ノート用ビデオチップ - 動画編集用パソコンの選び方

最終更新日 2018年03月05日

ビデオチップの選び方

ノートパソコンに搭載されるビデオチップを、大まかに分けると以下のようになります。

チップセット内蔵
(オンボード)
マザーボードに標準搭載されているビデオチップ。ビデオチップを統合していない CPU を搭載、かつ専用ビデオチップを搭載していないノートパソコンだと、チップセット内蔵となりますが、ビデオチップと統合した CPU が普及した事もあり、あまり見られません。
CPU 統合ビデオチップ
(CPU 内蔵)
CPU に統合されているビデオチップ。CPU とビデオチップの統合により、コスト削減、消費電力の削減、効率的な処理の実現等の様々なメリットが生まれます。ビデオチップを統合した CPU が普及したため、専用ビデオチップを搭載していなければ、CPU 統合ビデオチップである可能性が非常に高いです。
専用ビデオチップ マザーボードに直接実装されるビデオチップ。専用ビデオチップのメーカーは、nVIDIA 社と AMD 社が有名です。CPU 統合ビデオチップよりもグラフィックス性能が優れているため、グラフィックス性能重視のノートパソコンに搭載されています。

ビデオチップを統合している CPU が普及したため、今ではチップセット内蔵ビデオチップはまず使われません。そのため、CPU 統合ビデオチップか専用ビデオチップを選ぶ事になります。

専用ビデオチップには、大きく分けてクリエイター向けビデオチップの Quadro と FirePro、一般向けビデオチップの GeForce と RADEON があります。これらのビデオチップが不要であれば、CPU 統合ビデオチップを選ぶ事になります。

CPU 統合ビデオチップの選び方

動画編集ソフトウェアが推奨しているビデオチップ

使用する動画編集ソフトウェアが、特定の CPU 統合ビデオチップを推奨しており、その中から選びたい場合は、推奨対象の CPU 統合ビデオチップを選ぶ必要があります。

グラフィックス性能の高さを気にして選ぶ必要性は低い

基本的に CPU の性能が高いほど、CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能も高いです。しかし、CPU 統合ビデオチップは、製品の違いで生じてくるグラフィックス性能差は小さく、専用ビデオチップから見れば、どんぐりの背比べです。

そのため、グラフィックス性能の高さを気にして選ぶ必要性は低く、グラフィックス性能の高さを重視するなら専用ビデオチップを選ぶ方が良いです。

グラフィックス機能の有無

CPU 統合ビデオチップは、製品によって対応している機能に違いが見られます。もし必要なグラフィックス機能があるなら、そのグラフィックス機能に対応している CPU 統合ビデオチップを選ぶ必要があります。

例えば、インテル社のグラフィックス機能の一つに、インテル クイック・シンク・ビデオ(Intel Quick Sync Video)と呼ばれるハードウェアエンコード機能があります。この機能に CPU 統合ビデオチップが対応してなければ、インテル クイック・シンク・ビデオは利用できません。

高性能な CPU にはグラフィックス性能が高い CPU 統合ビデオチップが統合されており、どれもグラフィックス機能は同じですが、低性能な CPU にはグラフィックス性能が低い CPU 統合ビデオチップが統合されているだけでなく、一部のグラフィックス機能が削られている場合があります。

パソコンの仕様には、CPU 統合ビデオチップのグラフィックス機能についてまで記載されていない場合が多いので、その場合は CPU メーカーのウェブサイトで調べる必要があります。

クリエイター向けビデオチップ Quadro、FirePro の選び方

以下では、専用ビデオチップを、ビデオチップと略して記載します。

動画編集ソフトウェアが推奨しているビデオチップ

使用する動画編集ソフトウェアが、Quadro や FirePro の製品を推奨しており、その中から選びたい場合は、推奨対象の製品を選ぶ必要があります。

Quadro や FirePro の製品を推奨しているなら、様々な製品が推奨対象になっていますが、古すぎる製品や発売後間もない製品は推奨対象ではない場合があります。

Quadro と FirePro は、どちらが優れているか決めるのが難しいほどですので、どちらを選んでも問題ありませんが、Quadro の方がシェアが大きく、FirePro 搭載ノートパソコンは非常に少ないので、Quadro の方が選びやすいです。

主なビデオチップ

以下は、nVIDIA 社のビデオチップ Quadro の比較的新しい製品一覧です。上記ほど新しい製品となります。

使用する動画編集ソフトウェアや動画編集の仕方によりますが、動画編集ではハイスペッククラスかスタンダードクラスが選択の目安です。

ハイスペッククラスの Quadro は価格が高いので、明確にハイスペッククラスの Quadro が必要と判断できなければ、性能と価格とのバランスが取れたスタンダードクラスの Quadro がおすすめです。

nVIDIA 製 Quadro(Maxwell アーキテクチャ採用)

ハイスペック スタンダード エントリー
Quadro M5000M
Quadro M4000M
Quadro M3000M
Quadro M2000M
Quadro M1000M
Quadro M600M

nVIDIA 製 Quadro(Kepler アーキテクチャ採用)(新世代)

ハイスペック スタンダード エントリー
Quadro K5100M
Quadro K4100M
Quadro K3100M
Quadro K2100M
Quadro K1100M
Quadro K610M
Quadro K510M

nVIDIA 製 Quadro(Kepler アーキテクチャ採用)(旧世代)

ハイスペック スタンダード エントリー
Quadro K5000M
Quadro K4000M
Quadro K3000M
Quadro K2000M
Quadro K1000M
Quadro K500M

以下は、AMD 社のビデオチップ FirePro の比較的新しい製品一覧です。上記ほど新しい製品となります。Quadro の場合と同様にハイスペッククラスかスタンダードクラスが選択の目安であり、ハイスペッククラスの性能が必要で無ければ、性能と価格とのバランスが取れたスタンダードクラスの FirePro がおすすめです。

AMD 製 FirePro M シリーズ(新世代)

ハイスペック スタンダード エントリー
FirePro M6100 FirePro M5100 FirePro M4100

AMD 製 FirePro M シリーズ(旧世代)

ハイスペック スタンダード エントリー
FirePro M6000 FirePro M5000 FirePro M4000

一般向けビデオチップ GeForce、RADEON の選び方

動画編集ソフトウェアが推奨しているビデオチップ

クリエイター向けビデオチップ Quadro、FirePro と同様に、使用する動画編集ソフトウェアが推奨している GeForce や RADEON の製品を選びたい場合は、推奨対象の製品を選ぶ必要があります。

GeForce と RADEON も、どちらが優れているか決めるのが難しいほどですので、どちらを選んでも特に問題はありません。GeForce の方がシェアが大きく選びやすいです。

主なビデオチップ

以下は、nVIDIA 社のビデオチップ GeForce の比較的新しい製品一覧です。上記ほど新しい製品となります。ハイスペッククラスの性能が明確に必要と判断できなければ、性能と価格とのバランスが取れたスタンダードクラスの GeForce がおすすめです。

製品 PassMark シリーズ 発売年
GeForce GTX 1080 88% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1070 80% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1080 with Max-Q Design 78% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 980 69% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce GTX 1060 64% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1070 with Max-Q Design 54% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1060 with Max-Q Design 49% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 1050 Ti 42% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 980M 42% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce GTX 1050 32% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 970M 28% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce GTX 965M 22% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce GTX 960M 15% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce MX150 14% GeForce 10シリーズ 2016年
GeForce GTX 950M 12% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 945M 10% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 940MX 9% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 930MX 8% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 920MX 7% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 940M 7% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 930M 6% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 920M 5% GeForce 900Mシリーズ 2014年
GeForce 910M 3% GeForce 900Mシリーズ 2014年

以下は、AMD 社のビデオチップ RADEON の比較的新しい製品一覧です。上記ほど新しい製品となります。GeForce の場合と同様にハイスペッククラスの性能が明確に必要と判断できなければ、性能と価格とのバランスが取れたスタンダードクラスの RADEON がおすすめです。

製品 PassMark シリーズ 発売年
Radeon RX 580 60% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon RX 570 48% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon RX 560 32% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R9 M470X 26% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon RX 550 25% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R9 M470 15% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon RX 540 12% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R7 M465 9% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon 530 9% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R7 M445 7% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon R7 M440 6% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon R7 M460 6% Radeon M400シリーズ 2016年
Radeon 520 5% Radeon 500シリーズ 2017年
Radeon R5 M430 4% Radeon M400シリーズ 2016年

おすすめ動画編集用パソコン販売店

動画編集用パソコンは、自分にとって必要な性能等を見極められるのであれば、各ショップで、一般に市販されている高性能モデルで十分です。ショップによっては、動画編集向けの仕様となっている動画編集用モデルを販売しています。

以下は、おすすめな動画編集用パソコン販売ショップ一覧です。
マウスコンピューター
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している数少ない国内メーカーです。コストパフォーマンスの高さも評価されて、様々な業務現場で採用された実績があります。
Dell
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している海外メーカーです。世界トップクラスのシェアを獲得しており、国内外の映像・音楽制作の現場でプロのクリエイターにも愛用されています。
ドスパラ
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売しているショップブランドです。クリエイターによって使用目的や求めるハードウェア条件が異なる事を考慮した選びやすいラインナップを展開しています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集
軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートもお求めになりやすい価格にて販売中です。
(キャンペーン実施中)
Dell
・夏のボーナスセール
直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・ボーナスセール
ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出
(6月28日迄)
パソコン工房
・アーリーサマーセール
スタッフ厳選BTOパソコンが大幅プライスダウン
(6月26日迄)

動画編集用パソコンの選び方