拡張インターフェース - デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2017年03月20日

拡張インターフェースの選び方

拡張インターフェースとは

拡張インターフェースは、パソコン内部に PC パーツを搭載するために使用する接続インターフェースです。内部インターフェースとも呼びます。

拡張インターフェースには、拡張ベイと拡張スロットがあります。拡張ベイはストレージや光学ドライブ等を搭載するために使用し、拡張スロットはビデオカード等の拡張カード(拡張ボード)を搭載するために使用します。

拡張インターフェース 搭載される主な PC パーツ
拡張ベイ ストレージ、光学ドライブ
拡張スロット ビデオカード、インターフェースカード

PC パーツの交換や増設をしないなら、気にせずに選んで問題ない

パソコン購入後に PC パーツの交換や増設をしないのであれば、拡張インターフェースについて気にせずに選んで問題ありません。交換や増設をするなら、拡張インターフェース関連の仕様をよく確認して選ぶ必要があります。

拡張インターフェースが多いのは、タワー型

デスクトップパソコンのタイプには、主に一体型、省スペース型、タワー型、キューブ型がありますが、拡張インターフェースが多いのはタワー型です。

一体型は、PC パーツの交換や増設をしない前提で作られていますので、拡張インターフェース関連の仕様は記載されていない事が多いです。

省スペース型やキューブ型は、拡張インターフェースはありますが、その数は少ないです。そのため、多くの PC パーツを搭載したいのであれば、タワー型を選ぶ方が良いです。

増設するなら空き数に注意

拡張インターフェースは、既に搭載されている PC パーツが使用しており、全ての拡張インターフェースを使用しているなら空き数は0となり、これ以上の PC パーツの増設はできません。

そのため、PC パーツを増設するなら、拡張インターフェースの空き数を確認する必要があります。また、BTO カスタマイズで搭載 PC パーツを変更すると、拡張インターフェースの空き数が変わり、仕様に記載されている空き数とはならない場合がありますので、注意が必要です。

拡張ベイの選び方

ドライブベイの種類

拡張ベイの仕様を見ていくためには、まずドライブベイの種類を把握しておく必要があります。以下は、ドライブベイの種類一覧です。

5インチベイ
DVD スーパーマルチドライブや BD ドライブ等の光学ドライブを搭載するためのドライブベイです。正確には5.25インチベイですが、略して5インチベイと呼ばれる事が多いです。

タワー系の PC ケースであれば、少なくても2つ以上はあります。省スペースやキューブだと、1〜2つである事が多いです。
スリムドライブベイ
ノートパソコン等の小型パソコン向けの DVD スーパーマルチドライブや BD ドライブ等の光学ドライブを搭載するためのドライブベイです。サイズが小さい PC ケースで、5インチベイの代わりとしてスリムドライブベイがあるのがよく見られます。
3.5インチベイ
メモリーカードリーダーや FDD を搭載するためのドライブベイです。あまり利用されない事もあり、多くの PC ケースが1つとなっています。
3.5インチシャドウベイ
HDD や SSD 等のストレージを搭載するためのドライブベイです。タワー系の PC ケースであれば、4つ以上はあります。省スペースやキューブだと、1〜2つである事が多いです。多くの内蔵ストレージを搭載予定の方は、このドライブベイの数が多い PC ケースを選ぶのが望ましいです。
2.5インチシャドウベイ
ノートパソコン等の小型パソコン向けの HDD や SSD 等のストレージを搭載するためのドライブベイです。主に SSD 搭載のために使われますが、3.5インチシャドウベイの方が普及しているため、2.5インチシャドウベイが無い PC ケースは多いです。

増設するなら、5インチベイと3.5インチシャドウベイを重視

増設する PC パーツによりますが、拡張ベイで見ておきたいのは、5インチベイと3.5インチシャドウベイです。光学ドライブを増設するなら5インチベイの数、ストレージを増設するなら3.5インチシャドウベイの数が、増設したい分だけあるか確認が必要です。

ただし、限度がありますので、求める数が多すぎると条件を満たすモデルが見つかりません。大きいタワー型で5インチベイの数は5つ程度、3.5インチシャドウベイ数は10個程度が限度です。

スリムドライブベイは小型パソコン向け

スリムドライブは、本体サイズを小さくする目的で採用され、小型パソコンでよく見られます。そのため、スリムドライブがあるモデルでは、5インチベイが無い事が多いです。

3.5インチベイの数は少ない

3.5インチベイは、FDD が廃れ、メモリーカードリーダーを搭載する程度でしか使われないため、数は少ないです。タワー型でも 3.5インチベイが無いモデルが見られるくらいです。

3.5インチベイ用の PC パーツを増設したい場合は、増設したい分だけあるか確認が必要ですが、サイズが大きいタワー型でも2個程度のため、それ以上のモデルを探すのは難しいです。

2.5インチシャドウベイがあるモデルは少ない

2.5インチシャドウベイは、小型のストレージを搭載できるため、限られた内部スペースに多数の小型ストレージを搭載するのに有効ですが、このような需要が少ないせいか、2.5インチシャドウベイがあるモデルは少ないです。

マウンターを利用して、2.5インチシャドウベイ用のストレージを、3.5インチシャドウベイに搭載する手がありますので、小型のストレージを搭載したい場合は、2.5インチシャドウベイがあるモデルを探すより、3.5インチシャドウベイがあるモデルでマウンターを利用するとした方が選びやすくなります。

拡張スロットの選び方

拡張スロットの規格

拡張スロットの仕様を見ていくためには、まず拡張スロットの規格を把握しておく必要があります。以下は、主な拡張スロットの規格一覧です。
PCI Express x16
規格 PCI Express x16 の拡張カードだけでなく、PCI Express x8 や PCI Express x4、PCI Express x1 の拡張カードも搭載できます。
PCI Express x8
規格 PCI Express x8 の拡張カードだけでなく、PCI Express x4 や PCI Express x1 の拡張カードも搭載できます。
PCI Express x4
規格 PCI Express x4 の拡張カードだけでなく、PCI Express x1 の拡張カードも搭載できます。
PCI Express x1
PCI Express x1 の拡張カードを搭載できます。
PCI
PCI の拡張カードを搭載できます。古い規格となったため、新しいパソコンから無くなりつつあります。

増設するなら PCI Express x16 と PCI Express x1 を重視

拡張カードには、規格 PCI Express x16 の製品と PCI Express x1 の製品が多いです。ビデオカードの大半は、PCI Express x16 であり、ビデオカードを増設するなら PCI Express x16 は必須です。

インターフェースカード等の拡張カードは、PCI Express x1 が主流のため、増設するなら拡張スロットに PCI Express x1 があった方が良いですが、拡張スロットに PCI Express x16 があれば、たいてい PCI Express x1 もあります。

PCI Express x8 や PCI Express x4 は、これらの規格の拡張カードが少ないせいか、拡張スロットに見られない事が多いです。必要なければ無くて問題ありませんが、必要な場合は探すのが大変なため、拡張スロット PCI Express x16 を使用するとして選ぶのもありです。

複数の拡張スロットを占有する拡張カードを考慮する

たいていの拡張カードは、1つの拡張スロットを占有しますが、サイズが大きい拡張スロットだと2〜3スロット分占有します。特に高性能ビデオカードに見られます。

そのため、複数の拡張スロットを占有する場合は、占有分の数だけ拡張スロットが必要になります。例えば、拡張スロット PCI Express x16 と PCI Express x1 があるモデルの場合、2スロット占有する拡張カードを拡張スロット PCI Express x16 に搭載すると、実際に接続されているのは PCI Express x16 であり、PCI Express x1 は接続されていませんが、搭載に必要なスペースが占有されているため PCI Express x1 は使えません。

もし、複数の拡張スロットを占有する拡張カードを増設、または既存の拡張カードと交換する場合は、占有スロット数を考慮しておく必要があります。

マザーボードの拡張スロットの配置の仕方によっては占有は発生しません。また、占有によって使えなくなる拡張スロットに、あまり使われない PCI Express x8 や PCI Express x4 を配置しているマザーボードもありますので、占有スロット数によって自分の思い通りに拡張カードを搭載できないようであれば、このようなマザーボードを搭載しているモデルを探してみると良いです。

ただし、拡張スロットの配置を仕様に記載、もしくは拡張スロット部分を写真で公開されていれば配置の仕方がわかりますが、不明な場合は問い合わせる必要があります。

小型パソコンだと、ロープロファイルのみ対応の場合あり

小型パソコンによく見られますが、拡張スロットはロープロファイルのみ対応の場合があります。拡張カードは、ここまで大きく作って良いというサイズ制限があり、ロープロファイルはサイズ制限が小さい拡張カードの事を指します。言い換えると、PC ケース内部スペースが狭いモデル用の拡張カードです。

ロープロファイルの拡張カードのみ搭載するなら、ロープロファイルのみ対応の拡張スロットで問題ありませんが、そうではない場合は選ばないよう注意が必要です。

基本的にタワー型以外の省スペース型やキューブ型等の小型パソコンだと、拡張スロットがロープロファイルのみ対応の場合が多いです。ロープロファイルのみ対応と仕様等に記載されていなくても、明らかに本体サイズが小さい小型パソコンの拡張スロットはロープロファイルのみ対応と認識しておいた方が良いです。


キャンペーン情報
富士通
・納涼セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の8大特典
(8月23日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で26%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(9月6日迄)

デスクトップパソコンの選び方



コラム - デスクトップパソコン

コラム - インターフェース

デル株式会社