無線LANルーターのMACアドレス制限とは?

最終更新日 2018年10月19日

無線 LAN ルーターの MAC アドレス制限とは何か

有線 LAN や無線 LAN に接続できるパソコン等の機器には、MAC アドレスという値が割り当てられています。MAC アドレスは物理アドレスとも呼ばれています。

MAC アドレスの表記例ですが、01-2A-BC-34-56-D7 のように表されます。0〜9、A〜F を組み合わせた16進数で、2桁ごとにハイフン(-)かコロン(:)で区切り12桁で表されます。

無線 LAN ルーターの MAC アドレス制限とは、登録した MAC アドレスが割り当てられている機器のみ接続を許可する機能です。登録外の MAC アドレスを割り当てられている機器は、無線 LAN ルーターに接続できません。

無線 LAN ルーターで MAC アドレス制限を利用する場合は、MAC アドレスを有効にする時に無線 LAN ルーターの設定を行う機器の MAC アドレスを必ず登録しておく必要があります。

無線 LAN ルーターの設定を行う機器の MAC アドレスを登録せず、さらには1つも MAC アドレスを登録せずに MAC アドレス制限を有効にしてしまうと、無線 LAN ルーターに接続できなくなります。

もし設定ミスで MAC アドレス制限により無線 LAN ルーターに接続できなくなったら、無線 LAN ルーターを初期化しなければなりません。

・MAC アドレス制限とは、登録した MAC アドレスを持つ機器のみ無線 LAN ルーターへの接続を許可する機能


キャンペーン情報
富士通
・期末売り尽くしセール
クーポン利用で15〜23%OFF等の10大特典
(3月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)