電源ユニットのATとATXの違いとは?

最終更新日 2019年03月14日

電源ユニットの AT と ATX の違いとは何か

ATX 電源とAT 電源の違いは何ですか? - ニプロン によると、AT 電源ユニットと ATX 電源ユニットの違いとは以下のとおりです。

・最も大きな違いはメインコネクター、出力電圧
・AT 電源ユニットのメインコネクターは6ピン×2、ATX 電源ユニットのメインコネクターは20ピン×1
・AT 電源ユニットの出力電圧は +5V,+12V,-5V,-12V、ATX 電源ユニットの出力電圧は +3.3V,+5V,+12V,-5V,-12V,+5VSB
・AT 電源ユニットは電源の ON/OFF を手動で行うが、ATX 電源ユニットは電源の ON/OFF は自動(マザーボードからの指令)


キャンペーン情報
マウスコンピューター
10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集 icon
軽量モバイル、高速SSD搭載モデルもお求めになりやすい価格で販売中です
(キャンペーン実施中)
Dell
・ゴールデンウイークセール
おすすめモバイルPCがクーポンで最大17%オフ
(4月22日迄)
ドスパラ
・ゴールデンウィーク お客様感謝セール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・ありがとう平成ファイナルセール
お買い得パソコン・おすすめパーツ・周辺機器が勢揃い
(5月1日迄)

電源ユニットの規格ATX



デル株式会社