デスクトップ用ビデオチップ - 画像編集用パソコンの選び方

最終更新日 2018年03月05日

ビデオチップの選び方

デスクトップパソコンに搭載されるビデオチップを、大まかに分けると以下のようになります。

チップセット内蔵
ビデオチップ
(オンボード)
マザーボードに搭載されているビデオチップ。以下の CPU 統合ビデオチップが普及したため、使われなくなってきています。
CPU 統合ビデオチップ
(CPU 内蔵)
CPU に統合されているビデオチップ。CPU とビデオチップの統合により、コスト削減、消費電力の削減、効率的な処理の実現等の様々なメリットが生まれます。ビデオカード非搭載のデスクトップパソコンは、たいていは CPU 統合ビデオチップを使用するモデルです。
ビデオカード搭載
ビデオチップ
ビデオカードに搭載されているビデオチップ。ビデオカード搭載ビデオチップのメーカーは、nVDIA 社と AMD 社が有名です。CPU 統合ビデオチップよりも性能が優れているため、グラフィックス性能重視のデスクトップパソコンには、ビデオカード搭載モデルが多いです。

ビデオチップを統合している CPU が普及したため、今ではチップセット内蔵ビデオチップはまず使われません。

デスクトップパソコンであれば、CPU 統合ビデオチップかビデオカード搭載ビデオチップを選ぶ事になります。ただし、コンパクト型等のビデオカードを搭載できないデスクトップパソコンでは、選択肢は CPU 統合ビデオチップのみとなります。

また、一体型デスクトップパソコンは、基本的にノートパソコン用 PC パーツを搭載するため、選択肢は CPU 統合ビデオチップとノートパソコン用ビデオチップとなります。

CPU 統合ビデオチップの選び方

CPU 統合ビデオチップを選ぶ場合、どの CPU 統合ビデオチップを選ぶか気にする必要性は低いです。CPU によって統合されているビデオチップ製品は異なり、基本的に性能が高い CPU ほど、性能が高いビデオチップ製品を統合しています。

しかし、CPU 統合ビデオチップは、製品による性能差は小さいので、ビデオチップ性能について気にして選ぶ必要性が低く、ビデオチップ性能を気にするくらいなら、ビデオカード搭載ビデオチップを選ぶ方が良いです。

使用する画像編集ソフトウェアが、特定の CPU 統合ビデオチップを推奨しており、その中から選ぶ事にするなら、推奨対象となっている CPU 統合ビデオチップ製品かどうか確認して選ぶ必要があります。

クリエイター向けビデオチップ Quadro、FirePro の選び方

以下では、ビデオカード搭載ビデオチップを、ビデオチップと略して記載します。

画像編集ソフトウェアが推奨しているビデオチップ

使用する画像編集ソフトウェアが推奨しているビデオチップの中から選びたい場合は、その中から選ぶ必要があります。価格が安い方のビデオチップを選びたくても、推奨されていなければ選べません。

Quadro、FirePro どちらも推奨されている場合、Quadro の方がシェアが大きい事もあり選びやすいです。Quadro と FirePro は、どちらが優れているか決めるのが難しいほどですので、どちらを選んでも特に問題はありません。

主要なビデオチップ

以下は、nVIDIA 社のビデオチップ Quadro の比較的新しい製品一覧です。上記ほど新しい製品となります。ビデオチップは、新製品は旧製品と比べると大幅に性能が向上していますので、性能を重視するなら最新の製品を選びたいです。

どの程度の性能クラスを選ぶかは、使用する画像編集ソフトウェアや画像編集の仕方によりますが、画像編集ではエントリークラスが選択の目安です。

Quadro に限らず FirePro も全体的に価格が高く、エントリークラスでも結構価格が高いので、スタンダードクラスやハイスペッククラスは、明確に必要となるまでは選ばない方が良いです。

nVIDIA 製 Quadro(Maxwell アーキテクチャ採用)

ハイスペック スタンダード エントリー
Quadro M6000
Quadro M5000
Quadro M4000
Quadro K2200
Quadro K1200
Quadro K620

nVIDIA 製 Quadro(Kepler アーキテクチャ採用)

ハイスペック スタンダード エントリー
Quadro K6000
Quadro K5200
Quadro K5000
Quadro K4200
Quadro K4000
Quadro K2000
Quadro K2000D
Quadro K600
Quadro K420
Quadro 410

nVIDIA 製 Quadro(Fermi アーキテクチャ採用)

ハイスペック スタンダード エントリー
Quadro 6000
Quadro 5000
Quadro 4000
Quadro 2000
Quadro 2000D
Quadro 600
Quadro 400

以下は、AMD 社のビデオチップ FirePro の比較的新しい製品一覧です。上記ほど新しい製品となります。 選び方は Quadro と同じで、選ぶなら最新の製品がおすすめで、エントリークラスが選択の目安です。

AMD 製 FirePro W シリーズ(第2世代)

ハイスペック スタンダード エントリー
FirePro W9100
FirePro W8100
FirePro W7100
FirePro W5100 FirePro W4100
FirePro W2100

AMD 製 FirePro W シリーズ

ハイスペック スタンダード エントリー
FirePro W9000
FirePro W8000
FirePro W7000
FirePro W5000
FirePro W5000 DVI

AMD 製 FirePro V シリーズ

ハイスペック スタンダード エントリー
FirePro V7900 SDI
FirePro V7900
FirePro V5900
FirePro V5800 DVI
FirePro V4900
FirePro V3900

一般向けビデオチップ GeForce、RADEON の選び方

ソフトウェアが推奨しているビデオチップ

クリエイター向けビデオチップ Quadro、FirePro と同様に、使用する画像編集ソフトウェアが推奨しているビデオチップの中から選びたい場合は、その中から選ぶ必要があります。

また、GeForce の方がシェアが大きい事もあり選びやすいですが、GeForce と RADEON どちらを選んでも特に問題はありません。

主要なビデオチップ

以下は、nVIDIA 社のビデオチップ GeForce の比較的新しい製品一覧です。上記ほど新しい製品となります。

ビデオチップは、技術進歩によって大幅に性能が向上していますので、なるべく新しい方から選びたいです。また、画像編集ではエントリークラスが選択の目安です。

RADEON にも当てはまりますが GeForce は、スタンダードクラスが売れ筋で価格が安く、コストパフォーマンスが高い(性能の割りに価格が安い)ので、スタンダードクラスを選択の目安にするのがおすすめです。メーカーやショップブランドでは、スタンダードクラスのビデオチップ搭載モデルが多いので選びやすいです。

ハイスペッククラスとなると、GeForce や RADEON でも価格は高くなりますので、明確に必要となるまでは選ばない方が良いです。

製品 PassMark シリーズ 発売年
GeForce GTX 1080 Ti 100% GeForce 10シリーズ 2016年
NVIDIA TITAN Xp 96% GeForce 10シリーズ 2016年
NVIDIA TITAN X 94% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1070 Ti 89% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1080 88% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 980 Ti 82% GeForce 900シリーズ 2014年
GeForce GTX 1070 80% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX Titan X 77% GeForce 900シリーズ 2014年
GeForce GTX 980 69% GeForce 900シリーズ 2014年
GeForce GTX 1060 6GB 64% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1060 3GB 64% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 970 62% GeForce 900シリーズ 2014年
GeForce GTX 1050 Ti 42% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 960 42% GeForce 900シリーズ 2014年
GeForce GTX 950 37% GeForce 900シリーズ 2014年
GeForce GTX 1050 32% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GT 1030 16% GeForce 10シリーズ 2016年

以下は、AMD 社のビデオチップ RADEON の比較的新しい製品一覧です。上記ほど新しい製品となります。選び方は GeForce と同じで、選ぶなら最新の製品がおすすめで、エントリークラスが選択の目安ですが、スタンダードクラスを選択の目安にするのがおすすめです。

製品 PassMark シリーズ 発売年
Radeon RX Vega 64 85% Radeon RX Vegaシリーズ 2017年
Radeon RX Vega 56 82% Radeon RX Vegaシリーズ 2017年
Radeon RX 580 60% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon RX 480 59% Radeon 400シリーズ 2016年
Radeon RX 470 54% Radeon 400シリーズ 2016年
Radeon RX 570 48% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon RX 560 32% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon RX 460 31% Radeon 400シリーズ 2016年
Radeon RX 550 25% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R7 450 15% Radeon 400シリーズ 2016年
Radeon RX 540 12% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R7 430 10% Radeon 400シリーズ 2016年
Radeon 530 9% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R5 430 7% Radeon 400シリーズ 2016年
Radeon 520 5% Radeon 500シリーズ 2017年


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・秋の売れ筋パソコン特集
PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です
(キャンペーン実施中)
Dell
・スポーツの秋セール!
秋の思い出を、自分史上最高の作品に。最大20%オフクーポンでお得!
(10月15日迄)
ドスパラ
・オータムセール 第2弾
SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさん
(10月18日迄)
パソコン工房
・オータムセール
スタッフ厳選BTOパソコンが大幅プライスダウン!
(10月30日迄)