファンの回転数の強弱の違いで効果に差がないか検証しています。製品の違いよる効果の差やファン回転数の違いによる効果の差は多少ありますが、検証結果を総合的に見ると上記のとおりです。

多くの人は、ノートパソコンの負荷が高く CPU や GPU が高温になった時、冷却台による効果を期待していると思いますが、この検証によると冷却台の効果はあまりないようです。

アイドル時、動画再生といった比較的負荷が低い状況では、冷却台の効果はあるようです。

多くの人は、ノートパソコンを使うとアイドル、比較的負荷が低い状況の時間が長いと思いますので、冷却台を導入する価値はあると思います。

PC ゲーム、動画編集、画像編集等、負荷が高くなる用途に使う時でも、多くの人はベンチマーク実行時ほど負荷が高くなる状況がずっと続くわけではないと思いますので、冷却台の効果は結構あるかもしれませんが、やってみないとわからないことだと思います。

冷却台により CPU や GPU の温度が下がるとしても、温度が下がることによる効果は何かあるのかという疑問が出てきます。PC Watch の記事では、「より長い間各部の温度が低く保たれるのであれば、故障といった不具合の発生率は下がるだろう。」と書かれていますが、故障率が下がると考えられます。CPU や GPU に限らず、マザーボード等の温度も下がると思いますので、各部には CPU や GPU 以外の PC パーツも含めて述べていると思われます。

しかし、異常に温度が高くなければ故障率はほとんど変わらない可能性があると考えられます。これは実際に検証してみないとわからないことだと思います。例えば、大量のノートパソコンを導入して使っている企業にて冷却台を使うグループと冷却台を使わないグループに分け、使用時間等はできるだけ同じにし、長期間経過後の故障率を比較する、このような検証です。

もし冷却台を使うか使わないかで故障率に差が出ないとしても、CPU や GPU の温度が下がると気分的に良いと思います。

・高性能ノートパソコンに冷却台を使うと CPU や GPU の温度が下がる効果が出る可能性あり
・効果が出るとしても、高負荷時の効果はあまり期待できない


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で11〜23%OFF等の10大特典
(10月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で20%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で23%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で27%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で27%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C2 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で28%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月24日迄)