クリエイター向けビデオカードとは - クリエイター向けビデオカードの選び方

最終更新日 2016年08月28日

クリエイター向けビデオカードとは

効率的で質の高い動画編集や画像編集作業を実現

クリエイター向けビデオカードは、主に動画編集や画像編集等を行うクリエイターに適した仕様となっているビデオカードです。一般向けのビデオカードと区別するために、業務用ビデオカード、またはワークステーション向けビデオカード等とも呼ばれます。

クリエイター向けビデオカードは、主要な動画編集や画像編集ソフトウェアで強力なパフォーマンスを発揮できるよう最適化されており、さらに各ソフトウェアの互換性確保やマルチディスプレイ環境への強力サポート等、クリエイターの効率的でハイクオリティな作業の実現に大きく役立ちます。

業務レベルでの使用を推奨

動画編集や画像編集を行うのに使うなら、クリエイター向けビデオカードを選ぶのが望ましいですが、その価格は高く、人によってはオーバースペックになりえます。それでも、効率や質がかなり重視される業務レベルで使うならクリエイター向けビデオカードはおすすめですが、趣味の範囲であれば一般向けのビデオカードで十分と言えます。

一般向けのビデオカードはクリエイター向けビデオカードより劣る点がありますが、それでも効率的で質の高い作業の実現に十分役立ちます。

クリエイター向けビデオカードの特徴

以下は、クリエイター向けビデオカードが持つ主な特徴です。全てのクリエイター向けビデオカードが以下の特徴を全て備えているとは限りません。また、一般向けのビデオカードでも、以下の特徴に当てはまる製品があります。

ドライバが OpenGL に最適化されている

ビデオカードは、ドライバと呼ばれるソフトウェアで制御されています。ドライバの作り次第でビデオカードが発揮する性能が変わってきます。

クリエイター向けビデオカードでは、OpenGL と呼ばれる高度なグラフィックス処理が可能となるプログラムインターフェース群に最適化されており、OpenGL を使用するソフトウェアで高いパフォーマンスを発揮する事ができます。

動画編集や画像編集ソフトウェアでは OpenGL を使用するソフトウェアが多く、このようなソフトウェアを使うにあたり、OpenGL に最適化されたクリエイター向けビデオカードの使用が適しています。

ソフトウェアの互換性を確保している

ソフトウェアによっては、特定のビデオカードで使用すると何らかの問題が生じて正常に使えない場合があります。クリエイター向けビデオカードでは、そのような問題が起きないよう主な動画編集や画像編集ソフトウェアの動作確認が行われて認証を取得しており、互換性を確保しています。

マルチディスプレイ環境を強力にサポート

動画編集や画像編集で効率的な作業を実現するために、複数の画面に出力可能なマルチディスプレイ環境を利用する手があります。クリエイター向けビデオカードでは、複数画面への同時出力、複数の画面を1つの画面として扱うといったマルチディスプレイ環境の構築を強力にサポートします。

RGB 各色10ビットのカラー出力に対応している

普通のビデオカードは、RGB 各色8ビットのカラー出力に対応しています。RGB 各色8ビットだと約1677万色表現可能であり、フルカラーとも呼ばれます。

クリエイター向けビデオカードでは、RGB 各色10ビットのカラー出力に対応しており、RGB 各色10ビットだと約10億6433万色表現可能であり、ディープカラーとも呼ばれます。

これにより、動画編集や画像編集で、さらに滑らかなグラデーションや自然に近い色を表現でき、質の高い動画や画像編集が可能になります。


キャンペーン情報
ドスパラ
・新生活応援セール
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(3月30日迄)
ツクモ
・春の大感謝祭
お買い得品を多数ご用意
(4月3日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・半期に一度の決算セール
やってきましたBIGチャンス!半期に一度のお買い得キャンペーン!
(4月4日迄)