ソフトウェアの違法コピーとは

最終更新日 2018年10月19日

ソフトウェアの違法コピーとは何か?

ソフトウェアの違法コピーとは不正コピーとも言いますが、 よくわかるソフトウェア管理(連載) | ソフトウェア管理のすすめ | ACCS にわかりやすく書かれています。

ソフトウェアをインストール、またはコピーをする場合は、ソフトウェアの著作権者からライセンス(許諾・許可)を得る必要があります。ライセンスは、使用許諾契約に同意すると得られます。

ライセンスでは認められている範囲を超えてインストール、またはコピーをすることを違法コピーと呼びます。

例えば、ライセンスでインストール可能台数が1台のみと認められているソフトウェアを、複数のパソコンにインストールすると違法コピーとなります。

違法コピーをすると使用許諾契約違反だけではなく著作権法違反にもなります。そのため、損害賠償の請求をされるだけではなく、懲役もしくは罰金または併科になる可能性もあります。

もちろんライセンスで認められている範囲内であればインストール、またはコピーをしても問題ありません。

例えば、ライセンスでインストール可能台数が10台と認められているソフトウェアの場合、10台までなら複数のパソコンにインストールしても違法コピーではありません。

CD-ROM または DVD-ROM で販売されているソフトウェアにて、ライセンスでバックアップ用にコピーが認められている場合、バックアップ用であれば別の光ディスクメディアにコピーしても違法コピーではありません。

違法コピー以外にも使用許諾契約違反、著作権法違反になる場合があります。例えば、ライセンスで譲渡が認められていないソフトウェアなら、ソフトウェアを譲渡することも使用許諾契約違反となります。

・違法コピーとは、ライセンスで認められている範囲を超えてインストール、またはコピーをすること


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(2月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)