ATX電源ユニットをATマザーボードに使える?

最終更新日 2018年10月19日

ATX 電源ユニットを AT マザーボードに使えるのか

MA-079 | Ainex は、ATX 電源ユニットを AT マザーボード用に変換するケーブルです。

メインコネクター20ピンを、メインコネクター6ピン×2へ変換することができます。電源スイッチが付いており、スイッチを使って電源の ON/OFF が可能です。

このような変換ケーブルを使えば、ATX 電源ユニットを AT マザーボードに使えます。

ニプロン 製品情報 電源事典 2章 コンピュータ用電源 2-2 PC(パソコン)電源 には、「ATX電源はATのマザーボードにも使えるのではないか?」という質問に対し、「使用可能」と書かれています。他に以下のとおり書かれています。
ATX電源はいずれのマザーボードにも使える全ての種類の出力が出ています。但し、ATX電源をATマザーボードで使用する場合は出力コネクタ形状が異なりますので、ATX出力コネクタからAT出力コネクタへの変換コネクタが必要になります。
またこの場合、電源のON/OFFコントロールはマザーボード側からは行われませんので、手動によるON/OFFを行う必要があります。
いずれのマザーボードとは、AT マザーボード、ATX マザーボード、microATX マザーボード のことです。

この記事からも、メインコネクターを変換する必要があり、電源の ON/OFF を手動で行う必要がありますが、ATX 電源ユニットを AT マザーボードに使えることがわかります。


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(2月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)

電源ユニットの規格ATX



デル株式会社