応答速度 - 液晶モニターの選び方

最終更新日 2015年10月26日

応答速度とは

応答速度とは、黒から白、または白から黒への切り替え表示にかかる時間を表します。応答速度が速いほど、切り替えにかかる時間が短くなります。

動画では、パラパラ漫画のように静止画を高速に切り替えて表示し、動いているように見せていますが、応答速度が遅いと今表示している静止画よりも前に表示した静止画が残って見えるようになり、残像感やぼやけた感じを受ける要因になります。

実用上では、表示される色は、黒や白以外の中間色が多くなりますが、液晶モニターでは中間色から別の中間色へ切り替え表示にかかる時間は、応答速度よりも長くなります。

液晶モニターの仕様には、中間色から別の中間色へ切り替え表示にかかる時間も記載されており、この応答速度には GTG(Gray To Gray)、中間色等が併記されています。

液晶モニターでは、この中間色の応答速度が重要であり、黒から白、または白から黒への応答速度に注目して選ぶ必要はありません。それほど、中間色の応答速度が重要であり、液晶モニターによっては仕様に中間色の応答速度のみ記載されている場合があるほどです。

以下では、中間色の応答速度に注目しての選び方について記載します。単に応答速度と記載しますが、それは中間色の応答速度を指すとします。

応答速度の選び方

価格の安さを重視するなら、応答速度は気にしない

応答速度を速めるにはコストがかかるので、価格の安い液晶モニターだと遅い傾向があります。そのような液晶モニターでも、多少の残像感やぼやけた感じがしても許容できるなら、不満なく使えますので、価格の安さを重視するなら応答速度は気にせずに選ぶのがおすすすめです。

動画コンテンツや PC ゲームに使うなら、5ms 以下がおすすめ

液晶モニターを、主に動画コンテンツや PC ゲームのプレイに使用するなら、応答速度は 5ms 以下がおすすめです。5ms 以下であれば、動きの激しい映像でも残像感やぼやけた感じは、ほとんどしません。

動画や画像編集に使うなら

液晶モニターを、主に動画編集に使用するなら、応答速度は 5ms 以下がおすすめです。画像編集では、静止画を扱いますので、応答速度は速くなくても問題ありませんが、画像編集中に画像等を動かす際に残像感やぼやけた感じを受けると、目が疲れやすくなる恐れがあります。

画像編集に特化した液晶モニターは、応答速度に関しては重視して作られていませんので、応答速度が遅めの製品が多いですが、残像感やぼやけた感じを抑えたい場合は、画像編集に使用する場合でも応答速度は 5ms 以下がおすすめです。

画像編集では、応答速度よりも色に関する仕様の方が重要ですので、応答速度を重視するとしても最優先せずに、7〜8ms 程度以下を選択の目安にするのがおすすめです。

動画編集にも画像編集にも液晶モニターを使用する場合は難しいところですが、重視する方に合わせて応答速度を選びたいです。動画編集を重視するなら、応答速度が速い液晶モニターを選ぶのがおすすめです。画像編集を重視するなら、応答速度よりも色に関する仕様を優先して選ぶのがおすすめです。


キャンペーン情報
富士通
・春よ!来いセール
クーポン利用で10〜24%OFF等の10大特典
(3月1日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で25%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)