SSD - デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2017年03月18日

SSD の種類の選び方

主な SSD の種類

SSD は、フラッシュメモリーを応用した記憶媒体ですが、幾つかの種類が存在します。

SSD は、一般的にドライブベイに搭載される製品を指しますが、マザーボードの専用スロットに搭載する拡張カード型の mSATA SSD や M.2 SSD もあります。mSATA SSD や M.2 SSD は SSD の一種ですが、ここではドライブベイに搭載する SSD と区別します。

SSD ・ドライブベイに搭載
・マザーボードとは、Serial ATA で接続
mSATA SSD ・mSATA スロットに搭載
・マザーボードとは、Mini Serial ATA で接続
M.2 SSD ・M.2 スロットに搭載
・マザーボードとは、M.2 で接続

デスクトップパソコンでは、ドライブベイ搭載の SSD が選択の目安

2015年7月9日時点では、デスクトップパソコンに搭載されている SSD の種類は、ドライブベイに搭載する SSD が主流です。mSATA SSD は廃れてきており、mSATA SSD の後継となる M.2 SSD が普及してきています。

M.2 SSD はサイズが小さいため、ドライブベイが少ない、もしくはドライブベイが無い一体型デスクトップパソコン等で、普及が進んでいますが、ドライブベイが多いタワー型デスクトップパソコン等でも普及が進んでいます。

詳しくは、以下の接続方式の選び方にて記載しますが、M.2 SSD には PCI Express の転送技術を取り入れたデータ転送速度が速い接続方式があり、それを活かして速いデータ読み書き速度を実現しているため、サイズが小さい M.2 SSD を搭載する必要性が低いデスクトップパソコンでも普及が進んでいます。

ドライブベイに搭載する SSD にも、PCI Express の転送技術を取り入れたデータ転送速度が速い接続方式 Serial ATA Express がありますが、普及が進んでいません。

そのため、最速クラスのデータ読み書き速度を重視するなら、M.2 SSD が選択の目安となりますが、まだ M.2 SSD 搭載デスクトップパソコンは少ないため、自分に合うモデルが見つからなければ、ドライブベイに搭載する SSD(Serial ATA 接続)を選択の目安にするのがおすすめです。

Serial ATA 接続の SSD や mSATA SSD でもデータ読み書き速度は十分速く、技術進歩によって CPU の性能が向上し一般的な使用用途では性能を持て余すようになりましたが、SSD のデータ読み書き速度に関しても同様です。

SSD の容量の選び方

選択の目安となる SSD 容量

以下は、2015年7月10日時点にて選択の目安となる SSD 容量です。今後 SSD の低価格化がさらに進めば、選択の目安となる SSD 容量は増えます。

容量 特徴等
512GB ・動画や音楽、画像ファイル等、容量が大きいデータを多く保存したいのであれば選択の目安
・価格が高くなるため十分な予算が必要
256GB ・価格と容量のバランスが取れており、標準的な選択の目安
128GB ・容量不足になる可能性が高いため推奨はできない
・価格は安くできるため予算を少しでも抑えたいなら選択の目安

HDD 搭載デスクトップパソコンだと容量 1TB 以上が珍しくありませんので、上記の選択の目安となる SSD 容量は少ない印象を受けるかもしれませんが、容量 1TB 以上あっても余る可能性が高いです。動画や画像、音楽ファイル等の容量が大きいデータを大量に保存しなければ、容量 256GB もあれば十分です。

もし足りなくなったら、外付けストレージ等を活用し、簡単に容量を増やせます。

必要な SSD 容量を選ぶと予算が厳しい場合

HDD は大容量化と低価格化が進み、安いデスクトップパソコンでも使い切るのが難しいほどの容量が搭載されています。しかし、SSD は容量に対して価格が高いため、自分にとって必要な容量に抑えたとしても予算が厳しくなってしまう可能性が高いです。

まずは自分が必要な容量を基準として選び、予算をオーバーしてしまうようであれば、HDD を選ぶ方が良いです。

SSD と HDD を搭載したデスクトップパソコン

SSD のみだと予算が厳しくなってしまう場合、SSD と HDD を搭載したデスクトップパソコンの選択を検討してみるのがおすすめです。

SSD には、OS やアプリケーション関連のデータを保存して起動や動作速度を向上させ、HDD に容量が大きい動画や画像ファイル等を保存しておく事で、SSD によるパソコンの処理速度の向上と、SSD の容量不足を HDD でカバーする事ができます。

SSD と HDD を搭載したデスクトップパソコンでは、SSD の容量は小さく抑えられているため、価格がそれほど上昇しません。HDD に対して発生するデータの読み込みや書き込み処理では、SSD のデータ読み書き速度の速さは活かせませんので、パソコン全体の処理速度が向上する訳ではありませんが、OS やアプリケーションの起動時間や処理時間の短縮が望めるため、SSD と HDD の両者を搭載したデスクトップパソコンを選ぶメリットは大きいです。

SSD の接続方式の選び方

パソコンと SSD の接続方式には、幾つか種類があります。接続方式によってデータ転送速度が異なり、このデータ転送速度が十分ないと、SSD が本来持っているデータ読み書き速度を発揮できません。

SSD が本来持っているデータ読み書き速度を発揮できるよう十分なデータ転送速度を持つ接続方式が採用されているか確認しておきたいです。

SSD の主な接続方式

SSD の接続方式は、HDD と同じで Serial ATA が主流です。Serial ATA の規格は、 「内蔵 SSD の選び方」掲載の Serial ATA の規格一覧 にて掲載しています。

2017年3月17日時点では、Serial ATA 3.0 Gbps、または Serial ATA 6.0 Gbps となっている場合が多いです。HDD では、HDD 自体の物理的な限界により、どちらの接続方式でも HDD のデータの読み書き速度はそれほど変わらないですが、SSD では大きく異なってきますので、SSD を選ぶなら接続方式が Serial ATA 6.0 Gbps がおすすめです。

技術進歩によって SSD のデータ読み書き速度は向上し続けており、Serial ATA 6.0 Gbps のデータ転送速度でも足りなくなってきています。そこで登場したのが Serial ATA Express であり、 「内蔵 SSD の選び方」掲載の Serial ATA Express の規格一覧 にて Serial ATA Express の規格を掲載しています。

さらに高速なデータ読み書き速度を実現するために Serial ATA Express で接続する SSD が搭載されたデスクトップパソコンが発売されると思われましたが、Serial ATA Express は普及することなく廃れると思われます。

マザーボードでは Serial ATA Express 対応製品が発売されましたが、SSD では Serial ATA Express 対応製品は発売されていません。そのため、Serial ATA Express で接続する SSD が搭載されたデスクトップパソコンは見られません。

mSATA SSD の接続方式の選び方

mSATA SSD の主な接続方式

mSATA SSD の接続方式は Mini Serial ATA です。以下は、Mini Serial ATA の規格です。Mini Serial ATA は、Serial ATA のコネクター部分を小型化したものであり、内部データ転送技術は Serial ATA と同じのため、Serial ATA にもある規格名が見られます。

規格名
(通称)
よく使われる呼び方 データ
転送速度
Serial ATA 3.0 Gbps
(Ultra SATA/3000)
Serial ATA II
S-ATA2
Serial ATA 300
3.0 Gbps
Serial ATA 6.0 Gbps
(Ultra SATA/6000)
Serial ATA III
S-ATA3
Serial ATA 600
6.0 Gbps

Serial ATA 1.5 Gbps の後継となる Serial ATA 3.0 Gbps が登場してから Mini Serial ATA が作られたため、Serial ATA 1.5 Gbps はありません。

SSD の場合と同様に mSATA SSD を選ぶなら接続方式が Serial ATA 6.0 Gbps がおすすめですが、データ転送速度は足りなくなってきています。そこで登場したのが M.2 SSD です。

M.2 SSD の接続方式の選び方

M.2 SSD の接続方式 M.2 には複数の規格が存在し、規格によってデータ転送速度が異なります。M.2 の規格は、 「内蔵 SSD の選び方」掲載のM.2 の規格一覧 にて掲載しています。

M.2 は Serial ATA と PCI Express のデータ転送技術を取り入れており、Key により存在する規格に違いがあるため、M.2 の規格はわかりにくいです。

デスクトップパソコンに搭載されている M.2 SSD を選ぶなら、まずは Serial ATA と PCI Express どちらで接続されているのか抑えておきたいです。

最速クラスのデータ読み書き速度を求めるなら、PCI Express 接続の M.2 SSD

デスクトップパソコンに M.2 SSD が搭載されていて、Serial ATA 6.0 Gbps で接続されているなら、略して Serial ATA のみと記載されている場合が多いです。また、M.2 Serial ATA SSD という表記も見られます。

同様に PCI Express 2.0 や PCI Express 3.0 で接続されているなら、略して PCI Express のみ記載されている場合が多く、M.2 PCI Express SSD という表記も見られます。

Serial ATA 6.0 Gbps のデータ転送速度でも十分速いので、M.2 SSD のデータ読み書き速度も十分な速さとなりますが、最速クラスのデータ読み書き速度が欲しい場合は、PCI Express 接続の M.2 SSD 搭載デスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

同じ PCI Express 接続でも、PCI Express 2.0 か PCI Express 3.0 の違いでデータ転送速度が異なり、さらにはレーン数の違いでもデータ転送速度が異なります。M.2 SSD で最速のデータ転送速度を求めるなら、PCI Express 3.0 かつレーン数は4となります。

デスクトップパソコンの仕様には、対応する PCI Express の規格、レーン数まで記載されていないことが多く、その場合はメーカーに問い合わせる必要があります。マザーボードや M.2 SSD の型番が仕様に記載されており、その製品の仕様が詳しくインターネットで公開されているなら調べることができます。

もし PCI Express 3.0、レーン数4に対応していたとしても、M.2 SSD は製品によりデータ読み書き速度が異なり、基本的にデータ読み書き速度が速いほど価格が高いです。

デスクトップパソコンに搭載される M.2 SSD は、安めか標準的な価格の M.2 SSD が採用されることが多く、最速クラスのデータ読み書き速度を求めるなら、結局は自分で M.2 SSD を探し求めて交換か増設することになると思っておいた方が良いです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で15〜24%OFF等の11大特典
(4月26日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で26%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で23%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年5月15日迄)




コラム - デスクトップパソコン

コラム - ストレージ

デル株式会社