低電圧版 - メインメモリーの選び方

最終更新日 2017年01月18日

低電圧版のメモリー規格

メインメモリーには、通常よりも低い電圧で動作する低電圧版メインメモリーがあります。低電圧版メインメモリーかどうかは、メモリー規格、またはモジュール規格(チップ規格)を見ればわかります。

メモリー規格に注目して言うと、DDR3L SDRAM が存在することを認識しておく必要があります。DDR3 SDRAM が通常電圧版であり、DDR3 SDRAM の低電圧版が DDR3L SDRAM です。

DDR3U SDRAM も DDR3 SDRAM の低電圧版ですが、DDR3U SDRAM のメインメモリーはオンボード(マザーボードに直接実装)のみです。各メモリー規格の動作電圧は以下のとおりです。

メモリー規格 動作電圧
DDR3 SDRAM 1.5V
DDR3L SDRAM 1.35V
DDR3U SDRAM 1.25V

L や U が付く低電圧版に限って言えば、DDR2 SDRAM や DDR SDRAM には低電圧版はありません。DDR4 SDRAM にも低電圧版が登場するかもしれませんが、今のところありません。(2017年1月1日時点)

DDR SDRAM、DDR2 SDRAM、DDR3 SDRAM、DDR4 SDRAM の各メモリー規格には、LPDDR SDRAM、LPDDR2 SDRAM、LPDDR3 SDRAM、LPDDR4 SDRAM という低電圧版が存在しますが、これらはオンボードです。PC パーツのメインメモリーを選ぶなら、これらの低電圧版は気にする必要はありません。

低電圧版のモジュール規格(チップ規格)

DDR3 SDRAM の低電圧版 DDR3L SDRAM には、DDR3 の後ろに L が付きますが、モジュール規格(チップ規格)にも似たように L が付きます。

例えば、メモリー規格 DDR3 SDRAM、モジュール規格 PC3-12800、チップ規格 DDR3-1600 の低電圧版は、メモリー規格 DDR3L SDRAM、モジュール規格 PC3L-12800、チップ規格 DDR3L-1600 です。

  メモリー規格 モジュール規格 チップ規格
通常電圧版 DDR3 SDRAM PC3-12800 DDR3-1600
低電圧版 DDR3L SDRAM PC3L-12800 DDR3L-1600

低電圧版のモジュール規格(チップ規格)には、他にもあります。

通常電圧版 DDR3 SDRAM と低電圧版 DDR3L SDRAM の互換性

通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーは、電圧 1.5V で動作しますが、電圧 1.35V では動作しません。低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーは、電圧 1.35V で動作しますが、電圧 1.5V でも動作します。

低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーは、通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーよりも動作電圧の範囲が広いようなものです。

通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーは、電圧 1.5V よりも少し低い電圧でも動作しますが、電圧 1.35V まで下げると動作しません。一方、低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーは、電圧 1.5V でも動作しますし、電圧 1.35V まで下げても動作します。

つまり、低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーは、通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーとしても使えます。

  電圧 1.5V 電圧 1.35V
通常電圧版 DDR3 SDRAM 動作する 動作しない
低電圧版 DDR3L SDRAM 動作する 動作する

個人的には、通常電圧 1.5V では動作しない低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーは見たことありませんが、低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーに当てはまる製品を全て確認したわけではありませんので、そのようなメインメモリーがあるかもしれません。

通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーとして使うつもりで、低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーを選ぶなら、念のために通常電圧 1.5V にも対応しているか確認しておくと良いです。

低電圧版の選び方

通常電圧版 DDR3 SDRAM のみ対応マザーボード

マザーボードには、通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーには対応しているが、低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーには対応していない製品があります。

低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーは、通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーとしても使えますので、このようなマザーボードに搭載するメインメモリーを選ぶなら、どちらを選んでも問題ありません。

存在しないと思われますが、もし通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーとしては使えない低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーがあった場合、選ぶのは避ける必要があります。

低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーのみ対応マザーボード

マザーボードには、低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーには対応しているが、通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーには対応していない製品があります。

このようなマザーボードに搭載するメインメモリーを選ぶなら、通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーは動作しませんので、低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーを選ぶ必要があります。

通常電圧版 DDR3 SDRAM と 低電圧版 DDR3L SDRAM 対応マザーボード

マザーボードには、通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーと低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリー両方に対応している製品があります。

このようなマザーボードに搭載するメインメモリーを選ぶなら、どちらを選んでも問題ありません。

低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーを選び、電圧 1.35V で動作させるなら、電圧 1.5V で動作させる場合と比べて約 20% 消費電力が減ります。

しかし、メインメモリーの消費電力はパソコン全体の消費電力と比べたら小さいので、消費電力を減らすことにこだわって低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーを選んでも、パソコン全体の消費電力はあまり変わりません。

通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーと低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーを混在させると、両方 1.5V で動作させることになります。通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーは、電圧 1.35V では動作しないからです。

もし通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーとしては使えない低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーが存在し、それが混在した場合は電圧 1.5V でも電圧 1.35V でも動作しなくなります。

各メインメモリー個別に電圧を設定できるマザーボードがあれば、動作させることができるでしょうが、そのようなマザーボードを見たことなく、あると聞いたことありません。

通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーとしては使えない低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーが存在しない限り、通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーと低電圧版 DDR3L SDRAM のメインメモリーが混在することになってしまうように選んでも問題ありませんが、マザーボードにメインメモリーを複数搭載する場合、通常電圧版 DDR3 SDRAM と 低電圧版 DDR3L SDRAM の違いだけでなく、他の仕様に関しても違いをなくす、すなわち同じ製品であるメインメモリーを複数搭載するのが望ましいです。

マザーボード 動作するメインメモリー
通常電圧版 DDR3 SDRAM のみ対応 ・通常電圧版 DDR3 SDRAM
・低電圧版 DDR3L SDRAM(※)
低電圧版 DDR3L SDRAM のみ対応 ・低電圧版 DDR3L SDRAM
通常電圧版 DDR3 SDRAM、低電圧版 DDR3L SDRAM 両方対応 ・通常電圧版 DDR3 SDRAM
・低電圧版 DDR3L SDRAM
(※)通常電圧版 DDR3 SDRAM のメインメモリーとしても使える


キャンペーン情報
ドスパラ
・冬のボーナスセール
人気のゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出!SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など、特典も目白押し!
(12月14日迄)
ツクモ
・ボーナス先取りセール
PC本体、PCパーツ、周辺機器お買い得品を多数ご用意
(12月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・秋の大感謝祭
BTOパソコン最大10,000円OFF、お得なアップグレード、PCパーツ・周辺機器もお買い得品を多数ご用意
(11月28日迄)

メインメモリーの選び方