外部インターフェース - 動画編集用パソコンの選び方

最終更新日 2015年11月04日

USB の選び方

USB は必須

デジタルビデオカメラ等から動画データを取り込んだり、外付け HDD 等と動画データをやり取りするには USB と呼ばれる外部インタフェースを利用するのが一般的です。どのパソコンにも USB が付いており、USB が付いてないパソコンを探すのは難しいほどです。そのため、USB が付いてないパソコンを選んでしまう事はまずありません。

USB3.0 が望ましい

USB は規格によってデータ転送速度が異なります。以下は、各規格のデータ転送速度一覧です。

種類 データ転送速度
USB1.1 12Mbps
USB2.0 480Mbps
USB3.0 5Gbps
USB3.1(Gen1) 5Gbps
USB3.1(Gen2) 10Gbps


できれば転送速度が速い最新規格 USB3.0 である外部インターフェース USB を持つパソコンを選ぶのがおすすめです。USB2.0 でも十分転送速度が速いですが、動画編集の際は大容量ファイルを USB を介してやり取りする機会が結構あるでしょうから、最新規格 USB3.0 が望ましいです。

映像出力端子の選び方

動画編集用パソコンとして映像出力端子に求められるのは、高画質出力に対応している事と、複数の画面に出力に対応している事です。1画面にしっかりと高画質に出力できれば十分ですが、複数の画面が使えれば画面上の作業スペースが広がり、作業効率が上がります。

ノートパソコンだと内蔵している液晶モニターを使いますが、映像出力端子が付いていれば外部の液晶モニターへも出力でき、複数の画面が使えるようになります。

以下は、主な映像出力端子一覧です。

種類 特徴
D-sub 15pin ・アナログ接続なので、デジタル接続と比較すると画質が落ちる。
・アナログ RGB 、または VGA とも呼ばれる。
DVI-D ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・DVI24pin とも呼ばれる。
DVI-I ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。(入力端子 DVI-D に接続する場合。)
・アナログ接続にも対応しているため、変換ケーブルを用いれば、入力端子 D-Sub 15pin と接続可能。(アナログ接続となるため、画質は劣化する。)
・DVI29pin とも呼ばれる。
HDMI ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・映像データと音声データを、1本のケーブルで出力可能。
・著作権保護機能の HDCP に対応可能。
DisplayPort ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・映像データと音声データを、1本のケーブルで出力可能。
・著作権保護機能の HDCP に対応可能。
・高い解像度での使用も考慮して作られたため、対応可能な解像度の上限が高い。
・デイジーチェーン接続に対応しているため、マルチディスプレイ環境を構築しやすい。

高画質出力するためには、デジタル接続が可能な映像出力端子が必要で、DVI-D、DVI-I、HDMI、DisplayPort がデジタル接続が可能となっています。どちらかと言うと HDMI は、パソコンではなく家電製品の AV 機器向けですので、DVI-D、DVI-I、DisplayPort が付いているパソコンがよく見られます。高解像度での画面表示が必要なら、高い解像度に対応できる DisplayPort が付いているパソコンを選ぶと良いです。

また、映像出力端子数が充実しているパソコンは、たいてい複数の種類の映像出力端子が混在しています。(例:DVI-D×2、HDMI×1、DisplayPort×1 で合計4端子)

複数の画面への出力は、複数の映像出力端子が付いている事が必要ですが、付いている映像出力端子数だけ画面に出力できるとは限りません。ビデオカード(ビデオチップ)の仕様によりますが、映像出力端子数と同じ画面数に同時出力できるパソコンもあれば、映像出力端子数より少ない画面数に同時出力できるパソコンもあります。

映像出力端子が複数付いているパソコンなら、たいていは最大2画面同時出力に対応していますが、最大3画面以上の同時出力が必要であれば、可能かどうか仕様等を見て確認した方が良いです。

おすすめ動画編集用パソコン販売店

動画編集用パソコンは、自分にとって必要な性能等を見極められるのであれば、各ショップで、一般に市販されている高性能モデルで十分です。ショップによっては、動画編集向けの仕様となっている動画編集用モデルを販売しています。

以下は、おすすめな動画編集用パソコン販売ショップ一覧です。
マウスコンピューター
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している数少ない国内メーカーです。コストパフォーマンスの高さも評価されて、様々な業務現場で採用された実績があります。
Dell
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している海外メーカーです。世界トップクラスのシェアを獲得しており、国内外の映像・音楽制作の現場でプロのクリエイターにも愛用されています。
ドスパラ
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売しているショップブランドです。クリエイターによって使用目的や求めるハードウェア条件が異なる事を考慮した選びやすいラインナップを展開しています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
訳あり特価品コーナー icon
旧型モデルを特別価格でご提供!
(在庫限り)
Dell
・冬の在庫一掃セール!
週末(金〜月)限定、クーポンでさらに最大17%オフ!
(2月20日迄)
ドスパラ
・パラダイスセール第2弾
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(2月28日迄)
パソコン工房
・ホワイトバザール
今だけBTOパソコン・PCパーツ・雑貨アイテムが大特価!
(2月28日迄)