内蔵メモリ(RAM) - スマートフォンの選び方

最終更新日 2016年01月25日

RAM とは

内蔵メモリの RAM は、プロセッサーが処理に使用するデータを一時的に保存するために使われます。スマートフォンの電源が入っていないと RAM はデータを保存しておく事ができないため一時的なのであり、永続的にデータを保存するために使われるのは ROM です。

プロセッサーは、ROM に保存されているデータも処理で使用しますが、使用頻度が高いデータを RAM に保存しておく事で、処理の高速化が実現します。

なぜなら、RAM は ROM よりもデータ読み書き速度が速く、プロセッサーは RAM に対してデータ読み書きしながら処理する方が、処理にかかる時間が短くなるからです。

どれだけのデータを RAM に保存できるかは、RAM の容量で決まりますが、RAM の容量が不足すると、アプリケーションの動作が遅くなる、不安定になる、強制終了してしまう等の問題が発生します。

必要な RAM の容量は人それぞれであり、主に使用するアプリケーションやアプリケーションの使い方によりますが、RAM の容量が十分あれば、RAM の容量不足に悩まされず快適に使えますので、RAM の容量が大きいスマートフォンを選ぶのがおすすめです。

RAM 容量の選び方

OS によって異なる RAM の使用量

RAM の使用量は、OS によって異なります。iPhone に搭載される iOS、様々なメーカーのスマートフォンに搭載される Android がスマートフォンの主な OS ですが、Android と比べると iOS は RAM の使用量が小さく、iOS 上で動作するアプリケーションも同様に RAM の使用量が小さいです。

そのため、iPhone と Android 搭載スマートフォンを全体的に見て比べると、iPhone の方が RAM の容量が小さい傾向が見られますが、iPhone の方が RAM の容量不足に悩まされる可能性が高いのではと心配する必要はありません。

OS とアプリケーションの RAM の使用量は大きくなっていく

RAM は大容量か進み、昔のスマートフォンと比べると随分と RAM の容量が大きくなっています。そのおかげで、RAM の容量に余裕が出てきて、容量不足に悩まされる事は少なくなってきた面がありますが、OS とアプリケーションは RAM の大容量化に合わせて RAM の使用量を増やし、機能の向上を果たしています。

また、ハードウェアの技術進歩による進化、便利なアプリケーションの普及により、使用するアプリケーションが増え RAM の使用量が大きくなっています。

そのため、今と比べて RAM の容量が小さかった昔のスマートフォンは気にせずに、比較的新しいスマートフォンの中で RAM の容量を比較して選ぶ必要があります。

iPhone の RAM 容量の選び方

2016年1月24日時点において、iPhone では複数の新しいモデルが発売される場合、RAM の容量が異なるモデルが用意される事はなかったので、新しいモデルを選ぶなら RAM の容量については選択肢がありません。

将来、さらに RAM の大容量化が進めば、大容量 RAM を必要とするユーザーと必要としないユーザーを考慮して、複数の新しいモデルが発売される時、RAM の容量が異なるモデルが用意されるかもしれません。

以下は、過去に発売された iPhone の RAM 容量一覧です。

モデル RAM 容量
iPhone 6s Plus 2GB
iPhone 6s 2GB
iPhone 6 Plus 1GB
iPhone 6 1GB
iPhone 5s 1GB
iPhone 5c 1GB
iPhone 5 1GB
iPhone 4S 512MB
iPhone 4 512MB
iPhone 3GS 256MB
iPhone 3G 128MB
iPhone 128MB

2016年1月24日時点では、iPhone 6s Plus と iPhone 6s が新しいモデルであり、これらのモデルを選ぶなら RAM の容量は 2GB を選ぶ事になります。

古いモデルも見ると、RAM の容量は 1GB 等のモデルがあります。RAM の容量が十分かどうかは人それぞれですが、1GB でも十分な容量と言えます。RAM の容量が 512MB だと小さいので、なるべく 1GB 以上を選ぶ方が良いです。

RAM の容量が 256MB 以下のモデルは古すぎますが、RAM の容量不足に悩まされる可能性が高く、おすすめできません。

Android の RAM 容量の選び方

Android は、複数のメーカーから発売されており、新しいモデルに限っても RAM の容量が異なるモデルが見られます。2016年1月24日時点において、比較的新しい Android のハイエンドモデル、ミドルレンジモデル、ローエンドモデルの平均的な RAM 容量は、以下のとおりです。

ハイエンド 2〜3GB
ミドルレンジ 1〜2GB
ローエンド 512MB〜1GB

Android では、RAM の容量は 2GB あれば十分と言えます。RAM 容量が 1GB だと小さいので、2GB 以上を選ぶのがおすすめです。古いモデルには、512MB 以下のモデルが見られますが、今となっては小さすぎる RAM 容量のため、おすすめできません。


スマートフォンの選び方



デル株式会社