ビデオカードの選び方 - PC パーツの選び方

最終更新日 2016年08月28日

メニュー項目一覧と概要

ビデオカードの特徴について記載しています。

ビデオカードは、パソコンにとって必須ではなく、使用用途によって必要かどうか決まってきます。また、ビデオカードは、搭載に必要な拡張スロットや、内部スペース、補助電源がないと、パソコンに搭載して使用できません。

ビデオカードを選ぶ前に、ビデオカードが自分にとって必要なのかどうか、パソコンに搭載可能なのか抑えておきたいです。
クリエイター向けビデオカードに搭載されるビデオチップの選び方について記載しています。

ビデオカードは、ビデオチップが同じなら他の仕様は同じと言えるため、ビデオカードを選ぶ事はビデオチップを選ぶ事と言えます。ビデオチップの製品次第で、ビデオカードの性能がほぼ決まるため、性能を重視するなら、ビデオチップ選びは重要です。
ビデオカードに搭載されるビデオメモリーを考慮した選び方について記載しています。

ビデオメモリーの容量や規格も性能に関わりますが、ビデオカードを選ぶという事はビデオチップを選ぶ事なので、ビデオメモリーの仕様に関しては、参考程度に見ておくで十分です。
ビデオカードのインターフェースを考慮した選び方について記載しています。

特に内部インターフェースは、パソコンにビデオカードを搭載可能か決まってくるため、よく確認して選ぶ必要があります。必要な出力端子が決まっているなら、外部インターフェースもよく確認して選ぶ必要があります。
ビデオカードの対応解像度を考慮した選び方について記載しています。

特に対応する最大解像度が重要ですが、ビデオチップの性能が向上し、伝送可能なデータ量が大きい外部インターフェースが普及したため、どのビデオカードも対応する最大解像度は十分高いです。

4K が必要になってくるなら、対応解像度について、よく確認して選ぶ必要があります。
ビデオカードが対応している API(ソフトウェアで使用されている DirectX、OpenGL)を考慮した選び方について記載しています。

使用するソフトウェアによっては、グラフィックス関連の高度な処理や高速処理を実現するために対応している API の種類が重要になってきます。
ビデオカードの消費電力を考慮した選び方について記載しています。

ビデオカードは性能が高いほど消費電力が大きくなりますが、選んだビデオカードを搭載した場合のパソコン全体の消費電力が、電源容量を超えないようにするだけでなく、余裕が生じるように選ぶ事も重要になってきます。

どうしても電源容量に問題が生じるくらい消費電力が高い高性能ビデオカードを選ぶ場合は、電源容量が大きい電源ユニットに交換する事が必要になります。
ビデオカードやビデオチップのメーカーを考慮した選び方、ビデオカードの価格帯と性能の目安について記載しています。


キャンペーン情報
ドスパラ
・オータムセール
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(9月28日迄)
ツクモ
・ツクモの日祭
九月はツクモがとにかく安い!!
(9月29日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・半期に一度の決算SALE
やてきましたBIGチャンス!半期に一度のお買い得キャンペーン!
(9月26日迄)

ビデオカードの選び方



コラム - グラフィックス

GPU 性能比較早見表

デル株式会社