メーカー、ショップブランドの選び方 - ビギナーズ

最終更新日 2015年10月18日

メーカー、ショップブランドの選び方

パソコンは差別化が難しい

各メーカーやショップブランドは、工夫を凝らして差別化を図っていますが、パソコンは差別化が難しいです。一部のユーザーにしかニーズがないような性能や機能を持つパソコンを選びたいとなると、特定のメーカーやショップブランドを選ぶ必要性が高くなりますが、そうでなければ、どのメーカーやショップブランドを選んでも特に問題ありません。

パソコンに限らず他にも当てはまるものがあり、例えばテレビでは、画質や細かい機能にまでこだわるなら、メーカー選びが重要になってきますが、たいていの人はどのメーカーのテレビを選んでも問題ありません。

パソコンも、性能や機能に限らず筐体のデザインや材質等、細かい点まで注目すれば差別化が図られている点が多く見られますので、メーカーやショップブランド選びが重要になってくる場合がありますが、パソコンそのものに大きな違いはなく、どのメーカーやショップブランドのパソコンを選んでも特に問題ありません。

パソコンの付加価値に注目して選ぶ

パソコンには、大きく分けてデスクトップパソコンとノートパソコン、タブレット PC があり、さらにタイプが細かく分かれます。各メーカーやショップブランドはあらゆるパソコンを販売していないので、どのようなパソコンを選びたいかでメーカーやショップブランドを絞って選ぶ必要はあります。

例えば、薄型・軽量モバイルノートパソコンは、販売していないメーカーもあり、ショップブランドでは無きに等しい状態です。それでも、選択肢は10メーカーくらいはあります。

そこから、さらに絞り込んで選べるようパソコン以外の付加価値に注目して選ぶのがおすすめです。重要性が高い付加価値は、コストパフォーマンスとサポートやアフターサービス、納期です。

予算度外視で選べるなら話は別ですが、できるだけ予算を抑えて安く買えるようコストパフォーマンスは多くのユーザーにとって重要です。サポートやアフターサービスは、特にパソコン初心者にとって重要であり、納期はパソコンを急いで入手したいユーザーにとって重要です。

両立が難しい付加価値の組み合わせがありますので、あらゆる付加価値が高いメーカーやショップブランドはありませんが、自分にとって重要な付加価値のレベルが高いメーカーやショップブランドから、パソコンを選ぶのがおすすめです。

パソコンのコストパフォーマンスと選び方

安くするためには何かが犠牲になる

コストパフォーマンスとは、性能と価格との比です。ほぼ同じ性能のパソコンがあったら、コストパフォーマンスが高い方が安く買えます。メーカーやショップブランドには、コストパフォーマンスが高いところと低いところがあります。

誰しもが予算を抑えるために安く買いたいでしょうから、コストパフォーマンスが高いメーカーやショップブランドを選びたいです。

しかし、コストパフォーマンスが高ければ、何かのコストを削減してパソコンを安くしているので、何らかのデメリットが生じています。それには、サポートやアフターサービスが良くない事や、筐体のデザインや材質が良くない事、信頼性が高くない事等がありますが、特に注意したいのは、サポートやアフターサービスが良くない事です。

他は気にする必要性は低いです。筐体のデザインや材質が良くなくても使用に支障をきたす事はありませんし、どこも信頼性は十分高く、初期不良率や故障率の差は出てきているようですが、どんぐりの背比べです。

サポートやアフターサービスは、良くするためには高い人件費がかかり、コストパフォーマンスを高くするためには効果的なコスト削減対象のため、コストパフォーマンス次第で質に差が出やすいです。

そのため、コストパフォーマンスが高いメーカーやショップブランドは、サポートやアフターサービスが良くない傾向が見られ、コストパフォーマンスが低いメーカーやショップブランドは、サポートやアフターサービスが良い傾向が見られます。

コストパフォーマンスが高いメーカーとショップブランド

コストパフォーマンスの高さを重視するなら、以下のメーカーやショップブランドがおすすめですが、コストパフォーマンスが高いメーカーとショップブランドでも、筐体のデザインや材質等にコストをかけてコストパフォーマンスが低いパソコンも販売しているところや、別途料金を支払えば受けられる特別なサポートやアフターサービスを付けるとコストパフォーマンスが低くなるところもあります。

国内メーカー
マウスコンピューター
国内メーカーの中で最もコストパフォーマンスが高いです。はじめは他メーカーのパソコンを販売していましたが、その後 BTO カスタマイズ対応パソコンの販売に変わり、当初から価格の安さで大きな話題を集め、今でも低価格路線は健在です。どのパソコンも性能の割りに価格が安く、コストパフォーマンスで勝負できる他の国内メーカーはありません。

当初はラインナップの少なさが目立ちましたが、今では他の国内メーカーや海外のメーカーに引けを取らないラインナップです。
海外メーカー
ASUS
コストパフォーマンスが高い海外メーカーの中で、特にモバイルノートパソコンとタブレット PC に強く人気が高いです。

様々な PC パーツの中で、特にマザーボードの製造メーカーとして有名でしたが、低価格ミニノートパソコンの発売で大きな注目を集め、パソコンメーカーとしても有名になりました。今ではミニノートパソコンは廃れましたが、それに代わる低価格モバイルノートパソコンも販売しています。

Dell
いち早く直販と BTO カスタマイズによる注文方法を取り入れ、高いコストパフォーマンスを実現し、世界トップクラスのシェアを獲得するまでになった海外メーカーです。

性能以外にもしっかりとコストをかけたパソコンにも力を入れているため、昔よりは価格が安いイメージは薄れましたが、多くのパソコンはコストパフォーマンスが高いです。一部のモバイルノートパソコンやゲーム用パソコン ALIENWARE は、コストパフォーマンスが低いですが完成度は高いです。

ヒューレット・パッカード icon
コストパフォーマンスが高い海外メーカーの中でも格安パソコンに強く、価格の安さを重視したパソコンがそろっています。

海外メーカーですが日本国内生産に力を入れており、品質や信頼性の向上、納期の短縮化を実現し、シェアの拡大につながっています。日本国内生産だと人件費等のコストが上がり、価格が高くなってしまうのではと懸念されましたが、日本国内生産というメリットを活かした徹底的なコスト削減により、高いコストパフォーマンスを維持しています。

Lenovo
目覚しいスピードで成長し、世界でトップクラスのシェアを獲得するまでになった海外メーカーです。パソコンの市場が成熟し、各メーカーでは売り上げが伸び悩む中、レノボの勢いは止まる事がなく、コストパフォーマンスの高さを武器にシェアを広げています。

デスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット PC まで幅広いラインナップを展開していますが、特にビジネス用途に特化した ThinkPad ノートパソコン、ThinkPad タブレット PC の人気が高いです。
ショップブランド
Sycom
コストパフォーマンスが高いショップブランドの中で、BTO カスタマイズで選べる PC パーツが豊富な特徴を持っています。

PC パーツの組み合わせパターンが増えるので、ユーザーのニーズに応えられる範囲が広くなりますが、ショップブランドの負担は増します。物理的な干渉は発生しないか、特定の PC パーツを組み合わせても動作に問題はないのか等、検証にかかる時間と労力が大幅に増しますが、それでもサイコムは検証作業に力を入れ、ユーザーのニーズに応えられるよう BTO カスタマイズで幅広い PC パーツの中から選択できるようにしています。

ツクモ
コストパフォーマンスが高いショップブランドですが、国内メーカーや海外メーカーのパソコン(完成済み)、周辺機器、PC パーツの販売にも力を入れています。

BTO カスタマイズ対応パソコンは、AeroStream(エアロストリーム)と呼ばれており、空気の流れ(エアフロー)にこだわったオリジナル設計の PC ケースを採用し、ファンの音を低減し音漏れも低減する事で、優れた静音・冷却性能を実現しているのが特徴です。

ドスパラ
コストパフォーマンスが高いショップブランドの中で、BTO カスタマイズ対応パソコンのラインナップが豊富で、PC パーツの品揃えも豊富な特徴を持っています。

たいていのショップブランドでは、BTO カスタマイズ対応パソコンの納期は1週間程度ですが、ドスパラでは納期2日とショップブランドの中で最も納期が早いです。(一部のモデルは納期が遅いです。)

パソコン工房
パソコン工房は日本全国に約90店舗を持ち、コストパフォーマンスが高いショップブランドの中で、通販に限らず規模が大きく有名なショップブランドです。

各ショップブランドには同じようなパソコンがそろっていますが、パソコン工房では4K 解像度液晶ディスプレイ搭載ノートパソコンやゲーム用のモバイルノートパソコン、デザインにこだわったパソコン等、他のショップブランドでは見られないような差別化を図ったパソコンが多く見られます。また、タブレット PC 自体を販売しているショップブランドが少ない中、タブレット PC の販売にも力を入れています。

パソコンのサポートやアフターサービスと選び方

サポートやアフターサービスが良ければ、価格が高い

サポートやアフターサービスが良いと、電話やメールでの問い合わせへの迅速で丁寧な対応、迅速な修理対応等を受けられる可能性が高くなります。サポートやアフターサービスが良くないと、なかなか電話がつながらない、メールで質問しても返ってくるのが遅い、なかなか修理から戻ってこない可能性が高くなります。

しかし、サポートやアフターサービスを良くすると人件費が上がり、パソコンの価格に上乗せされる形となるため、サポートやアフターサービスが良いメーカーやショップブランドは、コストパフォーマンスが低い傾向があります。

もしサポートやアフターサービスが良くなくても問題なければ、コストパフォーマンスが高いメーカーやショップブランドがおすすめです。例えば、パソコンが初期不良だった場合や、保証期間内に故障した場合に、日数かかってでも修理等の対応をしてくれれば十分なら、サポートやアフターサービスが良いメーカーやショップブランドを選ぶ必要性は低いです。

サポートやアフターサービスが良いメーカーとショップブランド

サポートやアフターサービスの提供を行うのは人間であり、当たり外れがありますので、必ずしもサポートやアフターサービスが良いとは限らないですが、サポートやアフターサービスの良さを重視するなら、以下のメーカーやショップブランドがおすすめです。

国内メーカー
NEC
国内でトップクラスのシェアを獲得している国内メーカーです。

NEC のパソコン事業は、海外メーカーのレノボの日本事業と統合しており、両者の強みを活かしてパソコンの開発、製造、サポート体制の強化が行われています。

例えば、世界最軽量で大きな反響を呼んだモバイルノートパソコンでは、薄型化と軽量化を行うと強度に問題が出てきましたが、レノボの堅牢性に優れたノートパソコンのノウハウを取り入れ、薄さと軽さ、強度を兼ね備える事を実現した事があります。

エプソン
サポートやアフターサービスの良さで有名な国内メーカーです。

パソコン本体だけでなく、ユーザーが求めるサポートにも追求し、迅速で確実なサポート体制を確立しており、日経のパソコン満足度ランキングでは、サポート部門で2008年から2014年まで7年連続1位を獲得するという実績を残しています。

コストパフォーマンスは低いですが、性能が低い最安値クラスのパソコンであれば、そこまでコストパフォーマンスは低くありません。

TOSHIBA
国内に限らず海外でも高いシェアを獲得している国内メーカーです。

デスクトップパソコンもありますが数は少なく、実質ノートパソコンを専門に販売しています。国内でのシェアはトップをとれるほどではありませんが、ノートパソコンだけで見れば国内トップクラスのシェアを獲得しており、海外への進出に成功し東芝のノートパソコンは海外でも人気があります。

パナソニック
サポートやアフターサービスの良さだけでなく、モバイルノートパソコンの良さでも有名な国内メーカーです。

パナソニックは、ビジネスユーザー向けに特化したモバイルノートパソコンのみを販売しており、不具合や故障が発生するとビジネスに大きな支障をきたすため、パナソニックでは万全なサポート体制を敷いています。

パナソニックのモバイルノートパソコンはレッツノートと呼ばれており、軽量、堅牢性、バッテリー長時間駆動、高性能が重視されていて完成度が非常に高く、不満な点を挙げるとしたら価格が高い事くらいです。

富士通
国内でトップクラスのシェアを獲得している国内メーカーです。

パソコンの差別化は難しい中、画質と音質にこだわった一体型デスクトップパソコンや、堅牢性も兼ね備えた薄型で軽量なノートパソコン、女性向けのデザインを採用したノートパソコン、使う場所がますます広がる防水・防塵対応のタブレット PC 等を発売してきた歴史があり、ものづくりの強みを活かしてパソコンの開発に取り組んでいます。

パソコンの納期と選び方

BTO カスタマイズ対応パソコンで納期に差が出る

パソコンの納期が早いと、注文してから届くまでにかかる日数が短いです。納期が早いのは、国内に在庫確保してある完成済みのパソコンです。早ければ注文日に出荷され、即納パソコンと呼ばれます。たいていの国内メーカーやショップブランドでは、即納パソコンを販売しています。海外メーカーでも、国内に在庫確保して即納パソコンを販売しているところは多いです。

納期が遅いのは、受注してから生産を開始する BTO カスタマイズ対応パソコンです。国内メーカーやショップブランドは、BTO カスタマイズ対応パソコンの納期は1週間程度です。

海外で BTO カスタマイズ対応パソコンの生産を行っている海外メーカーだと、納期は2週間程度ですが、国内で生産を行っている海外メーカーもあり、その場合の納期は1週間程度です。

納期を急ぎ即納パソコンを選ぶなら、即納パソコンを販売しているメーカーやショップブランドを選ぶ必要がありますが、納期を急ぎ BTO カスタマイズ対応パソコンを選ぶなら、国内メーカーやショップブランド、国内生産も行っている海外メーカーを選ぶのがおすすめです。

納期を急がなくても納期の確実さを求める場合でも、国内メーカーやショップブランド、国内生産も行っている海外メーカーを選ぶのがおすすめです。

海外生産の BTO カスタマイズ対応パソコンは、海外からの輸送トラブルで納期が遅れるリスクがありますし、海外には日本のような時間に厳しい価値観がありませんので、納期が遅れる可能性が高くなります。

BTO カスタマイズ対応パソコンの納期が早いメーカーとショップブランド

BTO カスタマイズ対応パソコンの納期が1週間程度で問題なければ、国内メーカーやショップブランド、国内生産も行っている海外メーカーなら、どこも選択肢に入ってきます。

1週間よりも早い納期を望み、できるだけ早くパソコンを入手したいなら、以下のメーカーやショップブランドがおすすめですが、販売されている全ての BTO カスタマイズ対応パソコンの納期が早いとは限りませんので、パソコンを選ぶ際は納期の確認は必須です。

国内メーカー
エプソン
サポートやアフターサービスの良さで有名な国内メーカーですが、納期の早さでも有名です。配送地域によりますが、基本的に BTO カスタマイズ対応パソコンの納期は2日です。

エプソン以外にも納期が早い国内メーカーやショップブランドがありますが、全てのパソコンの納期を早くしている事はありません。エプソンでは全てのパソコンを納期2日としています。
ショップブランド
ドスパラ
コストパフォーマンスが高く、BTO カスタマイズ対応パソコンから PC パーツの品揃えまで豊富なショップブランドです。納期の早さも特徴で、配送地域によりますが、基本的に BTO カスタマイズ対応パソコンの納期は2日です。

ただし、全てのパソコンが納期が早い訳ではありません。中には納期が遅いパソコンもありますが、たいていのパソコンは納期が早いです。


キャンペーン情報
富士通
・納涼セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の8大特典
(8月23日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で26%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(9月6日迄)

ビギナーズ



デル株式会社