タブレットの OS「Android、iOS、Windows」の選び方

最終更新日 2017年01月07日

自分の使用用途に合った OS を選ぶ

特定の OS のみ対応のソフトウェアや周辺機器を使用したい場合

タブレットに搭載される OS には、Google 社の Android、Apple 社の iOS、Microsoft 社の Windows があります。

どの OS を選ぶかで、できる事が異なってきますので、自分の使用用途を考慮して適切な OS を選ぶ必要があります。どの OS を選んでも、たいていは同じ事ができますが、一部は特定の OS においてのみできる場合もあります。

特に気をつけたいのは、特定の OS のみ対応しているソフトウェアを使用したい場合です。多くのソフトウェアが各 OS に対応しており、特定の OS に対応していなくても別のソフトウェアを代用できる場合が多いですが、特定の OS のみ対応しているソフトウェアを必ず使用したい場合は、その OS が搭載されたタブレットを選ぶ必要があります。

同様に、特定の OS のみ対応している周辺機器を使用したい場合も注意が必要です。

各 OS が搭載されたタブレットのチェックポイント

特に特定の OS を選ぶ必要が無い場合は、各 OS が搭載されたタブレットの特徴を見ていき、自分の使用用途に合いそうな OS を選ぶと良いです。

以下は、各 OS が搭載されたタブレットの確認しておきたいチェックポイントです。重視したい点を中心に総合的に見てどの OS が自分の使用用途に合いそうか判断する必要があります。

チェックポイント 各 OS の特徴
OS の陳腐化 ・Android は、OS の陳腐化が早い傾向がある
・iOS や Windows は、OS の陳腐化が遅い
ソフトウェアの
種類
・どの OS もソフトウェアの種類は多い
・Windows では、ノートパソコンやデスクトップパソコンで使えたソフトウェアも使える
ソフトウェアの
安全性
・iOS では、基本的に厳しい審査に通過したソフトウェアのみ使用可能なため、最も安全性が高い
・Android や Windows では、気をつけて使わないと悪意のあるソフトウェアを使用してしまう可能性が高い
ソフトウェアの
互換性
・Android は、ソフトウェアの互換性で問題が発生しやすい
・iOS や Windows は、ソフトウェアの互換性で問題が発生しにくい
周辺機器の
種類
・どの OS も周辺機器の種類は多い
・Windows では、ノートパソコンやデスクトップパソコンで使えた周辺機器も使える
周辺機器の
互換性
・Android は、周辺機器の互換性で問題が発生しやすい
・iOS や Windows は、周辺機器の互換性で問題が発生しにくい
通信機能 ・Android や iOS は、携帯電話通信網を利用したインターネット接続が可能なタブレットが多い
・Windows は、携帯電話通信網を利用したインターネット接続が可能なタブレットが少ない
・どの OS でも、携帯電話通信網を利用したインターネット接続に非対応でも、モバイル Wi-Fi ルーターを利用すれば可能
性能 ・iOS では、標準的な性能のタブレットがそろっており、選べる性能の範囲が狭い
・Android や Windows では、性能が低いタブレットから性能が高いタブレットまでそろっており、選べる性能の範囲が広い
・Windos は、高性能タブレットに強い
価格 ・iOS では、標準的な価格のタブレットがそろっており、選べる価格の範囲が狭い
・Android や Windows では、価格が低いタブレットから価格が高いタブレットまでそろっており、選べる価格の範囲が広い
・Android は、低価格タブレットに強い

以降において、各チェックポイントについて詳しく記載しています。

OS の陳腐化

各 OS は、定期的にアップデートが行われます。アップデートにより、セキュリティ等の問題点が解決されたり、新機能の追加が行われます。

タブレットに搭載された OS を最新バージョンにアップデートできないと、OS が陳腐化してしまいます。追加された新機能が使えなくても良いとしても、追加された新機能の利用が前提のソフトウェアも使えなくなります。また、セキュリティの問題が解決されずに残ってしまうと、大きなリスクとなります。

Apple 社では、ある程度古い製品でも、iOS のアップデートができるようにしており、iOS 搭載タブレットでは OS の陳腐化は遅いです。OS とタブレットを共に自社で開発しているメーカーならではの強みです。

Google 社では、Android のアップデートを行いますが、アップデートされた Android を受け取った Android 搭載タブレットのメーカーに、アップデートに必要なデータを配布してもらう必要があります。そのメーカーが配布しなければ、アップデートできません。自分で Android をアップデートする方法もありますが、難易度は高いです。

Android 搭載タブレットのメーカーは数多く、多様な仕様の製品が存在するため、メーカーがアップデートしたくてもハードウェア的な問題でアップデートできない場合が起こりやすく、アップデートに消極的な Android 搭載タブレットのメーカーも見られ、Android 搭載タブレットでは OS の陳腐化は早い傾向があります。

Microsot 社では、Windows のアップデートを行いますが、ユーザー自身でアップデートを行います。Windows 搭載タブレットのメーカーも数多いですが、ハードウェアと OS の互換性の維持を重視して発展してきたノートパソコンやデスクトップパソコンと同様に互換性に優れているため、アップデートできなくなるまでの期間は長く、OS の陳腐化は遅いです。

そのため、少なくとも2年以上にわたってタブレットを使用し続けるのであれば、iOS 搭載タブレットか Windows 搭載タブレットを選ぶと良いです。

Android 搭載タブレットでも OS が陳腐化せず長く使える可能性はありますが、アップデートされた Android とハードウェアの互換性や、Android 搭載タブレットのメーカーの対応次第で変わってきますので、OS の陳腐化が早いリスクを認識しておく必要があります。

ソフトウェアの種類

タブレットを便利に使っていくためには、使用用途に合ったソフトウェアがそろっている事が重要です。自分の使用用途を考えて必要なソフトウェアがそろっている OS が搭載されたタブレットを選ぶ必要がありますが、タブレットを使っていく途中で、新たに必要なソフトウェアが出てくる場合もあります。

このような事を考えて、ソフトウェアの種類が豊富にそろっている OS を選ぶのが良くなってきます。しかし、どの OS にも豊富なソフトウェアが存在しているため、どの OS がソフトウェアの種類が豊富か気にして選ぶ必要性は低いです。

タブレットの火付け役となり大きなシェアを獲得している iOS 搭載タブレットでは、既にソフトウェアが豊富に存在し、急速にシェアを伸ばしてきた Android 搭載タブレットにも多数のソフトウェアが存在します。

Windows 搭載タブレットは出遅れたため、ソフトウェアの多さは負けますが、圧倒的なシェアを獲得しているノートパソコンやデスクトップパソコンで使えるソフトウェアも、Windows 搭載タブレットで使えるという大きな強みがあります。

ソフトウェアの安全性

iOS 搭載タブレットでは、ソフトウェアは Apple Store から入手する必要があります。ソフトウェア開発メーカーは、Apple Store の審査を経て、ソフトウェアを公開しますが、Apple Store の審査は厳しく、悪意のあるソフトウェアは審査に通りませんので、安全性が非常に高いです。

何らかの原因で悪意のあるソフトウェアが審査を経て公開されてしまう場合もありますので、絶対に安全とは言えませんが、Apple 社はソフトウェアの安全性をかなり重視しています。

Apple Store 以外からもソフトウェアの入手は可能ですが、このような入手の仕方は Apple 社は認めていません。Apple Store からソフトウェアを入手するようにしていれば、悪意のあるソフトウェアをインストールしてしまう可能性は非常に低いです。

Android 搭載タブレットでは、Google Play ストアに限らず様々なストア、さらにストアではない通常のウェブサイトからもソフトウェアの入手が可能です。

Google Play ストアは、審査はそれほど厳しくなく、他のストアは審査が厳しいところもあれば、審査が無いところもあります。通常のウェブサイトで公開されているソフトウェアであれば、審査はありません。

そのため、ソフトウェアが安全かどうかに気をつけていないと、悪意のあるソフトウェアをインストールしてしまう可能性が高くなります。

Windows 搭載タブレットも Android 搭載タブレットと同様です。Windows 搭載タブレットでは、Windows ストアに限らず様々なストア、さらにストアではない通常のウェブサイトからもソフトウェアの入手が可能です。

Windows ストアの審査は厳しい方ですが、Windows ストア以外でソフトウェアを入手する事も可能なため、ソフトウェアが安全かどうかに気をつけていないと、悪意のあるソフトウェアをインストールしてしまう可能性が高くなります。

そのため、安全性の高さを重視するなら、iOS 搭載タブレットを選ぶ方が良いです。Android 搭載タブレットと Windows 搭載タブレットでは、どちらが安全性が高いか決めるのは難しいです。

ソフトウェアの互換性

ソフトウェアの開発メーカーは、特定の OS 向けに提供する場合、その OS 上で動作に問題が出ないか検証します。その際は、その OS が搭載されたタブレットが使用されますが、同じ OS でもタブレットが異なると、動作に支障が生じる場合があります。

そのような問題が起きないようにソフトウェア開発メーカーは、複数のタブレットにて動作検証を行いますが、タブレットの製品数が多いと全てのタブレットで動作検証を行うのは難しくなります。

特に難しいのが Android です。Android 搭載タブレットを開発して製造しているメーカーは多く、ある Android 搭載タブレットでは正常に動作したソフトウェアが、別の Android 搭載タブレットだと正常に動作しない場合があります。

Windows 搭載タブレットも開発して製造しているメーカーが多いので、同様な問題が生じる場合がありますが、Android 搭載タブレットよりは製品数が少なく、ハードウェアと OS、ソフトウェアの互換性の維持を重視して発展してきたノートパソコンやデスクトップパソコンと同様に互換性に優れているため、問題は起きにくいです。

iOS 搭載タブレットを開発して製造しているメーカーは Apple 社のみであり、ソフトウェア開発メーカーの動作検証の負担は軽くなり、Apple 社のタブレットのみ動作検証を行えば済むため、同様な問題は起きにくいです。

そのため、ソフトウェアの互換性に悩まされたくないのであれば、iOS 搭載タブレットや Windows 搭載タブレットを選ぶと良いです。Android 搭載タブレットでも、よく売れていて普及しているタブレットであれば、ソフトウェアの開発メーカーが動作検証している可能性が高いため、ソフトウェアの互換性に悩まされる可能性は低くなります。

周辺機器の種類

周辺機器は、ドライバによって動作しますが、ドライバが OS に提供されていないと、その OS では周辺機器は動作できませんので使えません。そのため、使用したい周辺機器があるなら、その周辺機器の対応 OS を調べ、その OS が搭載されたタブレットを選ぶ必要があります。

特に使用したい周辺機器が明確に決まっていない場合、どの OS を選べば様々な周辺機器を使えるのか気になるところです。

iOS 搭載タブレットは、タブレット普及の火付け役であり、シェアが大きいため iOS 対応の周辺機器が多いですが、Android 搭載タブレットもシェアを大きく伸ばしてきたため、Android 対応の周辺機器も多いです。

Windows 搭載タブレットは出遅れましたが、既に Windows 搭載パソコンで圧倒的なシェアを獲得しており、Windows 搭載パソコンで使えた周辺機器を、Windows 搭載タブレットでも使えますので、Windows 対応の周辺機器も多いです。

少なくとも、広く使われているような周辺機器であれば、各 OS に対応している製品が多いです。例えば、外付けキーボードは、Android と iOS、Windows に対応している製品が多いです。

そのため、どの OS を選べば様々な周辺機器を使えるのか気にして選ぶ必要性は低いです。

周辺機器の互換性

周辺機器を動作させるために必要なドライバはソフトウェアの一種です。ドライバもソフトウェアと同様に互換性の問題があり、Android 搭載タブレットは、互換性の問題が発生する可能性が高く、iOS 搭載タブレットや Windows 搭載タブレットでは、互換性の問題が発生する可能性は低いです。

そのため、周辺機器との互換性に悩まされたくないのであれば、iOS 搭載タブレットや Windows 搭載タブレットを選ぶと良いです。Android 搭載タブレットを選ぶ場合、なるべく周辺機器との互換性の問題が生じないよう売れ筋の普及している製品を選ぶと良いです。

通信機能

各 OS 搭載タブレットには通信機能があり、基本的に無線 LAN(Wi-Fi)を利用してインターネットに接続できます。無線 LAN を利用するには、無線 LAN 環境が構築されている必要がありますが、屋外では公衆無線 LAN サービスの普及が進んでいるとは言え、まだまだ無線 LAN を利用できない場所が多いです。

無線 LAN に加えて携帯電話通信網を利用できれば、携帯電話がつながる場所ならインターネットに接続できますので、屋外の広い範囲でインターネット接続が可能となります。

携帯電話通信網の利用で強いのは、iOS 搭載タブレットと Android 搭載タブレットです。NTT ドコモや KDDI(au)、ソフトバングモバイル等の通信事業者が、回線契約と共に販売しているのが見られ、SIM フリータブレットであれば、通信事業者や MVNO(仮想移動体通信事業者)が販売している SIM カードを購入すれば、携帯電話通信網が利用できるようになります。

無線 LAN しか使えないタブレットでも、モバイル Wi-Fi ルーターと組み合わせて使用すれば、携帯電話通信網を利用してインターネット接続できるようになります。

Windows 搭載タブレットでは、携帯電話通信網の利用に対応している製品は少ないです。そのため、Windows 搭載タブレットで携帯電話通信網を利用したい場合は、基本的にモバイル Wi-Fi ルーターを購入する必要があります。

そのため、Windows 搭載タブレットでも携帯電話通信網の利用はできますが、携帯電話通信網を利用してインターネット接続したい場合は、iOS 搭載タブレットか Android 搭載タブレットを選ぶと良いです。

性能

各 OS のタブレットには、性能が低い製品から性能が高い製品まであります。

iOS 搭載タブレットは、Apple 社のみ開発して製造していますが、同時期に発売された iOS 搭載タブレットなら、大きな性能差はありません。

Apple 社では、旧製品から新製品を発売する場合は、性能で大きく差別化しますが、同時期に発売する製品では性能で大きく差別化するような事は見られず、性能が低すぎたり高すぎたりしない標準的な性能を持つ製品がそろっています。

そのため、iOS 搭載タブレット選ぶ場合は、性能の高さを気にせずに選んで問題ありません。標準的な性能ではなく、予算を抑えるために性能が低いタブレットや、予算度外視で性能が高いタブレットを選びたい場合は、iOS 以外の OS が搭載されたタブレットを選ぶ必要があります。

Android 搭載タブレットや Windows 搭載タブレットでは、様々なメーカーが開発して製造しているため、価格が安い低性能な製品から、価格度外視の高性能な製品まであります。

Android 搭載タブレットは、特に性能が低い製品が見られ、その分かなり価格が安いですので、性能が低くても良いから価格が安いタブレットを選びたいなら、Android 搭載タブレットが選択の目安です。

Windows 搭載タブレットでは、特に性能が高い製品が見られ、ノートパソコン向けの高性能 CPU を搭載した製品もありますので、性能の高さを重視して選びたいなら、Windows 搭載タブレットが選択の目安です。

価格

各 OS が搭載されたタブレット PC には、複数の製品があります。複数の製品を比べると、機能や性能で差別化が図られており、価格も異なっています。

iOS 搭載タブレットは、Apple 社のみが開発して製造しているため、iOS 搭載タブレットの製品数は少ないです。iOS 搭載タブレットには、価格が安い製品から価格が高い製品がありますが、価格の範囲は狭いです。

Android 搭載タブレットと Windows 搭載タブレットでは、開発して製造しているメーカーが多く、製品数が豊富であり、価格が安い製品から価格が高い製品を見渡すと、価格の範囲は広いです。

特に Android 搭載タブレットは低価格製品に強く、価格が安いタブレットを選びたいなら Android 搭載タブレットが選択の目安になります。逆に Windows 搭載タブレットは高価格製品に強く、機能や性能が充実していて価格が高いタブレットを選びたいなら Windows 搭載タブレットが選択の目安になります。

ただし、価格が安いタブレットは機能や性能が抑えられている可能性が高いので注意が必要です。逆に価格が高いタブレットは、必要以上に機能が多くて性能が高い可能性がありますので、自分にとってオーバースペックにならないか注意して選ぶ必要があります。


キャンペーン情報
富士通
・特別決算セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の9大特典
(9月20日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で30%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で29%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月17日迄)