画像編集用パソコンの選び方 - クリエイターパソコン

最終更新日 2016年10月11日

メニュー項目一覧と概要

画像編集用として使用するパソコンを選ぶ際に抑えておきたい、基本的な画像編集用パソコンの選び方について記載しています。
画像編集用として使用するパソコンを選ぶ際の、CPU の選び方について記載しています。

画像編集では、CPU の性能の高さが最も重要となります。他の PC パーツの性能も重要ですが、性能の高さを重視して選ぶ場合は CPU を最優先にして選ぶ必要があります。
画像編集用として使用するパソコンを選ぶ際の、メインメモリーの選び方について記載しています。

画像編集を行う際にメインメモリー容量不足に陥ると大きな性能低下を引き起こしますので、十分な容量のメインメモリーが必要です。
画像編集用として使用するパソコンを選ぶ際の、ストレージの選び方について記載しています。

画像編集を快適に行うためには、CPU の性能が最重要ですが、ストレージの性能(データ読み書き速度)も重要です。昔からストレージは HDD が主流ですが、データ読み書き速度が速い SSD がおすすめです。
画像編集用として使用するパソコンを選ぶ際の、光学ドライブの選び方について記載しています。

画像編集では光学ドライブは必須ではありませんが、DVD や BD に対して画像ファイルの読み込みや書き込みを行うのであれば、適切な光学ドライブを選ぶ必要があります。
画像編集用として使用するパソコンを選ぶ際の、グラフィックスの選び方について記載しています。

画像編集作業の効率を上げるには、CPU の性能の高さが重要ですが、グラフィックス性能の高さも重要になる場合があります。
画像編集用として使用するデスクトップパソコンを選ぶ際の、ビデオチップの選び方について記載しています。

画像編集ソフトウェアが推奨している等の理由で、ビデオチップの選択肢が限られる場合もありますが、画像編集では基本的に価格が安い方の低性能ビデオチップで十分です。

明確に必要であれば、価格が高い方の高性能ビデオチップを選ぶ必要があります。
画像編集用として使用するノートパソコンを選ぶ際の、ビデオチップの選び方について記載しています。

画像編集ソフトウェアが推奨している等の理由で、ビデオチップの選択肢が限られる場合もありますが、画像編集では基本的に価格が安い方の低性能ビデオチップで十分です。

ノートパソコンでは、価格と性能とのバランスが取れたビデオチップ搭載モデルが多いので、このようなビデオチップを選択の目安にするのがおすすめです。

明確に必要であれば、価格が高い方の高性能ビデオチップを選ぶ必要があります。
画像編集用として使用するパソコンを選ぶ際の、電源ユニットの選び方について記載しています。

各 PC パーツへ電力供給する電源ユニットは、タワー型デスクトップパソコン等のサイズが大きいパソコンに搭載されます。ノートパソコン等のサイズが小さいパソコンには、電源ユニットは搭載されず、AC アダプターが各 PC パーツへ電力供給します。

電源ユニットの違いが画像編集作業の効率に影響する訳ではありませんので、電源ユニットについて気にせずに選んで問題ありませんが、無駄に発生する消費電力や発熱量を抑えたい場合は、電源ユニットにもこだわって選びたいです。
画像編集用として使用するパソコンを選ぶ際の、外部インターフェースの選び方について記載しています。

画像編集作業では、高画質出力、複数の画面への出力が重要になってきますので、特に映像出力端子にこだわって選びたいです。
ショップによっては、特定の画像編集ソフトウェアの動作確認済みのモデルを販売しています。そのような画像編集ソフトウェア動作確認モデルの特徴や選び方、推奨販売店について記載しています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・SSDアップグレードキャンペーン
選択が標準的となってきたSSD、容量や速度のアップグレード価格を値下げ中です。
(台数限定なくなり次第終了)
Dell
・初夏のクリアランスセール
週末(金〜月)限定、お買い得パソコンがクーポンでさらに最大15,000円オフ!
(5月22日迄)
ドスパラ
・大特価市
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(6月1日迄)
パソコン工房
・PC BIGバザール
スタッフが厳選したBTOパソコンが期間限定プライスダウン!
(6月6日迄)