ハイブリッド型 PC - おすすめタブレットショップ

最終更新日 2014年11月30日

おすすめタブレットショップ

Lenovo
レノボは、中国の代表的なパソコンメーカーです。

中国の市場でトップクラスのシェアを獲得してきましたが、その後は世界の市場でもトップクラスのシェアを獲得するまでになり、目覚しいスピードで成長してきました。レノボのパソコンは、世界市場でシェアを争う他の海外メーカーと同様にコストパフォーマンスが高く、性能の割りに価格が安いのが特長です。

パソコンの市場が成熟し、各メーカーでは売り上げが伸び悩む中、レノボの勢いは止まる事がなく、ラインナップを積極的に拡充しています。ノートパソコンに代わって人気が高まってきたタブレット PC の開発にも力を入れており、ノートパソコンとしてもタブレット PC としても使えるモデルも積極的に開発して販売しています。
ハイブリッド型 PC のラインナップ(2014年7月1日時点)
レノボではラインナップが非常に豊富ですが、販売休止や販売終了となっているモデルも含まれているため、この時点で販売休止や販売終了となっているモデルは除外します。

まずノートパソコンのラインナップを見ていくと、ThinkPad、Lenovo の2シリーズがあります。ThinkPad シリーズは、ビジネス用途にも対応した仕様となっており、Lenovo シリーズは家庭での使用に適した仕様となっています。

これら各シリーズのラインナップでは、さらにシリーズごとに分かれており、ThinkPad シリーズにある Yoga シリーズがキーボード一体式のハイブリッド型 PC となっています。Lenovo シリーズにも Yoga シリーズがありますが、こちらもキーボード一体式のハイブリッド型 PC です。

両者は似ていますが、ThinkPad シリーズの方の Yoga シリーズは、IdeaPad シリーズの Yoga シリーズを基に開発され、ビジネス用途に適するよう堅牢性、使い勝手、機能、性能が向上しています。

次にタブレット PC のラインナップを見ていくと、ThinkPad、Lenovo の2シリーズがあります。こちらでも各シリーズのラインナップでは、さらにシリーズごとに分かれており、Lenovo シリーズにある Miix 2 11 シリーズがキーボード分離式のハイブリッド型 PC となっています。


Dell
デルは、米国にある海外パソコンメーカーです。デルの魅力は、なんと言っても価格の安さです。その安さの秘密は、徹底的なコスト削減にあります。

パソコンは、店舗で販売されるのが当たり前だった頃、インターネットによる直販という販売形式に力を入れ、顧客の要望に応えるために BTO カスタマイズによる注文方法を取り入れて、注文後にパソコンの製造と発送を行う事で、在庫費や人件費等を抑え、圧倒的な低価格の実現に成功しました。

今では、デルは世界最大のパソコンメーカーへ成長し、世界トップクラスのシェアを誇ります。パソコン販売量が膨大のため、各 PC パーツメーカーから大量仕入れによるコスト削減を実現しています。コスト削減をさらに進めるために、在庫管理、生産技術等の改善に取り組み続け、デルで働く人材の教育にも力を入れ、品質の改善にも取り組み続けています。

製品のラインナップにも改善が見られており、日本に進出し始めた頃は、米国を中心に大型サイズのパソコンの需要が大きい市場で大きなシェアを獲得してきたせいか、小型サイズのパソコンのラインナップに弱点がありましたが、今では国内の需要にも応えようと、薄型で軽量なモバイル用ノートパソコンやタブレット PC のラインナップも充実しています。
ハイブリッド型 PC のラインナップ(2014年6月28日時点)
デルでは、タブレット PC に Venue 11 Pro がありますが、オプションとしてキーボードが用意されており、こちらも購入すればキーボード分離式のハイブリッド型 PC になります。

ノートパソコンの中に XPS 11、XPS 12、Inspiron 11 3000シリーズ2-in-1 がありますが、これらもハイブリッド型 PC です。

XPS 11 は、ヒンジ部分で回転させてキーボードを裏返しにすればタブレット PC として使えるため、キーボード一体式のハイブリッド型 PC と言えるモデルになっています。

XPS 12 は、独自のヒンジ設計で液晶ディスプレイを上にして閉じればタブレット PC としても使えるキーボード一体式のハイブリッド型 PC です。

Inspiron 11 3000シリーズ2-in-1 は、ヒンジ部分で回転させてキーボードを裏返しにすればタブレット PC として使えるキーボード一体式のハイブリッド型 PC です。他と比べて価格が安いのが特長です。


ヒューレット・パッカード icon
HP は、Hewlett-Packard(ヒューレット・パッカード)の略で、米国にある海外パソコンメーカーです。海外パソコンメーカーと聞くと、人件費が安い海外で生産されて日本国内に送られてくるというイメージを持つ方がいると思いますが、HP では日本国内生産に強いこだわりを見せており、日本国内パソコンメーカーらしい特長があります。

日本国内では、ユーザーから品質、サポート、納期の短さ等の付加価値に高いレベルが要求されますが、日本国内生産によって高い品質、きめ細かやなサポートの提供、短納期を実現できており、シェアの拡大につながっています。

日本国内生産だと人件費等のコストが上がり、価格が高くなってしまうのではと懸念されましたが、日本国内生産というメリットを活かした徹底的なコスト削減により、非常に高い価格競争力を維持しています。

全てのモデルが日本国内生産ではありませんが日本国内生産のモデルは増え続け、日本国内の生産拠点である東京都昭島市の昭島工場で生産されたモデルには、「MADE IN TOKYO」というブランドが付けられています。
ハイブリッド型 PC のラインナップ(2014年4月7日時点)
HP では、分離型として、HP SlateBook10 x2、HP Pavilion 11-h100 x2 を販売しています。HP SlateBook10 x2 は、OS が Android となります。HP Pavilion 11-h100 x2 は OS が Windows となります。

HP Pavilion 11-h100 x2 は、画面サイズが11.6インチ型のキーボード分離式ハイブリッド型 PC です。ハイブリッド型 PC は価格が高い傾向にある中、約6万円とお手頃な価格で購入できるのが魅力です。


TOSHIBA
東芝は、国内の代表的なパソコンメーカーです。

1985年に世界で初めてラップトップを販売したメーカーであり、当時はラップトップという携帯できるパソコンは革新的でしたが、価格面等で様々な課題があり、普及していくかどうかわからないものでしたが、様々なコンピューター技術の進化と共にラップトップも進化し、多くのユーザーから支持される結果となりました。

今ではラップトップではなくノートパソコンと呼ばれるのが一般的となりましたが、東芝はノートパソコンの市場をリードし続ける存在となり、日本だけでなく世界中で東芝のノートパソコンは高い人気があります。

国内だけでなく海外でも一定のシェアを獲得しており、PC パーツの大量仕入れ、パソコンの大量生産によるコスト削減に成功しており、国内市場での価格競争に強い面があります。

世界トップクラスのシェアを獲得している海外メーカーと比べるとコストパフォーマンスで劣りますが、国内メーカーならではの品質の高さ、サポート体制の強さがありますので、安心して使える国内メーカー製パソコンを購入したい方におすすめです。
ハイブリッド型 PC のラインナップ(2014年4月7日時点)
東芝では、タッチ対応デタッチャブルウルトラブックとして dynabook V714 を販売していますが、このモデルはキーボード分離式のハイブリッド PC です。

ハイパフォーマンスを発揮する高性能、使い勝手を追及した快適設計、安心して連れ出せる強さ、耐久性等、様々な魅力があるモデルであり、完成度の高いノートパソコンを販売しているだけあってハイブリッド PC の完成度も高いです。


富士通
富士通は、国内の代表的なパソコンメーカーです。パソコンの性能が成熟した今、富士通では性能よりもパソコンで実現できる事を重視して開発しています。

2012年には、女性向けのデザインを採用したモデルを販売し、大きな注目を集めました。その後も、堅牢性も兼ね備えた薄型で軽量なノートパソコンや、使う場所がますます広がる防水・防塵対応のタブレット PC を販売する等、ものづくりの強みを活かしたモデルが登場しています。

パソコンでできる事を実現するには、信頼性の高さも欠かせませんが、コスト削減のために海外を生産拠点にするのが合理的になっても、富士通では国内生産も重視し、国内生産ならではの高品質なものづくり技術、パソコン以外で培った独自技術を採用し、高品質なパソコンの開発、製造、サポートまで一貫して取り組んでいます。

国内で高品質を追求すると、どうしてもコストに響いてきてシェアが伸びづらくなりますが、故障が少ないという信頼性の高さが評価され、個人向けに限らず企業向けでも高いシェアを獲得しています。
ハイブリッド型 PC のラインナップ(2014年8月19日時点)
富士通では、タブレットとして ARROWS Tab QH シリーズ、ARROWS Tab Wi-Fi シリーズを販売しています。ARROWS Tab QH シリーズは、OS に Windows を搭載していますが、ARROWS Tab Wi-Fi シリーズ は、OS に Android を搭載しています。

ARROWS Tab QH シリーズはタブレット PC ですが、オプションとして用意されているキーボードも購入すれば、ハイブリッド PC になります。ARROWS Tab QH シリーズには複数のモデルがありますが、モデルによってはキーボードが標準付属します。

特に注目したいのはモデル ARROWS Tab WQ2/M で、バッテリーおよび各種インターフェースを実装したキーボード・ドッキングステーションを選べます。このモデルでも選べますが、他のモデルではスリムキーボードと呼ばれるキーボードが選べ、スリムキーボードにはバッテリーおよび各種インターフェースは実装されていませんので注意が必要です。

他に、ノートパソコンとして LIFEBOOK TH シリーズを販売しています。液晶ディスプレイを回転させてタブレット PC としても使えるようになるキーボード一体式のハイブリッド PC ですが、画面サイズが13.3インチ型と大きめです。


パナソニック
パナソニックは、国内のパソコンメーカーです。

パナソニックでは、レッツノートと呼ばれるブランド名でノートパソコンを販売しており、ビジネス用途に適したモバイル用ノートパソコンとして、多くのユーザーから支持されています。

レッツノートは、軽量、堅牢性、バッテリー長時間駆動、高性能が重視されており、安心して快適に使えます。堅牢性やバッテリー駆動時間、性能の高さを重視すると、どうしても薄さが犠牲になってしまいますが、レッツノートは薄さも重視しており、鞄に収納しやすくなっています。

価格が高いのが難点ですが、製品自体に限らず提供サービスも高い評価を得ており、毎年様々な賞を受賞しています。2013年においては、日経パソコンの「2013年パソコン満足度ランキング」ノート部門総合満足度1位、日経ビジネスの「2013年版アフターサービス満足度ランキング」パソコン部門1位、日経コンピュータの「第18回顧客満足度調査」ノートPC部門1位を獲得しています。
ハイブリッド型 PC のラインナップ(2014年4月7日時点)
パナソニックでは、ハイブリッド・モバイルとして、AX シリーズ、MX シリーズを販売しています。どちらもキーボード一体式のハイブリッド PC となっています。

AX シリーズは画面サイズが11.6インチ型、MX シリーズは画面サイズが12.5インチ型であり、似たような仕様となっていますが、MX シリーズは光学ドライブを搭載しており、より高性能なモデルがあります。

レッツノートを選ぶ時に気になるのは価格の高さですが、レッツノートのラインナップには各シリーズにハイスペックモデル、プレミアムエディションのモデルがあります。ハイスペックモデルでも価格は高いですが、プレミアムエディションのモデルよりは購入しやすい価格です。価格が抑えられている分、劣る点はありますが、それでもハイレベルな仕様で完成度が高いです。


キャンペーン情報
富士通
・ボーナスセール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(11月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で23%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(11月29日迄)