ソフトウェア使用中に海賊版と知ったが著作権法違反?

最終更新日 2018年10月19日

ソフトウェアを購入して使用中に海賊版と知ったが著作権法に違反するのか

ソフトウェアを買った後、パソコンにインストールして使用中に購入したソフトウェアは海賊版だと知ったとします。海賊版を業務上で使うと著作権法違反となりますが、業務上で使用中に海賊版であると知った場合でも著作権法に違反するのでしょうか。

著作権法 | 国内法令 | 著作権データベース | 公益社団法人著作権情報センター CRIC に書かれている著作権法の第百十三条を見ると、
2 プログラムの著作物の著作権を侵害する行為によつて作成された複製物(当該複製物の所有者によつて第四十七条の三第一項の規定により作成された複製物並びに前項第一号の輸入に係るプログラムの著作物の複製物及び当該複製物の所有者によつて同条第一項の規定により作成された複製物を含む。)を業務上電子計算機において使用する行為は、これらの複製物を使用する権原を取得した時に情を知つていた場合に限り、当該著作権を侵害する行為とみなす。
と書かれていますが、ソフトウェア購入時に海賊版であることを知っていた場合に業務上で使うと著作権法に違反すると考えられます。ソフトウェア使用中に海賊版であると知ったなら著作権法に違反しないと考えられます。

Q69 購入したソフトに著作権侵害があった場合、ソフトを使えなくなるのでしょうか。 森本紘章法律事務所:著作権法Q&A に同じような疑問に対する回答が書かれていますが、著作権法に違反しないとあります。

この疑問に出てくるソフトウェアは「Mソフトメーカーに発注し制作させ買い取ったシステムの中のソフト」なので著作権を侵害したソフトウェアであることを購入時に知ることはなかったと言えますが、購入した海賊版は異常に価格が安かった等、客観的に見て海賊版であると知っていた疑いを持たれる可能性があります。

もし著作権の侵害と訴えられて裁判になったら海賊版とは知らなかったと主張しても、価格が異常に安かった等、海賊版であると認識できた証拠があれば通用しない可能性があります。

中古ソフトとして購入したものが海賊版ソフトで、製作会社から訴状がきました - 弁護士ドットコム を見ると裁判で争う段階ではありませんが、購入してから使用中に訴状が来て海賊版だと知ったが、お困りの様子が伺えます。この場合は訴状が来るまでは海賊版と知らなかったのであり、訴状が来る前に海賊版と知り使用をやめても訴えられた可能性が高いと思います。

海賊版であることを知り使用をやめていたら訴えられるリスクは減る可能性があると思いますので、もしソフトウェア使用中に海賊版であると知ったら、大きなトラブルに発展する前に使用をやめる方が無難だと思います。


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(2月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(3月27日迄)

海賊版基礎知識



デル株式会社