スマートフォンのカメラを無音にするアプリに違法性はある?

最終更新日 2018年10月19日

スマートフォンのカメラのシャッター音を無音にするアプリケーションを使うことや開発することに違法性はないのか

多くのスマートフォンではカメラを使って撮影するとシャッター音がなります。カメラを無音にするアプリケーションを利用すれば、シャッター音が鳴らないように撮影できます。

静かな環境でシャッター音が鳴らないように撮影したい等、正当な目的で使うならアプリケーションに違法性はないと考えられます。

しかし、多くのスマートフォンはシャッター音が鳴るように作られており、カメラを無音にするアプリケーションを利用しないとシャッター音を消せません。カメラを無音にするアプリケーションは盗撮で悪用されているイメージがあります。

そのため、カメラを無音にするアプリケーションを使うことや開発することに違法性はないのか気になります。

無音のカメラアプリは法律的に問題ないの? - シェアしたくなる法律相談所盗撮アプリ、開発者に問われる罪は? │asQmii[解決!アスクミー] JIJICO を読むとわかりますが、カメラを無音にするアプリケーションを使うことも開発することも違法ではありません。

仮に悪用する目的、例えば盗撮目的でカメラを無音にするアプリケーションをインストールしたとしても違法ではありません。実際に盗撮すれば各地方自治体の迷惑防止条例違反で検挙されることがありますが、迷惑防止条例には予備罪の処罰規定がありませんので、実際に盗撮をしていなければ違法ではありません。

カメラを無音にするアプリケーションの開発者は迷惑防止条例違反の幇助、すなわち盗撮を手助けしたということで違法性を問われる可能性が考えられます。

しかし、カメラを無音にするアプリケーションは盗撮目的のために開発されたと認められることはまずないので、カメラを無音にするアプリケーションの開発者にも違法性はありません。

ただし、カメラを無音にするアプリケーションに盗撮目的のためと客観的に認められる機能があると、盗撮を手助けるために開発されたと判断され迷惑防止条例違反の幇助罪ということで違法になる可能性があります。

今のところカメラを無音にするアプリケーションを使うことも開発することも違法ではありませんが、将来は変わる可能性があります。(2018年5月26日時点)


コラム - スマートフォン



デル株式会社