光学ドライブ(BD) - デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2016年12月27日

増えてきた BD ドライブ搭載パソコン

大分安くなった BD ドライブ

DVD の次世代となる BD (ブルーレイディスク)が使える BD ドライブを搭載したパソコンが増えてきました。BD ドライブの価格は、まだ DVD ドライブより高いとはいえ、大分両者の価格差が縮まりました。まだ DVD ドライブで十分と思う購入者が多いと思われますので、DVD ドライブが標準で搭載されているパソコンは多いですが、BTO 対応モデルで BD ドライブに変更しても、それほど価格は上昇せず、中にはキャンペーン等で無料で BD ドライブへの変更を可能にしてくれるメーカー直販ショップやパソコンショップもあります。

BD ドライブがあれば、高画質な BD ビデオや、BD に録画した地上デジタル放送が楽しめ、BD への書き込みに対応していれば、 地上デジタル放送等の高画質映像を保存できますので、予算に多少余裕があれば、BD ドライブ搭載パソコンがおすすめです。

購入後に BD ドライブを追加できる

デスクトップパソコンに内蔵 BD ドライブを搭載できる拡張ドライブベイがあれば、後から内蔵 BD ドライブを購入して追加できます。また、USB 接続等を利用してデスクトップパソコンと後から購入した外付け BD ドライブを接続して使えます。そのため、パソコン購入して即 BD ドライブを使う必要性がなければ、無理して BD ドライブ搭載パソコンを選ぶ必要はありません。

対応 BD メディアの確認

BD 規格

最新型の内蔵 BD ドライブなら、あらゆる BD の規格に対応しています。しかし、BD はまだまだ技術進歩が見られ、新しい規格が登場しています。新しい規格が登場した頃は、現在存在する BD の全規格に対応せず、新しい規格に対応していない場合もあります。以下は主な BD メディアの規格です。

BD-ROM
BD-ROM は、主に市販の映像ソフトに使われている再生専用メディアです。よって、書き込みはできません。BD ドライブなら、必ずと言って良いほど対応しています。
BD-R
一度だけ書き込みが可能な記録用メディアです。書き込みが可能な BD ドライブなら、必ずと言って良いほど対応しています。また、書き込みに対応しておらず、読み込み専用の BD ドライブでも、読み込みなら対応している事が多いです。(ある機器で書き込みを行った BD-R は読み込めない場合あり。)
BD-RE
繰り返し書き込みが可能な記録用メディアです。書き込みが可能な BD ドライブなら、必ずと言って良いほど対応しています。また、書き込みに対応しておらず、読み込み専用の BD ドライブでも、読み込みなら対応している事が多いです。(ある機器で書き込みを行った BD-RE は読み込めない場合あり。)
BD-R DL
BD-R の容量(25GB)の2倍(50GB)になった記録用メディアです。対応状況は、BD-R と同じです。
BD-RE DL
BD-RE の容量(25GB)の2倍(50GB)になった記録用メディアです。対応状況は、BD-RE と同じです。
BD-R LTH TYPE
製造コストを下げ、メディア単価を下げるために、従来の BD-R に使われていた無機色素ではなく、製造に有機色素を使用した記録用メディアです。比較的新しい規格の BD なので、書き込みと読み込みに対応していない BD ドライブが結構多いです。また、読み込み専用の BD ドライブは、この規格に対応していないと、BD-R LTH TYPE に保存されたデータが読み込めません。
BDXL-R
一度だけ書き込みが可能な記録用メディアです。記録層を増やし、かつ1層あたりの容量を増やす事により、大幅な容量アップとなっています。容量は、3層であれば100GB、4層であれば128GBとなります。
BDXL-RE
繰り返し書き込みが可能な記録用メディアです。記録層を増やし、かつ1層あたりの容量を増やす事により、大幅な容量アップとなっています。容量は、3層の100GBとなります。

新規格にこだわる必要はなし

新しい規格の BD は、従来の規格の BD と比べて利点はありますが、メディア単価が高い傾向にあります。また、他の機器では使えない場面も結構あります。なので、新しい規格に対応していないと困る状況でなければ、従来の規格に対応した光学ドライブであれば十分です。少なくとも BD-ROM、BD-R/RE、BD-R/RE DL に対応していれば十分です。

対応 DVD メディアの確認

たいていの BD ドライブは DVD も使える

多くの BD ドライブは、DVD スーパーマルチドライブと同様の機能を含んでいます。つまり、BD ドライブは、CD と DVD の全規格に対応しているため、DVD スーパーマルチドライブと同様に使えます。しかし、DVD-RAM 等の一部のメディアには対応していない場合もありますので、自分が使いたいメディアに対応しているか、確認する必要があります。

パソコンと外部ディスプレイをデジタル接続する場合

デジタル接続するなら HDCP 対応が必須

市販されている、BD に記録された映像ソフトは、著作権保護されていますので、パソコンと外部ディスプレイ(液晶モニター等)を接続して視聴する場合は、両者が著作権保護技術に対応している必要があります。

パソコン本体と外部ディスプレイ(液晶モニター等)を、D-Sub 15pin (アナログRGB)等を使ってアナログ接続して使うのであれば、著作権保護技術に対応している必要はありませんが、画質が落ちますので、BD のメリットが十分活かせません。

パソコン本体と外部ディスプレイとの接続に、デジタル接続の DVI-D (DVI24pin)や DVI-I (DVI29pin)、HDMI を用いる場合、パソコン本体と外部ディスプレイの両方に、HDCP に対応した接続端子が必要です。

よって、BD ドライブを使って、BD に記録された映像コンテンツをフルに活かして高画質で楽しみたい場合は、デジタル接続が望ましいですが、HDCP に対応しているか確認する必要があります。BD ドライブ搭載パソコンなら、パソコン本体とそれに付属する液晶モニターは、HDCP に対応しているのが標準ですが、BTO カスタマイズで付属液晶モニターを選ぶときに、中には HDCP に対応していない液晶モニターがある場合がありますので、選ぶときは注意が必要です。

書き込み速度と読み込み速度

BD ドライブの読み書き速度は向上し続けている

CD や DVD に関しては、読み込み速度と書き込み速度ともに、もうこれ以上は伸びなくても十分と言えるほど向上しましたが、BD に関しては、今後の読み込み、書き込み速度の向上が望まれるところです。できるだけ、BD への書き込み時間を短くしたい方は、BD への書き込み速度が速い BD ドライブが搭載されたモデルを選ぶ必要があります。


キャンペーン情報
富士通
・春よ!来いセール
クーポン利用で10〜24%OFF等の10大特典
(3月1日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で25%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)